「小林英夫陶展」へ | 朗読家 馬場精子

朗読家 馬場精子

  
Official Web site
https://www.babaseiko.com

朗読公演・朗読教室・朗読講座

こんにちは
京都の朗読家 馬場精子です





京都・東山
ギャルリー石塀小路和田
小林英夫先生の個展
「小林英夫陶展」にお邪魔しました




喧騒の人の波を通り抜け
石塀小路に入ります







ギャルリー石塀小路和田





「小林英夫陶展」
まるで先ほどの騒がしさが
嘘のよう


柔らかな光
風が通り抜けるような空間





そこに広がる
自然の姿が映し出されたような
呼吸している作品






一輪だからこそ
感じる生命感






なぜだろう
とても不思議な気持ちになる



そこにいると
私の中に宇宙ということばが
浮かんできました



そして先生のお話の中にも
宇宙という言葉が…


私の心に浮かんだ言葉を
先生も仰いましたので
とても嬉しく思いました



作品は有形であるのに
カタチという枠を超えて


それはどこまでも広がりを感じる
動きと流れを感じるのです








その生命力に
勇気すら湧いてきます






器もいろいろあって
どれも素敵で迷いましたが






私はこちらにニコ
薔薇による
なんとも言えない美しい色合い
青磁とはまた違って
奥行きも感じます


よくご覧になってみてください
「令和」とあります









小林英夫先生
奥様の小林尚子さんとご一緒に
私が最も印象に残る作品とともに



「表現」について小林英夫先生から
たくさんお話を伺うことができて
たいへん勉強になりました



朗読と通ずるところがあると
奥さまも仰っていましたが
ほんとうにその通りです



あっという間に時間が過ぎましたピンク薔薇
日展の審査員もされていますので
来月の展覧会で拝見できますこと
楽しみにしております







奥様の小林尚子さんは、
画家でいらっしゃいます
とても素敵な絵を描かれるのですよ
私は大好きですラブラブ


以前ブログにも書きましたが
「東北、風の六人衆」の絵を
描かれた方です


今日はその時の朗読会以来で!
お目にかかれて感激ですラブラブラブ
たくさんお話もさせていただきました





帰宅して
ほんとうは酒器なのでしょうけれど…
私はお気に入りの珈琲を





手に優しくなじみ
とてもやわらかです
嬉しいラブ
またワインも飲んでみたいですね


素敵な1日でした




にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村


朗読ランキング



ペタしてね
 

 

 

馬場精子の朗読CD

『KO・TO・BA vol.1 〜宮沢賢治をよむ〜』

「やまなし」「注文の多い料理店」「よだかの星」

 

『KO・TO・BA vol.2〜セロ弾きのゴーシュ〜』

 

こちらからお問い合わせ、またはお申し込みください