ななちのブログ

このブログは、スキップビート好きの非公式2次小説作成SS中心です。作品については、あくまで個人の趣味で作成しています。
馬車馬のごとく働く社会人ですので、更新スピードは亀ですが、よろしければお読みください☆

当ブログは花とゆめ連載中「スキップ・ビート!」の二次創作を扱っています。また、平成25年1月よりララDX連載中の「帝の至宝」の二次創作も取り扱いはじめました。,そしてそして!!平成27年2月より「コレットは死ぬことにした」の二次創作も取り扱いはじめました。一個人の趣味でおこなっております。出版社様、原作者様とは一切関係ありませんのでご了承ください。


スキビは蓮×キョ中心、帝の至宝は志×香、コレットは……。ど、どうだろう。とりあえず、コレットさんの相方はハ―様というSSです。基本、楽しいものを書こうと思っています。


のんびり、本当にの~んびり、更新される予定です。2次創作(小説)が苦手な方や嫌悪感を感じる方は回れ右でお願いします。



【ス・○・ビ非公式ファンサイト有志同盟からのお願い】
原作画像を掲載しているなど、原作への著しい権利侵害が見受けられるサイト様からのリンクは拒否させていただきます。
心当たりのある運営者様へ。この【お願い】文章を載せているサイト&ブログに関しての名称と作品名、そしてリンクの即時削除をお願いいたします。



なお、本ブログの目次は、このブログ内にはございません。





「リク魔人」の妄想宝物庫様




が、作ってくださった目次がございますので、目次をご利用いただく皆さまは、そちらから記事のご確認をお願いいたします。こちらの二つから、sei様が作ってくださった『ななちのブログ』目次を確認できます♪






目次1
   目次2





そして、この目次作成にご協力をくださっているKB様のブログもご紹介☆ 「三日茶坊主」様






テーマ:

 そんな俺の内心を知ってか、社さんは軽くため息をついて「蓮。」と子どもを宥めるような声で話しかけてきた。

 

「させない方法は、合法のものか?心が伴っていなければ、それはもう『破局』と一緒だろうが。」

「…………。」

「お前だって、キョーコちゃんのあのコロコロ変わる表情が好きなんだろう?元気に走り回って、予想もしないような発想でかき回してくるところが好きなんだろう?人形のように、大人しくお前の隣に座っているだけの彼女でいいのか?」

 

 いいわけがない。

 でも、だからといって、一度手に入れた至宝を手放せるわけがない。

 

「そんな顔するな。」

「……そんな顔って、どういう顔ですか?」

「情けない面だよ。男前でも、見られたものじゃない。」

 

 『情けない』と評した俺の顔を笑いながら見つめ、ポン、と肩を叩かれる。

 

「大丈夫。キョーコちゃんはお前のことを愛してくれている。」

「……はい。」

「今は少し、自分に対する評価が低いだけだ。そういう自信をつけさせていくのは、恋人になったお前の仕事だろう?」

「そう、ですね。」

 

 ―――……彼女の魅力は俺だけが知っていたらいい。-――

 

 過去に思ったことがある。そして現在も、そう思わないこともない。

 

 まだ多くの人が気づかない、大きな原石。

 磨き上げれば、誰も無視することができない、世界の秘宝。

 

 『敦賀さんに想われる資格なんて、私にはありませんが……。』

 『私のことで、少しでも気になることがあったら、言ってくださいね!!すぐに改善できるように努力しますから!!』

 

 その、磨き上げる前の巨大すぎる原石は。

 

未だ、自分の評価が低すぎる。それゆえに、俺の希望に添えるようになろうと無駄な努力をしようとする。

 

「キョーコちゃんがちゃんと気づいたら、ラブミー部卒業で、晴れてお前たちの仲を公表するんだったよな?」

「はい。」

 

 これからの俺の仕事は、キョーコに彼女の魅力を伝え続け、今のままでいいのだと、知ってもらう事。

 向上しようと努力することは大切だ。だが、それが何かに強制されたり、過剰であると、いつか潰れかねない。

 

 そして社長は。

俺がキョーコの現状を把握することで、彼女をがんじがらめに自分に縛りつけようとする未来があることも予測している。

 だからこそ、彼は俺に言った。

 

『愛する女にくらいは、お前のことを全部話してやれ。』と。

 

 多分、それこそが本当の『ラブミー部卒業』の試練。その試練に向かうのは、キョーコではなく俺の方なのだ。

 

「…ふぅ~~~~~~……。」

「おいおい、えらく長い溜息だな。」

「……幸せは、幸せなんですけれどね。」

 

 キョーコを愛し、キョーコに愛されている。それを実感できる今は、とても幸せだ。

 だがきっと。貪欲な俺は、今後、それだけでは満足できない。

 彼女の想いを疑うこともあるだろう。

 芸能人として。そして、俺の彼女として釣り合う存在になろうと、現状の彼女で満足している俺を無視して、少女は高みを目指しているのだから。綺麗になるキョーコに、想いを向ける異性はこれまで以上に多くなる。

 

 だからこそ。

 俺も、乗り越えなければならない。

 

「もっと、幸せになるために。…頑張りますよ。」

 

 ……こんな自分は受け入れられないかもしれない。幸せになる資格なんてあるわけがない……。

 

 そんな想いが、膨らむ時もある。けれどもう、俺は選んでしまったのだ。

 幸せになるための未来につながる少女の手を。そして、その手を離すことはもうできない。

 

だから、全てを打ち明けよう。

 

「俺の想いの全てを、彼女に理解してもらうために。」

 

 その先にあるのは、きっと。

 

『コーン』の正体を知り、騙されたことに気付いて一ヶ月くらい口をきいてくれないキョーコと。

 そんな親友を見て、敵意むき出しににらみつけてくる琴南さんと。

 落ち込む俺を必死に宥める社さんと。

 そんな俺たちの人間模様をワイン片手に心底楽しむ社長の姿だろうけれど。

 

 それも悪くない未来だ。

 

だから、キョーコ。その未来を超えた先には、100点満点の答えをちょうだい?

 

―――俺が君を恐れる理由。君に会ったら話をしたくて、こうして触れたくなる理由。……その理由を―――

 
(その理由を教えて FIN)
 
 
 
 
 

 

web拍手 by FC2

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「こんにちは、敦賀さん。」

「いらっしゃい、最上さん。」

 

 扉を開ければ、満面の笑みを浮かべる可愛らしい少女。

 左右の手には大きなエコバックを持っている。

 

「重かったろう?大丈夫?」

「大丈夫です!!私、これでも腕力には自信があるんですよ?何せ飲食店でアルバイトしているんですし!!」

「うん……。そうだろうけれど……。こんなに荷物があるなら、俺も一緒に買い物に行くのに。」

「ダメですよ!!いくらセキュリティがちゃんとしているマンションでも、『敦賀連』のスキャンダルネタを得ようとしているパパラッチ共は大勢いるんですから!!最近、狙われていらっしゃるんでしょう!?」

「いや、でも地下のスーパーで買い物してきたんでしょ?そこから俺のマンションの中に入れるんだし。それほど騒ぎにはならないと思うよ。」

 

 一緒に買い物もできるし、可愛い最上さんに荷物を持たせるようなことはしなかったのに。

 

「いえ、地下のスーパーは使っていませんよ?」

「え!?」

「え、だってあそこ、値段が2倍くらい高いじゃないですか。ブランドにこだわるならともかく、私はあまり気にしませんし……。」

「………どこで買ってきたの、それ?」

「………。あの、ここから自転車で10分くらいの……スーパーでございますが……。」

「……それ、どこに入れて運んできたの?」

「………。え、あの……今日は、女将さんからママチャリをお借りしましてですね……。前と後ろのかごに。後ろのかごはとても大きいので、余裕で二袋分入りましたが。」

「……………。はぁ………。」

「え!?な、なぜにため息を!?」

 

 慌てる少女を前に、俺はため息をつくことしかできなかった。

 いつまでたっても芸能人らしくない俺の愛しい少女は、本日もその自覚なくここまで来たらしい。

 

「あ、大丈夫です!!ママチャリはマンションには止めていませんよ!?この近くに駐輪場があるので、そこに止めてきました!!」

「何が大丈夫なんだ……。」

「え?この超豪華マンションにママチャリは似合わないという話ですよね?」

 

 誰もそんなことは言っていない……。

 俺は本日二度目のため息を盛大に吐き出してやった。

 

「え?え?あ、じゃ、じゃあ……敦賀さん、もしかして食材にはこだわる方なんですか?ブランド牛しか食べないとか、そういう……?」

「……俺がそんなタイプに見える?」

「……。……そうですよね。」

 

 「コンビニおにぎりとか食べちゃう人ですものね……」という最上さんの唇がアヒルのように突き出ている。……こら、そんな顔をしていると、その唇をつまむぞ。

 

「あの……。それならどうしてそんなにため息ばかり吐くんですか?」

「本当に分からない?」

「………はい。」

 

 俺の呆れた様子だけは十分に理解できたのだろう。

 最上さんは、しばらく逡巡した後、尋ねてきた。

 

「とにかく、家に入って。話は中でしよう。」

「あ、はい。えっと、おじゃまします。」

 

 最上さんが左右の手に持つエコバックを奪って、俺は少女を家の中に招き入れた。

 

 ……俺としたことが、こんな重い荷物を持たせたまま、玄関先で立ち話をしてしまうなんて……。久しぶりの逢瀬に、どれだけ浮かれていたんだ……。

 

「随分重みがあるね。何が入っているの?」

「あ、そうですね。今回はお米が入っていますから。」

「え!?お米!?」

「えぇ。だって、この前使い切りましたし。どうせあれから買っていないでしょう?」

「…………。」

「お米がないこともご存じなかったんじゃないでしょうか?」

 

 にっこり笑いながら靴を脱いで下駄箱側に寄せる少女の背中を見つめ、返す言葉を考えるが……残念ながら浮かばない。

 

「大丈夫です、分かっていましたから。むしろ敦賀さんがお米を研いでいる姿なんて想像できませんし、何もされていなくても私、落胆も呆れもいたしません。」

「…………。そういう期待されていないところが、呆れられている要素だと感じるんだけれど。」

「そんなこと、申し上げていませんよ?」

 

 まるで高級旅館の女将のような完璧な営業スマイルで笑われても素直に受け取れない。

 彼女の笑顔の裏側を全て読み解けるようになったわけではないが、元来、素直に感情を表現する少女の完璧すぎる笑顔はとにかく胡散臭いんだよな。

 

「………最上さん。」

「何ですか?敦賀さん。」

「ぜひとも君に、お願いをしたいことがあるんだけれど。」

「はい、何でしょう?」

「……お米の研ぎ方、教えてくれる?」

 

 このまま、家事全般何もできない、家庭では役立たずの男認定されるのは辛すぎる。

 これでも食以外に関しては器用にこなせる自信があるんだ。

 

 だが、それを彼女に披露する機会が現在、あるわけがなく。

 

 マウイオムライスに始まり、妹にせかされないと着替え一つしようとしないある意味グータラ兄貴『カイン・ヒール』のイメージを植え付けた結果、最上さんの中の、家庭での俺のイメージは『ダメダメ男』だろう。

 

 それから脱却して、家でも『デキル男』と思ってもらいたい。

 

 その第一歩として、俺は彼女へ日本人の基本中の基本、コメの研ぎ方の指導を願った。

 
 
 
 

 

web拍手 by FC2

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さま、こんにちは!!

ななちでございます!!

今年の夏は暑かった!!ななちの生息地は盆地じゃないけれど、勤め先は有名な怨霊の都である盆地(笑)なので暑かったですよ!!

それも今は懐かしく、朝晩はすずしくなってまいりました。皆さまのお住まいのところはいかがですか?涼しくなった時が油断の時。お体十分ご自愛くださいませ。

ところで。ブログを書くのは久し振りです!!え~と、5月の6周年について皆さまにお礼を申し上げてから一度もあげていませんね…。……。その間、FC2拍手へのコメントへのお返事ができていなかったのですが…大変申し訳ございません。でもちゃんと読ませていただいておりますので!!今後とも、よろしく!!お願いします!!

 

さて、本日は、素敵なお話を引っ提げて、ブログをつづらせていただいております!!

な、ななな、なんと!!

「ひがなきままに」様   

https://ameblo.jp/dabohaze-ym/

 

だぼはぜ様とコラボをさせていただくことになりました~~~~!!いえ~~~~い!!

過去、だぼはぜ様とはコラボをさせていただいたことがありまして、今回で2回目でございます!!

そして、前回は話の筋はだぼはぜ様作、蓮バージョンだぼはぜ様、キョーコバージョン私、というお話でした。

そして今回は…全く逆、でございます。つ、つまり!!ななちのおバカなノリの蓮様のお話に、だぼはぜ様の可愛らしいキョーコちゃんのお話が読める!!ということでございます!!

現在、とても楽しく作成中でございまして、その第一話を明日、日曜日の0時に当ブログにて掲載をさせていただきます!!

今後、2週間に1度のペースで、当ブログ→だぼはぜ様宅という形でお話が進んでまいります。

私がいつまでたってもブログの更新を慣れないことに配慮いただき、それぞれのブログで蓮→キョのお話を読めるようにさせていただきますので、皆さま、よろしくお願いいたします。

……あ、一気に読みたいな、な方は、私もだぼはぜ様もお世話になっております、

リク魔人の宝物庫様

https://ameblo.jp/sk56-crpa23-46vv/

 

魔人様宅にて管理いただいております、目次ページをご参照くださいませ☆…魔人様…いつもお世話になります。今回もよろしくお願いいたします!!

 

え?どんな話かって?聞きたいですか!?そうですね!!じゃあ、ヒントを!!

 

私の描く蓮様は格好悪いです!!

 

え?いつも通りだからどうでもいい情報ですか?では、もう一つ。

 

だぼはぜ様のキョーコちゃんは可愛いです!!

 

あ、それもいつも通りですか。そうですか。まぁ、後は読んでみてください!!よろしくお願いいたします!!(←そして逃げるななち)

 

さて、では長らくお返事しておりませんでした、FC2拍手へのコメントお礼をいたします。いつも皆さま、ありがとうございます!!

 

ちゅけ様:6周年へのお祝いコメント、ありがとうございます!!こうして続けてこられたのも、読んでくださる皆さまがいらっしゃるから。とても励みになります!!こんな私ですがもしよろしければ今後もおつきあいいただけますと幸です。帝もコレットも、ちょっと考えているのがありますので、また掲載させていただきますね!!

 

ちびぞう様:いつもありがとうございます!!夫婦漫才、お楽しみいただけましてありがとうございます!!私も上方の人間として、漫才師のようなやり取りを目指し、日々精進をしている次第です!!…いや、なんかこれは生まれもったものなのか、環境がそうさせるのか、なんか…上方の人間としての生きざまに現れるものでございますので…それが蓮様にもキョーコちゃんにも生かされている次第…。今後もノリとツッコミで邁進してまいります!!秋へと季節は移ろいでいますが、お体十分ご自愛くださいませね。

 

だぼはぜ様;今回のコラボではお世話になります、よろしくお願いいたします!!連載中のお話も後一話。愛しているから怖いという…なんだか苦しい想いですが、それも打ち破っていただきたいと本当に想っております!!

それでは、コラボ作、一緒に楽しみましょうね!!よろしくお願いいたします!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「おはようございます、敦賀さん、社さん!!」

「おはよう。」

「おはよ~~、キョーコちゃん!!」

 

 穏やかな春の朝。LME事務所の扉をくぐると、そこにはどピンクつなぎを着た、愛の欠落者第一号が、せっせと事務所にモップがけをしていた。

 

「今日は掃除なんだ?」

「はい、そうなんです!!夏バテで掃除のスタッフさんが急遽お休みになられたそうで。あ、でも、今日はアルバイト扱いで給料がでるんです!!無給ではないんですよ!!

 

 「助かります!!」と瞳をキラキラさせて言う……勤労な俺のキョーコ。

 相変わらず、年齢からは考えられない、自立した女性である。

 

「そっか。でも、無理はしないでね?」

「はい!!ありがとうございます!!」

「本当に無理はしないで?もし君に何かあったらと思うと、落ち着いて仕事もできない。」

「うっ、は、はい……。ご心配をおかけしないようにします……。」

 

 俺の言葉に、全身を真っ赤にしながら、照れ臭そうに笑う彼女は、今日も可愛らしい。

 

「今日は何時に終わりそう?」

「えっと…。午後から、TBMで収録があるので…18時頃でしょうか。」

「そう。俺の方は…」

「うん。20時半頃。今日はそれで終わり、だな。」

「ということらしいので。夕飯を一緒に、どう?」

「はいっ!!では、何かお作りしますね!!」

「え?でも、たまには外食にしようよ。毎回君にお世話になるのは申し訳ないし。」

「でも…敦賀さん、外でお食事しても、なんだか目が死んでいるんですもの。」

「そうだよな~~~。他に人がいる時は多少装うけれど、俺たちの前では、常に死んだ目をしているよな~~~。そんな奴と外で食べてもおいしくないな、確かに。」

「……………。それは……その、ごめん。」

 

 『食事』というものに対する拒否反応は、もはや幼い頃からの癖に近い。気を許している相手の前だからこそ、改善できるものではなかった。

 

「ふふっ、でも、私が作ったものはおいしそうに食べてくださるので。作り甲斐があります。」

「そうだよな。キョーコちゃんの弁当だと、絶対に完食するし、その後の機嫌もいいし、大助かり。」

「……………。」

 

 しかし、その『食事』がキョーコの手作りというだけで、進んで食べたくなるのだから不思議だ。そして、それもちゃんと『美味しそう』に食べることができているらしい。実際、美味しいと思っているのだから、幸せそうに食べていてもおかしくはないだろう。

 

「それじゃあ、今回も。お世話になります。」

「うふふ、今日は敦賀さんの好きなオムライスにしますからね!!楽しみにしておいてください!!

「オムライス……。」

「はい!!」

「上に∞のマーク、つけてくれる?」

「もちろんですよ!!」

 

 「敦賀さんのお気に入りのマークですものね~~。」と、嬉しそうに笑う彼女を見て、どうしても表情を引き締めることができない。

 

「それじゃあ、楽しみにしているよ。」

「はい!!それでは、行ってらっしゃいませ。」

「うん、行ってきます。」

「じゃあね、キョーコちゃん!!」

 

 手を振る俺たちを、美しい礼で見送るキョーコ。そんな彼女が見えなくなると、社さんは「ふぅ~~~…。」と長く息を吐き出した。

 

「相変わらず甘苦しい空気を量産させる二人だな、お前たちは。」

「そうですか?」

「あぁ。ブラックコーヒーが欲しくなる。」

 

 「やれやれ。」と疲れたように言われたので、「後でおごります。」と笑いながら返した。すると、「そういう意味じゃない。」と睨まれてしまった。

 

「こんなに相思相愛のラブラブなのに…。キョーコちゃんはまだラブミー部員なんだな。」

「………えぇ。」

 

 そう。お互いの気持ちも分かり、愛し合っていると理解できたけれど…それでも。

 

「まぁ、仕方がないか。お前のこと、神聖視していたところは昔からあったし。」

「はい………。」

「その上、お前の執着の具合も分かっていないしな、まだ。」

「……はい……。」

 

 それでも、キョーコは未だにラブミー部員なのだ。

 

「俺は、俺の愛を受け止めてくれただけで十分だと思ったんですが。」

「でも、社長の考えは違うんだろう?」

「はい。」

「まぁ、俺も社長に賛同している。だって、どう考えてもキョーコちゃんの中での比重の差が現実に合致していない。」

「……そう、ですね。」

 

 俺はキョーコを愛しているし、キョーコも俺を愛してくれている。

 それをお互いがちゃんと理解しているし、疑う気持ちは一切ない。

 

 けれど。

 

「ちゃんとキョーコちゃんが現実を見られるようにならなければ、確かにお前たちはすぐに破局することになるよ。」

「…………破局なんて、させません。」

 

 社さんの口からこぼれ出た言葉に対し、どす黒い感情が生まれてくる。

 離れようとするならば、縛り付ける。

 一度は手に入れたものだ。逃すことなど、できるわけがないだろう。

 

 知らなければ我慢できたものも、一度知ってしまえば、もはや失うことなど不可能。

 ゆえに、『破局』なんてありえない。

 
 
 
 

 

web拍手 by FC2
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「……大丈夫。君の可愛い唇が、腫れてひどい状態になるまでするつもりはないから。」

「ぅむぅ……。」

 

 そっと少女の唇に触れる。

 そうすると、そこから奇妙な彼女の唸り声が発された。

 思わずクスクスと笑ってしまうと、ぷくりと頬が膨らむ。

 

 ……愛を伝えて4週間。

 とうとう、『俺のキョーコ』と自覚したのだろう少女に、口づけに夢中になる前に確認すべきことを尋ねる。

 

「ねぇ、俺のキョーコちゃん。」

「………はい。」

「俺が君を恐れる理由。その理由がもう、分かったんじゃないかな?」

 

 君を愛して。

 君が誰かに奪われないかと不安になり。

 君を誰よりも守りたいと躍起になり。

 君に頼られる男でありたいと願い続けた。

 

 それなのに、君はいつも俺に救いの手を差し伸べる。

 助けたいと躍起になっているのに、逆にいつだって守られるのは俺の方で。

 

 その笑顔が。

 俺を慕う、言葉や行動、その全てが。

 

 俺を魅了し、心を奪い続ける。

 

 それなのに、君は自由だから。

俺をこんなにも縛りつけているのに、君は俺の腕の中にはいてくれないから。

 

「君を恐れる理由。それを、教えて?」

 

 ただただ、怖いのだ。

 

 日に日に増す、彼女への愛おしさ。

 でも、その愛情を受け取ることとなる少女が、いつか俺のこんな想いを恐れて逃げてしまったらと思うと。

 俺以上に、心惹かれる男を見つけて、その手を取ってしまうのかと思うと。

 

「敦賀さん………。」

「うん?」

 

 愛しているから、恐ろしい。

 

 俺の意志で自由にはできない、君の心であるがゆえに。

 

「私も、怖いです………。」

「え?」

「だって、敦賀さんの心は……私のものとは、違うんですもの………。」

 

 きゅっと、彼女を抱きしめる俺の胸元の服を掴み、そっと囁かれる言葉。

 それはまさしく、俺が考えていたことと同じことで。

 

「いつか、私のことを嫌いになってしまう日が来るんじゃないかと思うと、怖いです。……私が、敦賀さんを嫌いになる日なんて、来ないから。」

 

 「愛しているから」と。そう囁くように告白され、俺は腕の中のその華奢な身体を力いっぱい抱きしめた。

 

「……同じ、想いを。私に、向けてくださっていると……。それが、答えだと思って、いいですか?」

「………あぁ、正解だよ。」

 

 本当は、60点くらいなんだろうけれど。

 彼女の想いが、俺が抱く想い以上のものであるはずがないけれど。

 

 ……彼女が俺を愛してくれるというから。

 ……俺の愛を、信じてくれるというから。

 

 それならば、それが正解でいいだろう。

 

「正解のご褒美は、キスでいい?」

「……ほとんど毎日されているんです。ご褒美にもなりませんよ。」

 

 コツリ、と額同士をくっつけて、ご褒美を提案してみる。

 すると最上さんはおかしそうにクスクスと笑い始めた。

 

「違うよ。いつもは触れ合うだけだろう?だから、今日はもっともっと、お互いが近くなるようなキスをしよう。」

「へ?」

「ん~~~…これは正直、君へのご褒美ではない…な。俺へのご褒美か。……でも、これだけ一生懸命、君を口説いたんだから、ちょっとぐらいご褒美をもらってもいいよね?」

「…………えっ。」

 

 にっこり、と優しく微笑んでみせたつもりなのだけれど…。

 最上さんの表情が一瞬のうちにして固まる。

 まるで蛇に睨まれた蛙のようだ……。

 

「俺のことは、アリクイにしないでね?」

「え、あ、あの……?」

「愛しているよ、俺のキョーコ。」

「えぇっ、あ、あの……ぅうっ!!??」

 

 そうして俺は。混乱してあわあわと口元を緩めている少女の頭と顎を固定すると、半開きになっていた唇に、獣のごとく襲いかかった。

 
 
 
 

 

web拍手 by FC2

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。