指し値バカにキャッシュフロー馬鹿 | 不動産オーナーからプロチームオーナーになるまでの軌跡

不動産オーナーからプロチームオーナーになるまでの軌跡

普通のサラリーマンから不動産オーナーへ。そしてプロチームのオーナーになることを目標にビジネスに取り組んでいく軌跡。


テーマ:
こんにちは。才津(バク改め)です。

まずは順位の確認をお願いします。 
    



最近ブログの更新をしていませんが、
こちらで毎月記事を書いてたりします。


ここ数年購入している物件は
ほとんどつきあいのある業者さんからの紹介で購入して

まったくと言っていいほど
物件検索はやっていません。

投資規模が大きくなればなるほど
物件を買えば買うほど、
物件情報が集まりやすくなっている実感があります。


なんでこういう状態になることができたのか
ってことを考えたんですね。

もちろん、
第一は融資がついて
物件を買える状態になったからです。


やっぱり業者さんも物件買える人に紹介したいですし、
買える人の中でもより確実に買える人ほど
優先順位が上がってくるはずです。


で、仲介業者さんからどんな人に物件を紹介したいか、
どんな人に物件を紹介したくないか
聞いてみたんですね。

それで教えてもらって
一番参考になったのは


もちろん買える人には紹介するけど、
どんなに買えるお客さんであっても

うるさい人
けちな人
めんどくさい人

こういう人には2まわり目の紹介はしない
というニュアンスの話です。


特に最悪なのは
物件を買った後に
あーだ、こーだいい出して
最終的には売り主と訴訟になったり
そうでなくても業者さんに損失を補填させたり
なにより自分の利益を優先しようとする人で、

こーゆー人には
どんなにいい物件があっても
次の紹介は確実にないと思っていいですね。


もちろん自分の利益は守るべきだし、
しっかりというべきことは主張する必要があります。

ただ、やっぱり不動産投資の特徴として
隠れた瑕疵というはどうしても
買った後じゃないとわからないケースが多いんですね。

そういう隠れた瑕疵もふくめて
この価格なんだ。

こういう風に理解してくれるお客さんであれば
たとえ、その物件で少し損をしたとしても
次の物件で確実のその損した分以上の利益がある物件を
紹介してくれると思います。


私の場合、

こういう感じでちょっと損をしたとしても
次で帳尻を合わせてくれるだろうと考えて
トラブルがあってもほとんど文句を言いません。


で、ここで大事なのは、
買った後にいろいろ言うかどうかは

「今回は少し損をさせたから、次にもっといい物件を紹介しよう」

という風な思考ができる
優秀な仲介さんかどうかを見極めた上で
判断できる様になると

「物件を買えば買うほど楽になる」

というステージにいけるんじゃないかと思いますね。


表現をかえると、

そういう優秀な仲介さんかどうか見極めること
ここにもっとエネルギーを使う必要があるし、

そういう優秀な仲介さんに
このオーナーとつきあいたいと思われる様な
投資家になるための努力を
もっとやるべきなんじゃないかと思いますね。


一円でも安く
一円でも多く自分の利益を確保する。

これも非常に大事ですが、
相手の利益を尊重できる様になるのも
もっと大事なんじゃないかなーと。


指し値バカには
次の紹介はないし、

指し値バカの大本は
キャッシュフロー馬鹿が隠れてたりします。

キャッシュフローも大事ですが、
不動産投資全体を見て、
もっと大きな流れにのって規模の拡大を
していきたいですね。



今回の記事が参考になった!
という方はクリックをお願いします!



3年、35歳で年間家賃収入1億円達成。バクさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス