今日で私と主人が

入籍して

10年が経ちました。

この10年は

本当に

いろんなことが

ありました。



主人はとても

慎重で臆病な

ところがあります。

そこが突っ走りがちな私には

良い所でもあるのですが、

人生でさらに

ワンランク上の

幸せに進みたい時にも、

出てきてしまうので、

結構困ります(笑)。



かつては

結婚を決めるまで、

子供を持つまで、

そして、家を買うまで、

に出てきました。



こうした決断は

女性も人生が

大きく変わる分、

勇気や覚悟が

いりますが、

男性も責任が

増える分、

とても勇気や

覚悟がいりますよね。



だから慎重で

臆病な主人には

不安や恐れから、よく

「ダメだ」

「無理だ」

「ありえない」

と拒否されて

いました(笑)。






ですが、

今はこうして

結婚して子供を持ち、

家を買うことが

できました。



主人が不安になっていたことが、

現実になっている

部分も少しは

あるかと思います。

一方で、それ以上に

彼が幸せを

感じているのが

わかります。



実際に子供を持った時

「結婚して

子供を持って

よかったでしょ?」

と本人に確認をしたら、

バツが悪そうに

「うん」と

答えてくれました(笑)。



では、主人の態度が

イマイチだった時。

私はどうしていたか。



自分の気持ちを

大事にしていました。



例えば

結婚について

真剣に話し合った時。



主人の態度が

煮え切らない中、

ようやく

勇気を出して

切り出したのに、

面と向かって

拒否されるのは

やはり

ショックでしたし、

傷つきました。



それでも

「ずっと

一緒にいて

一緒に幸せに

なりたいこと」

「パートナーをずっと

大事にしたいから、

同じように

私のこともずっと

大事にしてくれる

男性じゃないと、

今後も

パートナーとして

お付き合い

したくないこと」

を真摯に伝えました。






自分の気持ちを

大事にする分、

主人の気持ちも

大事にし、

別れも受け入れる

覚悟でいました。



それだけ

相手の気持ちが

どうであれ、

最終的には

「私は私の人生を

幸せにしてあげたい」

という想いが

強かったんだ

と思います。



恋人でも夫婦でも

パートナーは実は

『もう一人のあなた』

を表しています。

あなたの中にも

相手と同じ恐れが

潜んでいるのです。



でも、あなたが

「自分の人生を

幸せにする」

という想いを

強く持ち続ければ、

必ず人生は

幸せになっていきます。



相手が示す、

恐れからくる

態度に振り回されず、

そうした想いを

言葉や行動に

示し続けて

いけるからです。






そんなあなたの

姿勢に励まされ、

相手も幸せな

未来を見ることが

できるように

なっていきます。

前に進んでいく勇気を

持ち始めてくれるのです。



もし、

立ち去られて

しまっても、

あなたが

幸せになることを

諦めなければ、

必ず「一緒に

幸せになりたい」

と望む男性が現れます。



だから、彼が

難色を示していても、

あなたの人生の幸せまで

決して諦めないで

くださいね。



パートナーとの関係に

行き詰まってしまったあなたの

ご参考になれば

幸いです。



 

お知らせ


黄色い花ご予約受付中!
中級者さん向けのタロット占い講座(月1回土曜開催)や、じっくり落ち着いて話せるセッション(50分)のご予約をHPにて受け付けております。

ホームページ ➡ コチラ
Facebookページ ➡ コチラ
Twitter(ツイッター) ➡ コチラ

営業時間:火~金(10:00~15:00)
      :土、日(10:00~16:00)

場所:JR目黒駅付近のカフェなど(個室希望も可能です)
定休日:毎週月・水曜、祝日、講座開講日、夏季・年末年始

お客様のご感想【前編】 ➡ コチラ
お客様のご感想【後編】➡ コチラ

お申込みはホームページの専用フォームから。
お申込み専用フォーム ➡ コチラ


3月の予約枠は、まだ席に余裕がございます。
お気軽にお申込みくださいませ。



黄色い花幸せに向かって頑張る、不器用な大人女子のための本、発売中!

「こんなに頑張っているのに、なんでうまくいかないの?」
そんな疑問を解き明かし、幸せをもっとラク~に受け取れるようになる為の方法が書かれた一冊です。

 


Readiness事務局

Readiness(レディネス)
http://www.readiness1.com/