昨日は・・・

以前から楽しみにしていた尾道自由大学での講義でした(*^▽^*)

 


image

いつもとはちょっと違う楽しい企画宝石赤

『セクシャリティ×神社』でお届けしました☆

 

なんとね・・・

参加者は全員女性だったのですビックリマーク

校長の中村真さんは、たった一人の男性でしたが・・・

受け止めるチカラの大きさに、わたしの子宮は安心しきっていました宝石紫

言葉を選ばずバンバン話していたように思います(^_-)-☆

 


image

 

この信頼感がたまらなく好きラブラブ

コラボトークの時は、この信頼感がないと、
本当に伝えたいことが伝わりません。

 


image

 

とっても大切な本質的なお話が、2時間の講義の中に

たくさん散りばめられていたように感じます。

真さんは、神社フェチでかれこれ20年程前から全国の神社を巡るようになったと
いいます。

神社本も出版されています。

 


 

※詳しくはこちら から

 

神社の本というと・・・

立派なお社がどど~んと写っていたりしますが、

真さんの本は、大自然の中に佇む静かで神秘的な写真がたくさん。

 

それは・・・

真さんのお伝えしている神社は「自然崇拝」がベースにあるから。

「自然崇拝」が日本人のココロを作ってきたと理解されています。

だからね、自然そのものを表現されているの。

 


 

※詳しくはこちら から

 

その自然崇拝の根源もお話してくださいました。

男女がいて、生きとし生ける物がいて、わたしたち全てが自然そのもの。


人間ひとりひとりが自然そのもの。


「自分」の語源のお話もとっても素敵でした。


もともとは、

「自然の分身」=「自分」なのだとか。


古来の人々は、セ ックスも自然の一部として、

当たり前のように日常にあったのでしょう。


自然崇拝=子孫繁栄

命をどんどん繋げていく。


その新しい命が宿る場がお宮。

つまり、子宮です。


昔はね、お社は、2本の川の合流地点にあったといいます。

その合流地点が、もっとも気が良い場と言われていたそうなの。


禊の場だったそうです。

今は簡素化されて、手水舎になったそう。


お宮に向かう道の入口が

鳥居=膣口


その道が

参道=産道


神社は女性器そのもの。


手水舎に溢れる水が潤っているように、

潤いたっぷりの膣で男性器をお迎えしたいですね。

 


image


わたしも、自然崇拝のキーワードからセ ックスのお話をしました。

またメルマガで綴っていきたいと思います(^_-)-☆

 


 

最後は修了証をみなさまにお渡しして、

講義が終わりました♪

 

自由大学での講義は、ここから発展がありそうです。

今回は、時間の都合上、女性器のお話は詳しくできなかったのですが、

次回は、膣のチカラについてもお話したいなぁ(^_-)-☆

 

 

 

 

卒業証書とともに宝石紫
参加してくださった恵美さんからお写真拝借いたしましたラブラブ

 



 

 

尾道、大好きになりました(*^▽^*)

今度はパートナーとゆっくり旅したいなぁラブラブ

 


image

 

 

マルシェもあったよ音譜

おしゃれなお店もたくさんで、

後ろ髪引かれる思いで帰りました。

 


image


ご参加いただきましたみなさま
本当にありがとうございました(^_-)-☆



image

 

 

キャンパスの隣にある〝尾道ユーズドデニムプロジェクト〟

のアトリエにもお邪魔してきました☆彡

 

尾道自由大学では、楽しい講義がたくさんあります。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいネビックリマーク

尾道自由大学のHPは
こちら から