朗読した声は結果-声は作らない | 朗読家 馬場精子

朗読家 馬場精子

  
Official Web site
https://www.babaseiko.com

朗読公演・朗読教室・朗読講座

こんにちは
京都の朗読家 馬場精子です




今日は一日、教室の日です
京都の西の方へ



今日のテキストは
台詞が多い物語



朗読は一人で何役も「演じ」
「地の文」を読みます



台詞をどのように読むのか?
どんな声で読めば良いのでしょうか?
地の文との違いは?

と、よく質問されます



答えは…
「どのように読むのか考えない」
「声は作らない」…です

意外ですか?


おじいさんの声は
こんなふうな声でA
おばあさんはBの声
孫は…ちょっと可愛くCの声…

ということは…しません


全てあなたの
そのままの声で朗読します


と申し上げると
色分け演じ分けしないのですか?
と、驚いた顔をされますが…

その通りです
演じ分けません



結果として
おじいさんやおばあさん
孫の声になるのです



その人が、これまでどのような人生を歩んできたのか、毎日どんな暮らしをしているのか、どんなものの考え方をしているのか、仕事は?健康?家族は?

そんな人が今、どんな場面にいて、何を感じているのだろう…


相手との距離は?
気温は?季節は?
景色は?音は聞こえますか?
匂いは?


想像力を膨らませてください


生徒さんのお声が
レッスン後には変化していました
ご自分の自然なお声で
読まれていましたおねがい



さて…今日は暑いくらいの
良いお天気!



見上げる青空に
ぽっかりと浮かぶ雲



何に見えますか?


私には犬が走っている姿に見えます
海老にも見えますし
ネズミにも見えます…爆笑







生徒さんから
美味しそうなジャガイモを
いただきました爆笑

小さいのはそのまま蒸して
いただこうと思います!








こちらは
うちのメダカさんたち
餌をあげると
みんな集まってきますよラブラブ










にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村


朗読ランキング



ペタしてね
 

 

 

馬場精子の朗読CD

『KO・TO・BA vol.1 〜宮沢賢治をよむ〜』

「やまなし」「注文の多い料理店」「よだかの星」

 

『KO・TO・BA vol.2〜セロ弾きのゴーシュ〜』

 

こちらからお問い合わせ、またはお申し込みください