笑える自分

テーマ:

過去の記事の中に

「今は特に叶えたいことも、実現したいこともありません」と書いたことがあります

 

当時は本当になかったから、願いや叶えたいことがたくさんあった昔の自分とは全く

 

別人のようで「人って変わるんだなぁ」と思うことがよくありました

 

毎日毎日「どうやったら、、、どうしたら、、、」と

 

実現すること以外には何の興味もない

 

実現しなきゃ人生変わらない、みたいな感じで

 

目の前にあることを心から楽しんだ、ということはなく

 

何をしていてもどこか浮かない心ここに在らず

 

ただただ、叶えることだけが、実現することだけが

 

人生の目的になっていました

 

そんな人と、

 

叶えたいことが何もない、願望が何もないと言っている人は

 

同じ人なのに、同じ人じゃなくなってる摩訶不思議な感じ。

 

この変化は誰にもわからないだろうな、、、と思っていたんだけれど

 

周囲もそれがわかっていたようで

 

「変わったよね」とか「こんな人だった?」ってよく言われました

 

何より「よく笑うよね」と言われることが多くなり

 

、、、ほら、また笑ってる、と

 

とにかく笑う人になっていたようです

 

たまに「そこは、笑うとこちゃうから」とも言われることがあって

 

笑うタイミングが一時期わからなくなったりして・・・

 

笑いって自然に出てくることで 

 

笑うところに制限はおかしくない?と

 

みんな不自由さになれて麻痺してるんだと思いました

 

「笑っていいところ」「笑ってはいけないところ」

 

・・・なんて窮屈なんだ

 

そう思ったりしたけど、かつての自分もそうだったから。

 

何をしちゃいけない、ここはこうする、これはやっちゃダメ、こうするの

 

といった自分の中での決め事、世間でのルール、学んできたことが

 

とにかくたくさんありすぎて、そこから抜け出すのはとても難しかった

 

自由になりたい、楽になりたい、、、

 

大人になってからはずっとそう感じていたにもかかわらず

 

自由にしなかったのは、楽にさせなかったのは他の誰でもなく

 

自分だということが少しずつわかるようになった

 

でも、わかるようになったからといって簡単に抜けれるわけではなく

 

ある大きな体験が起こるまではモヤモヤは続いていた

 

意識の目覚めが起きたから変わった、というよりも

 

それをきっかけに解放のプロセスに加速がついたといった感じでした

 

、、、知らぬ間に気づいたら変わったね、と言われるようになって

 

目の前の現実も違って見えるようになっていた

 

私の周囲でもいろんなことはあるけれど みんなよく笑う

 

なんかあったり、落ち込んでたりしてても 最後にはみんな笑ってる

 

笑ってる時は嫌なことも全部忘れていて

 

めちゃくちゃ素敵な顔になって それを見ると とても嬉しくなる

 

私もこんな素敵な顔で笑ってるのかな、、、と思いながら

 

「あぁ~今日もよかったなぁ」って自然と喜びが込み上げてくる

 

何が起きても、起きなくても 笑っている自分がいる

 

誰かと会えば その誰かもやっぱり笑っている

 

自分がよく笑うようになったから人生から深刻さがなくなったのか

 

人生に深刻さを与えなくなったからよく笑うようになったのか。。。

 

どちらが、、、じゃない。両方同じ。

 

私が変わったと言われるのも、私の人生が変わったのも

 

叶えたいことを全部叶えたからではなく、むしろ実現したかったものは

 

いくつか残ったまま。

 

でも、いまの私にはどっちでもいいこと

 

いまはまた、叶えたいことがあります

 

いくつかあります

 

だからと言って、もう実現することだけが人生の目的にはなっていなくて

 

叶うまでのプロセスを楽んでいる自分が楽しい。

 

 

 

こちらに参加しています

ポチッとよろしくお願いします


人気ブログランキング

 

AD

コメント(1)