1993年に管理人が始めて北海道ツーリングに出かけた際の記録について、
管理人が北海道に向けて出発してから、帰りつくまで。
約10日間の軌跡をたどってみた。
 
北海道内のルート図。
イメージ 1
基本は反時計まわりで北海道の外周に沿って走ろうと考えた管理人。
「左側通行の日本では、時計まわりの方が海を見ながら走りやすい」と管理人が気付いたのは後のことである。
(反時計まわりでは、対向車線越しに海を見ることになるから。 あまり気にすることではないが。)
 
ちなみに、本州(と佐渡島)でのルートはだいたいこんな感じ。
イメージ 2
ほぼ、往路は素直に北を目指して走り、復路は高速道路で帰ったというルートである。
 
管理人としては、初めて北海道まで出かけたツーリングで、各地の名所・名物、良いルート、良い宿泊場所等、いろんなノウハウを持たない中で、なんとか無事に「ねこのす」まで帰りついたということで、結果的に成功だったと思っている。
途中、出発してすぐに黒部第四ダムが気になって予定ルートを大きく外れたり、なりゆきで佐渡島に渡ってしまったりと無計画ぶりが目立ったが、なんとか北海道に辿り着いた。
北海道では宿泊場所を見つけられずに、適当な場所で寝てしまうこともあったが、初めてのツーリングなら、たぶんこんなものだろう。
 
管理人にとってのツーリングは、パックのツアー旅行ではない。
食事や観光、宿泊場所が計画通りに進むとは思っていない。
いくら計画をたてたとしても、計画通りに事が運ぶことはまず無いし、もし計画通りになったなら、たぶんそのこと自体が異常事態である。
 
それでも、後半、特に最終日には、かなり無理して走ってしまったのが印象深い。
無事に帰りついたから良かったが、寝ぼけて事故を起こしたりしていてもおかしくない状況ではあった。
この点は良い子はもちろん、悪い子も真似してはいけないだろう。
 
 

「ねこかんす」 トップページ   http://blogs.yahoo.co.jp/rcxfw053
バイクの待機室          http://www.geocities.jp/rcxfw053/bike/bike_old.html
「ねこのす」トップページ     http://www.geocities.jp/rcxfw053/index.html