10月定例会

テーマ:
こんにちは。
不動産コンサル21研究会 事務局の加藤です。

今月の研究会は、震災対策Q&A(仮称)の出版について
出版社の方を交えて、原稿の打ち合わせをしました。

そうです!不動産コンサル21研究会で、出版いたします!
東日本大震災から7か月以上が過ぎましたが、まだまだ復興への道が遠い日本。
記憶に新しい今だからこそ、震災前・震災時における対策や疑問に対して、
専門家が切り込んで、提案・答えていく本にしていく予定です。

各メンバーから様々な質問の回答が原稿として提出され、議論されましたが、
興味深い題材が多く、私が出席していた2時間半では話が収まらず、
なかなか白熱いたしました。

例えばどんな題材があったのかというと、
・災害後、防災危険区域に指定された土地・建物の資産価値は?
・震災時、預貯金はどうなるの?実印がなくなったら?
・この土地、地震が起きたら住めないと言われたら?
・アスベストの除去っていざやるとどうなるの?

などなど。
あまりここで述べすぎるとネタばれになってしまいますので、このへんで留めておきます。

練ってねっていい本にできるように皆で作り上げていきますので、
何卒応援お願いしますね。