ブログを再開して1週間が経ちます

 

これからも私の体験に基づいたものを中心に書いていきたいと思っているのですが

 

前回までのストーリーはほんの一部、おもしろい体験もありました

 

私が人生に疑問や不安、恐れ、次から次へと止むことない悩み、

 

葛藤し苦しみ続けていた頃

 

いわゆる「わかる人」「見える人」と言われるような人のところへ行きました

 

そこで「あなたは願いが叶うことを知っている人ですね」と言われたことがあって

 

当時、いくつもの願いを持っているにもかかわらず、全く叶わなかった私には

 

もっとも注目すべき興味そそられる言葉でした

 

「そう、、、確かに知っていた、、、でも、叶わないから おかしいんだよ!」と

 

食ってかかりそうな衝動を抑えて

 

「知っているのに、なぜ 叶わなくなったのか?」と尋ねると

 

「なぜでしょうね、、、それはあなたが知っているはず」と、、、。

 

私が求めていたのは、求めていることに対して答えてくれる人だったから

 

「?」を残されると とても嫌な気分になり

 

悩みを解決したくて来ているのに、更に問題を突きつけるとは何事だ???とうんざりしたものです

 

当たってる部分を言われると気分を良くし

 

気に入らないところがあると気分を悪くし、勝手なやつでしたね

 

当たってる部分で、”叶うこと”は確かに知ってたんですね

 

小さい頃は神様がいて、不思議に夢を叶えてくれた~って歌があるように

 

不思議と叶っていたのに、ある時から全く叶わなくなって

 

ずっと「なぜだろう?」というのがありました

 

小さい頃は神様がいて、、、そう、みんなピュアだから

 

神様が見えなくても、神様がいたんですよね

 

やがて大人になり、様々な体験を重ねるごとに

 

神も仏もあるもんか!と神様もいなくなってしまって、、、

 

でもそうなる そうなっても仕方ない

 

私なんか何十年いなかった

 

あまりにも過酷な体験や辛いこと、ままならぬこと、上手くいかないことを

 

たくさんして そう思うようになるのは不自然ではなく、むしろ自然だと思う

 

大人になっていくって、どんどんピュアさがなくなっていくことなのか?

 

だから神様がいなくなってしまうのか?

 

私はそうは思わないですね

 

ただ隠れているだけ、、、隠してるだけ、自分で。

 

隠して、見ないようにして、気づかないようにして、、、そうやっていって

 

わからなくなって、、、

 

ピュアって、なんだっけ?

 

神様?そんなもんおるわけないやろって。

 

そう言っても神社に初詣や参拝、祈願をしに行くんでしょ?

 

それこそ どこにもいるやろ、と言いたい・笑

 

不思議と夢を叶えてくれた小さい頃にいた神様は、どこにもいっていない

 

でも、願いを叶えてくれるのが神様であっても

 

神様じゃなくても どっちでもいいんじゃない?

 

 

続きは次回に。

 

 

 

↓こちらに参加しています。バナーをクリックでお願いします


人気ブログランキング

AD