◆ライバルって、いますか? | 意色住を整えて幸運を逃がさない【開運アドバイザ】リ・ボーテ/わたなべ美千代

意色住を整えて幸運を逃がさない【開運アドバイザ】リ・ボーテ/わたなべ美千代

意 色 住 (いしょくじゅう)アドバイザー「リ・ボーテ」

トータルコンサルセッション/
アロマ風水®︎GMティーチャー/ 魔法のワンピース 代理店

意識 と 場 を整えパワースポットを作る!
身につける服も選んで、人生好転へ。


テーマ:
◆ライバルって、いますか?


ご訪問ありがとうございます


相模原、町田近郊でのベビーマッサージ、

外見からや内面からのカラーにつきましては

まずご相談くださいね

リ・ボーテ主宰の渡邉美千代です



昨日は、のんびり~まったり~、ダラ~
な珍しい1日を過ごした上に
夜は娘たちと一緒に9時に寝てしまった訳なのですが(笑)


ところで、皆さま
ライバルって、いるものですか?


うちの娘ちゃん姉妹を見ていると
まぁー、朝起きた瞬間から
仲良くしたり、ケンカしたり、
大笑いしたり、泣いたり、、

もう、2人は
姉妹であり、ライバルのような感じらしい。

私は、兄がいて 女兄弟はいないので
そういった関係はよく分からないのですが

{49672E91-865A-43F3-A77B-723DE223B323:01}
(写真は、はちみつレモンを仕込み中)

学年は3こ離れていますが
5月生まれの長女と2月生まれの次女
なので、ほぼ4年近くの開きがあり

でも、次女は次女なりに
口も行動もいっちょまえなので
姉と一緒じゃないと悔しいし
長女は、次女に対して 赤ちゃんの頃の可愛がり方とは
明らかに変わってきているし(笑)
甘え上手で自由人な行動が 実はうらやましいのじゃないかな

女同士で、よきライバルで

でも、なんだかんだ、仲良し~
まだ2人の間に 尊敬とか敬い とかが存在しているからなんだよね


私がトレーナーとして養成ができる
TCカラーセラピーの開発者
『トゥルーカラーズの SAIKO先生』
の、昨日のメルマガでは

「あの人のようになりたい=あの人を超えたい」
つまり、ライバル、のことなどが
テーマになっていました

な~んて、気持ちにリンクしているのでしょう~!!
と、ビックリしました~


⬇︎⬇︎⬇︎ ここより、メルマガを転載させていただきます(ご了承済みのものです)

あなたは、憧れの人や尊敬している人は居ますか?

実は、あの人のようになりたいと思う心には、
あの人を超えたいという気持ちが隠れています。

尊敬は相手の能力や人格を認め敬うこと。
同じ価値観を持つ優れた者と、自分との距離を埋める行為と言えます。

そして、それと良く似た行為に、「嫉妬」があります。

認めたくない(見下している)相手が自分より優っている時に沸き起こるのが嫉妬です。

つまり、相手の人間性を見て認めたいか認めたくないか、
相手のことをどう見ているのかで、尊敬にも嫉妬にもなるということになります。

相手の優れた面を見て判断しているのではなく、
相手の人間性を見て判断しているということになります。

つまり、相手が優れていることを素直に認められたら尊敬、
相手が優れていることを認められないと嫉妬です。

嫉妬すると悔しいという感情になり、なんとかして、
相手を負かせたいという心が働きます。

それが嫌で、相手を遠ざける場合もあれば、
見なければ良いのに、気になってついつい見てしまったりします。

例えば、自分より年下あるいは、キャリアが少ない人、
あるいは後輩が、自分より優れている場合、
下だと思って見下していた相手が、自分を超えた場合に嫉妬します。

人間性が認められない相手であれば、なおさらということになります。

尊敬すると、その人を目標にして、近づこうとします・・・
そして、実際に近づくと超えたいと思うようになり、ライバルになります。

尊敬し合える相手とライバルとして互いを磨き合える関係だと素敵だな~と
アスリートたちを見ていて思うことがあります。

嫉妬ではなく、尊敬。

尊敬できる人が多い人になりたいものですね。

つまり、何かに秀でようと努力することと同時に、
「人間性」も磨く必要があるということでもあると思います。

では、人間性を磨くには、どうしたら良いのでしょうか?

人間性とは、英語で、ヒューマニズム。

つまり、自分が如何に他者に献身するのかという「真心」のことです。
思いやりの心、誰かの役に立つ喜びを感じられる心を育てることではないでしょうか。

そして、真心の源は、自分が真心をかけてもらった思い出です。

それを思い出すには、「感謝」することなのではないかと私は思います。

優れたプロ野球選手なども、人間性の優れている人は、
先輩からも尊敬され、認められている人が多いなと感じます。

何かに秀でるために、努力するのと同時に感謝の心を育てることが
大切なのではないでしょうか。

***ここまで***
SAIKO先生、ありがとうございます!
●ご登録はこちらへ空メールt164360@1lejend.com 


過去、秘書の頃に
先輩を抜き 第1秘書に抜擢されてしまった時には
あからさまな態度をされたことを思い出しました・・(^_^;)

でも、 努力の上での事だし
認められたのはうれしかったので 
そこはもう割り切るしかなかったのですが
女の世界、を実感した一コマ


私にとってのライバル、っていうのは
過去も今も、 私自身、でしかないので

過去より、今を認めていけたら
それでいいのかな、って。


そりゃぁ、ヒト様に対して
うらやましい~、とか
いいなぁ~、とかの感情も沢山ありますが

他人と比べても仕方ないことで
他人の真似をしてみることは
もう、無理する以外の何物でもないものね
背伸びをしても、結局は 薄っぺらくなるだけで。

目標を高く持つのと、背伸びをするのは違うし
グラグラ目移りをする時期なのは、
自分軸がまだ定まっていない時なのかなって思っていました。



感謝と真心を忘れないように
奢らず努力することを忘れないように、と
娘たちにも、人間力、人間性のことを伝えていきたいな、と

そして、私は こういったオシゴトを
これからもしていくのなら
人間性、ここに尽きるのかな 、と

改めて 気づき納得した1日なのでありました。


今日のメルマガも楽しみです♪


最後までお読みいただきありがとうございました




意色住を整えて幸運を逃がさない【開運アドバイザ】リ・ボーテ/わたなべ美千代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス