前回お話しした【前編】 の続きになります。



夢や目標を実現できない人は、

なぜ実現できる人のように

きちんとしたアプローチができないのでしょうか?



もう一つの原因としてあげられるのは、

「夢や目標が実現してしまったら、

人生が終わってしまうのではないか!?」

と思っている場合。



人生が終わってしまうのは、誰しも嫌ですよね。(笑)

このように思っている人は、

夢や目標に対して苦労して取り組んできていますから、

それがあっさり叶ったり達成してしまったら、

苦労した分、抵抗感を持ってしまうのです。

『人生が簡単すぎるとつまらない』と。

結果、ややこしい行動に繋がってしまいます。



でも夢や目標が実現したところで、

人生は当然、終わりではありません。

そこからまた新たな夢や目標を目指す

始まりにすぎないのです。



例えば、理想の男性と結婚したいと夢見ていた女性が、

夢が叶った結婚をしました。

ですが、それで終わりではなく今度は

その人と幸せで円満な家庭を築くことを目標にします。

その目標が達成できた時に、次は子供ができました。

子供を思いやりある子に育てていきたい。

そんな新たな夢を見ます。



こんな風に人生は螺旋階段のように、

『幸せ』という真の目的に向かって

積み重ねていくものだと、個人的には思います。

夢や目標は、そのうえでの手段に過ぎません。



またこのような方は、

たまたま買った宝くじで大金が当たったり、

仕事で思いがけずに大きなプロジェクトを任されたり、

重要な役職に大抜擢されたり、

といった突発的に発生した幸せを

受け取り損ねたり、拒否してしまう傾向があります。



苦労しなかったり頑張らないで(楽に)

幸せになることに対して、

「罰が当たるんじゃないか?!」

という恐れや不安を持っていたり、

「自分にはそんな幸せ、受け取る資格がない。」

という無価値観や

『幸せとは苦労してつかむもの』という

観念もあるからです。



これらは夢や目標の実現を阻む原因の一部に過ぎませんが、

思い当たる方、ぜひご自分の夢や目標など

『ヴィジョンに対する姿勢』について、

向き合ってみてくださいね。



Readiness事務局

Readiness(レディネス)
http://www.readiness1.com/