あなたは人生の中で

「なんであの時、○○できなかったんだろう。」

とか、

「あの時に××しておけばよかった・・・。」

という後悔していることはありますか?



何かのきっかけで昔を振り返った時、

当時の記憶とともにそういった想いがよぎると、

ついついできなかったりやらなかったり、

うまい対処の仕方を思いつけなかった、

過去の自分を責めてしまいたくなりますよね。



しかし、そう思えること自体が

実は成長した証だと知ったら、

それでもまだ自分を責めようと思えますか?



「今の自分だったら、こうしたな。」

そんな風に対処の仕方が思いつけるまで、

できるように様々な失敗した経験を重ねたり、

成功するよう、努力してきたことでしょう。

だからこそ対処の仕方が思い付き、

今のあなたにとっては簡単なことになるのです。



それは十分にあの頃のあなたより、

今のあなたは成長していると言えるのではないでしょうか。

その成長ぶりをまずは認めてあげてくださいね。



また、当時のあなたはあなたなりに一生懸命考えて、

悩んだり苦しんだりしながら、

その選択肢を選ぶまでにベストを尽くしました。



たとえ当時、そんな過程を経ないで選んだ選択肢だったとしても、

当時のあなたにとって

「最も良い!」

と思えたから選んだ選択肢です。

どうか過去の選んだ自分を許してあげてくださいね。



なお、できなかったこと以上に、

やらなかったことの方が後悔が強く残ると思います。

なぜなら何もしなかったことは、

人生において一番の失敗
だからです。



時にはそれが何十年にも渡って、

もしかしたら一生の後悔に繋がっているかもしれません。

悔しくてなんとかその最大の失敗を挽回しようとあがいたり、

今となっては何もできないことに

もがき苦しむこともあるかもしれません。



でも、そんな自分を決して嫌ったりしないでください。

私個人としては、そんな時に悪あがきをしてしまうのは、

人間味があって好ましく思います。



もし、後悔してしまう想いを独りで抱えて苦しかったら、

いつでもReadiness(レディネス)をご利用くださいね。

お話しされてお気持ちが少しでも軽くなられましたら、幸いです。



Readiness事務局

Readiness(レディネス)
http://www.readiness1.com/