わたしにとって、
忘れられない日となった7月2日のこと。






イベントを通して気づいたこと、
受け取ったこと、メルマガに綴りました♡

ブログでも、シェアさせていただきますネ!



7月2日、工藤房美さんを中心に、
素晴らしいイベントを共に創らせていただき・・・

本当に感動的なお話と、
素敵な仲間に囲まれ、
その日を終えたのですが・・・


わたし自身は、
落ち込んで落ち込んでね  笑



その時に起こった出来事から、
わたし自身の内側に湧き起こった感情を
味わって味わって・・・

味わい尽くしたことで、
そこからのギフトを
ようやく受け取ることができました。



それまでは、言葉にすることができず・・・

あの時、房美さんからいただいた感動を
みなさまに早くお伝えしたい気持ちと、
わたし自身の心の整理との葛藤を
生きておりました。


講演会では、
房美さんが最初にお話くださったのですが・・・

わたしね、はじめての感覚を抱いたの。


房美さんの言霊から感じるエネルギーが、
本当に優しくて、あたたかくて・・・

お話を聴いているだけで癒される、
というか、

浄化される、
というか・・・


ひとりひとりの心の中に
ス~ッと入っていくような・・・


まさに、愛のシャワーを浴びるって、
こんな感じだわ

ってね。

本当に心地よくて、気持ちよくて・・・

あぁ・・・

一緒の空間にいるだけで目覚める、って、
ホントに、こういうことだわ

って。


わたしは一番後ろの席で
講演を聴かせていただいたのですが・・・

ピンク色をしたダイヤモンドのような粉が
キラキラと降り注いでいるように感じたのです。

会場全体に
ダイヤモンドが降り注いでいたの


余命1ヶ月宣告を受け、
どん底の時に出逢った一冊のご本を頼りに、
「ありがとう」を10万回唱え続けた房美さん・・・


それは、
「病気が治って欲しいから」

という願いからの「ありがとう」ではなく・・・

ただただ、このカラダ、このいのちへの
感謝の「ありがとう」だった
とお話されていました


60兆個の細胞が
愛おしくて愛おしくてたまらなくて・・・

頑張ってくれた全ての細胞への感謝が
止まらなかったそうです・・・


房美さんのお話の中で、
とても印象的だったことがありました。


「ありがとうを唱えると、
ありがたいが降ってくる・・・」

まさに、愛の循環を感じるお話でした。


そして・・・

やはり、愛は受け取ることで
ますます循環していくのだと


私自身も、房美さんのお話から
たくさんの愛を受け取り、
たくさんの気づきをいただきました。


会場には、いのちの奇跡、愛の奇跡に触れ、
涙を流している方もたくさんいらっしゃってね・・・

かと思えば、
房美さんのトークがとてもとても面白くて、
涙と笑いでみんな大忙し!


会場が、
どんどんどんどん軽くなっていくその様子を
目の当たりにし、


あぁ・・・

房美さんのいのちの体験からの、
この素晴らしいお話を、
もっともっとたくさんの方に届けたい!

房美さんに直接触れていただきたい!!

そんな想いがふつふつと湧いておりました。



当日会場にお越しいただけなかった方は、
動画配信での参加も可能です。


こちらは、
今月末までの受付となっております。

また、DVD販売もいたしますので、
こちらも是非楽しみにしていてくださいネ!!


動画配信のお申込みは
こちらから




と・・・

感動的だった房美さんの講演が終わり・・・

いよいよ第2部、3部へと
進んでいったのですが・・・


わたしは劒持ファミリーの1人として、
今回のイベントに参加いたしました。

娘、息子も一緒に。


ところがね・・・

講演の中心は、我が娘、
小ラブによる舞台上での大ハッスル!

よっぽど楽しかったのか、
彼女のエネルギーはどんどん加速するばかり。



そんな彼女に戸惑うわたし・・・

お客様、うるさくないかしら。

ちゃんとお話聞いていただけているかなぁ・・・

わたしも、お話に集中したい!


心の中では、
「小ラブ~、お願い!もう少し静かにして~」
って願っている自分・・・

そう願えば願う程、加速する小ラブ。

小ラブに連れられて、
舞台と楽屋を行ったり来たりのわたし・・・


そんな中、
パートナーは、戸惑うわたしとは真逆で、
この場さえ楽しんでいる!


司会を務めてくださった世野尾麻沙子さんは、
動じることなく、むしろ、
新時代の子供たちに対する寛大な心での
さすがの対応。

「子供の叫びは邪気払いだったりするからネ~」

「大丈夫大丈夫!」

みたいな感じでね。


あの状況さえも楽しめてしまう
心のゆとりと、視野の広さに、
改めて尊敬の気持ちが湧きつつも・・・

パートナーと麻沙子さんの
新時代の生き方の波に、
全然乗れないわたしがその場にいてね。


もう、
小ラブのことが気になってしまって、
気になってしまって・・・

お話に集中することが、
まったくできなかったのです・・・


結果的に、
わたし自身は不完全燃焼というか、
とても後味が悪く・・・

みなさまに対しても、
申し訳なかったな・・・

という気持ちにもなったのですが、


いやいや、それは違う。


お客様の中には、
楽しんでくださった方も
たくさんいいらっしゃったし、

あの状況から、
それぞれがたくさんのことを
受け取ってくださっていた・・・


お客様の気持ちを
勝手に決めてしまうことのほうが失礼だわ!


そんなこんなを一通り感じながら、
味わい尽くした時・・・

わたし自身、今回のことを機に、
大切なギフトを受け取りました



そのギフトとは・・・

長くなりましたので、続きはまた次回に。

と言っても、すぐにお届けしますので、どうぞお楽しみに(^_-)-☆