2018年 スロット年間販売台数は… | Re.design-リデザイン‐の中の人

Re.design-リデザイン‐の中の人

パチンコ店と遊技機に真摯に向き合い業界歴19年。確かなアイ(眼・愛)で本質を見抜く!!


テーマ:

 

 今年はスロットは掲載しないでも良いかな…と思いましたが、ご要望を頂いたので。

 

2018年 スロットの年間販売台数は 36.4万台(昨年 78.2万台・41.8万台減)。

 

スロットの設置台数は168.7万台(警察庁発表値)なので、回転率は0.22回転

 

前倒し認定取得状況から昨年の段階である程度予想されていた事ですが、6号機供給の遅れもあり、想定以上に・・・という感じです。

ここ10年の最低を記録。

 

気になる各メーカーの販売台数ベスト3は、

 

3位 ユニバ系(4.0万台)

何だかんだ5.9号機ハーデスは1.5万台完売しそうなので、4万台はクリアの見込み。

・・・ですが、サミー系が3.9万台で4位に付けており、ディスクアップの増台が情報より多く行なわれていたら入れ替わる可能性があります。

 

ユニバカ×サミフェス がこの販売台数で3位争いというあたりに今年の厳しさが現れています。

 

 

2位 オリンピア(5.3万台)

今年は1万台超えが9タイトルしかありませんが、オリンピアはルパン系で2タイトル。

世界解剖は残念な結果に終わりましたが、TYから逆算すれば、続く爽快感より終わる焦燥感の方が上回る事は想像できたハズなので、多台数導入したホールは単に見立てが甘いんだと思います。

※『中の人』もメーカーのこういったトライは大好物ですが、ユーザーに提供するかどうかの見極めは別

 

 

1位 大都系(6.4万台)

6号機第一弾の「HEY!鏡」をあのタイミングで登場させられたのはやっぱり底力を感じます。

同時に、『6号機とどう向き合うべきなのか?』 を実例で示唆したという点でも大きな意義がありました。

 

 

 設定①を入れにくい「鏡」にしても、デフォで甘い「ディスクアップ」にしても、いわゆる客寄せ機からの回遊で営業を組み立てて行くスタイルが2019年のトレンドになっていくのではないでしょうか。

ここら辺、よくわからずに後追いで導入している店舗と、回遊性を計算している店舗との差も現れてくるでしょう。

 

 スロットはその年その年の流れを作ったメーカーが大躍進する事が多く、(客層の違いから)パチンコに比べると下剋上が起き易いのですが、来年はそれが特に起き易い気が致します。

どこが躍進するかは・・・実機を打たない事には全く判りません^^

 

ちなみに、昨年は

1位 サミー

2位 北電子

3位 大都

 でした。

 

 

人気ブログランキングへ

 

Re.designバナー

 

 

Re.designの中の人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります