今回は、

「もっと

 カウンセリングの

 技術を磨きたい!」

という方に

お薦めの本を

ご紹介します。



カウンセリングを

行っていくうえでの

技法に階層表を

作ってくださった、

アメリカの

アレン・アイビィ博士。



その階層表

「マイクロ技法」

について

書かれた一冊。



「マイクロ

 カウンセリング技法

~事例場面から学ぶ~」

福原眞知子 監修
 

 

 




カウンセリングには

まず、

相談者と

信頼関係を築く為に

必要な

『かかわり行動』

という技法が

必要になります。



たとえば、

相談者に対しての

視線の合わせ方や

相談者が話を

したくなるような

あいづちの打ち方、

声のトーンや

スピードの合わせ方、etc。



そうした

基本的な技法を

ベースにさらに、

相談者が

「はい・いいえ」で

答えられる

『閉ざされた質問』や、

相談者に

考えてもらうことを

うながす

『開かれた質問』と

いった技法を

行っていきます。



そして、

これをベースにして、

さらに

『〇〇の技法』を

使っていって~

というように、

カウンセリングとは

本来、とても

システム的に

意図性を持って

進めていくんですね。






でもそれは、

カウンセラーの

価値観で好き勝手に

アドバイスし、

相談者をグイグイ

引っ張っていく為では

ありません。



あくまで、

相談者に

自分自身を

見つめなおして

もらいながら、

時には

カウンセラーからも

提案や助言をしつつ、

相談者の自主性を

阻むことなく、

相談者のペースで

問題解決に

繋げていく。



マラソンでいったら、

伴走するといった

感じに進めていく

為のものです。



意図性がなければ、

選手(相談者)は

いつまでも

ゴールに

辿り着けませんよね。






だから、

相談に乗る

プロとして

技法が必要なんです。



この本は

そんな技法について、

とても丁寧に

事例を用いながら

説明してくれています。



しかも、

実際に技法を

使っている場面が

乗っている

DVD付!



わかりやすくて、

実践的な

カウンセリングの

技法を学びたい人には、

お薦めですよ。



一番上達するのは、

やはり実際に

学校に通って、

きちんと実技として

教えてくれる

先生から習うこと。



また、

たまに講座などで

スーパーヴィジョン

(上級カウンセラーに

カウンセリングの仕方を

チェックしてもらう)

を受ける事に

勝るものはありません。



でも、

そうした学び方と

並行しながら、

こちらの本を

しっかり読んで

相談者との

カウンセリングに活かし、

相談者の力になって

あげられるよう、

日々精進して

いきましょう、お互いに。



 

お知らせ


黄色い花ご予約受付中!
じっくり落ち着いて話せるセッション(50分)のご予約、ぜひご利用くださいませ。
お申し込みはホームページからどうぞ。


ホームページ ➡ コチラ
Facebookページ ➡ コチラ
LINE ID ➡ readiness1

営業時間:【対面】月・水・金(10:00~15:00)
            土日祝(10:00~16:00)
      :【電話】月~日(21:30~22:00)
      :【メール】24時間受付OK


★対面のみ
場所:JR目黒駅付近のカフェなど(個室希望も可能です)
定休日:毎週火曜・木曜、夏季・年末年始

★電話やメール
恋愛・婚活に勝つための情報サイト 愛カツ 」を通してのお申込みになります。

お客様のご感想【前編】 ➡ コチラ
お客様のご感想【後編】➡ コチラ

お申込みはホームページの専用フォームから。
お申込み専用フォーム ➡ コチラ


1月の予約枠は、まだ席に余裕がございます。
お気軽にお申込みくださいませ。



黄色い花幸せに向かって頑張る、不器用な大人女子のための本、発売中!

「こんなに頑張っているのに、なんでうまくいかないの?」
そんな疑問を解き明かし、幸せをもっとラク~に受け取れるようになる為の方法が書かれた一冊です。
本の内容が一部、下記サイトにて記事として紹介されています。ご購入のご参考にどうぞ。

~日本国内の専門家とつながるポータルサイト~conetto【コネット】 ➡ コチラ


Readiness事務局

Readiness(レディネス)
http://www.readiness1.com/