今回は、

「カウンセリング+

 コンサルティング

 コース」を

ご利用頂いたお客様の

ご相談事例を

ご紹介します。


※ 掲載については、

  事前に許可を

  頂いております。

  また、個人情報保護の為、

  一部、内容を

  変更しています。

  


ご相談されたのは、

20代後半の

キリっとした、

デキル女風のOLさん。



二人の男性のうち、

どちらと

お付き合いしたら良いか?

とのことでした。



メモ事前ヒアリング


・将来的には今度、

 お付き合いした彼と

 結婚したいと思っている


・一人は現在、交際中。

 付き合って6年。

 一度、別れて再度

 付き合ったものの、

 価値観の相違から

 ケンカが増え、

 疲れを感じている

 

・もう一人の男性は、

 アプリで仲良くなり、

 実際に会ったら

 その日の帰りに

 交際を申し込まれた。

 返事はまだしていない


・交際中の彼に

 もう一人の彼に

 告白されたことと

 別れを告げたら、

 プロポーズをされた


ベルセッション開始






「どちらの彼と・・・」

と悩んでいる様子ですが、

交際中の彼には

別れを告げる

行動に出るなど、

ご相談者様の中で

すでに答えが出ている様子。



なぜ、まだこのような

セリフが出るのか、

理由を尋ねてみました。

すると、

「結婚をそろそろ

 考えているから。

 プロポーズして

 くれたので・・・」

とのことでした。



一方で、

アプリで知り合った彼

(以下、アプリの彼)には

どの程度の好意を

持っているのか、

尋ねてみました。



すると、

「まだ1回デート

したばかりだし・・・。

今まで話した感じでは

すごく優しそうだし、

会った感じも良かった」

とのことでした。



「ただ・・・」

ご相談者様は

少し悩ましげな様子で

おっしゃいました。



アプリの彼は

遠方の出身者で、

「いずれ地元に帰りたい」

と話している。

結婚したらご相談者様も

そちらに移住する

可能性がある

ことを考えると、

お付き合いするのも

悩んでしまう、と。






そして、

それぞれの彼の

ご相談者様にとって

「良い部分」

「良くない部分」

を取り上げて

紙に書きだした、

ということも

伺いました。



お話を伺っていると

ご相談者様の中では

相手は誰であろうと

「結婚したい」という

意志は強く固まっている

ということ。



また、

紙に書きだした件より、

条件的な部分で

パートナーを選ぼうと

していることから、

「あまり二人の男性に

惚れていない印象を

受けるのですが・・・」

と伝えました。



「実はそうかも・・・」

ご相談者様は、

気まずそうに

おっしゃいました。



後編に続きます。


 

お知らせ


黄色い花ご予約受付中!
ただいまご相談をブログで事例としてご紹介させて頂ける方を対象に(対面セッションに限ります)、各サービス正規料金より2,000円割引させて頂くキャンペーンを行っております。
じっくり落ち着いて話せるセッション(50分)のご予約、ぜひこの機会にご利用くださいませ。
お申し込みはホームページからどうぞ。


ホームページ ➡ コチラ
Facebookページ ➡ コチラ
Twitter(ツイッター) ➡ コチラ

営業時間:【対面】火~木(10:00~15:00)
            土日祝(10:00~16:00)
      :【電話】月~金(10:00~15:00)
      :【メール】24時間受付OK


★対面のみ
場所:JR目黒駅付近のカフェなど(個室希望も可能です)
定休日:毎週月・金曜、夏季・年末年始

★電話やメール
恋愛・婚活に勝つための情報サイト 愛カツ 」を通してのお申込みになります。

お客様のご感想【前編】 ➡ コチラ
お客様のご感想【後編】➡ コチラ

お申込みはホームページの専用フォームから。
お申込み専用フォーム ➡ コチラ


7月の予約枠は、まだ席に余裕がございます。
お気軽にお申込みくださいませ。



黄色い花幸せに向かって頑張る、不器用な大人女子のための本、発売中!

「こんなに頑張っているのに、なんでうまくいかないの?」
そんな疑問を解き明かし、幸せをもっとラク~に受け取れるようになる為の方法が書かれた一冊です。



Readiness事務局

Readiness(レディネス)
http://www.readiness1.com/