これば、私が小学校の時の実話です。



 私は田舎の小学校で、学年に1クラスしかなく、同級生は30人でした。



 男子が13人、女子が17人。



 その中に、体が大きく暴力的な1人のガキ大将がいて、みんなそいつを怖がって、誰も刃向かうことはできませんでした。


 そいつが、何の理由もなく


『あいつを無視しようぜ!絶対、しゃべったらいかん。もし、しゃべっているのを見つけたら、そいつも無視する。』



と言って、いつも、そいつが怖いので、みんなそいつの言うとおり、ターゲットになった子を無視していました。



 みんな、自分が無視されたら嫌なので、言われるままにターゲットになった子を無視していたのです。



 それは、長い時で、1ヶ月くらい続きました。



 そして、ターゲットに対する無視終了も、そいつが決めていました。



 そして、一人のターゲットに対する無視が終わると、また、そいつがターゲットを決めて、新たに無視が始まって、そのような無視が、ターゲットを変えて、延々と続いていました。



 そんなある日、昨日まで、楽しく話していた友人たちが、私を無視し始めました。



『遂に、僕がターゲットになった、どうしよう。』



と絶望の気持ちでいっぱいになりました。



 人を無視しているときは、何も考えずに無視していたのですが、自分が無視されると、その苦しさが痛いほど分かりました。


 死にたいくらいでした。



 私に対する無視は、一週間ほど続いた後、終了しました。


 無視が終わったとき、とてもほっとしたのを今でも覚えています。



 その期間中、精神的に耐えられたのは、幼なじみの女の子のおかげでした。


 その子は、家が隣だったので、いつも、一緒に帰っていたのです。



 私が無視されている間でも、普通に話してくれました。



 本当に、無視されているときは、一人も友だちが居なくなってしまった感じで、絶望的な気持ちになりました。


 しかし、ある日、みんなが、ふと気付いたんです。


 『あいつのせいで、みんなつらい思いをしたよね。』

 『あいつが、悪い!』


って。


 そして、みんなで団結し、勇気を持って、そいつを休み時間に、体育館裏に呼び出し、そいつに対して、みんなで立ち上がり、みんなで、思いをぶつけました。



 その時のみんなの姿は、こちらが多数ということもあってか、毅然としており、堂々と、そいつにみんなで文句を言って、みんなの前で謝らせました。


 まさか、周りの反乱が起きるとは思っていなかったのか、そいつは、びっくりしていました。


 そして、しばらく、みんなでそいつを無視しました。



 そして、遂に、そいつがみんなに、再び謝ったのです。



 それを境に、そいつもおとなしくなり、仲直りし、それ以来いじめはなくなりました。



 それからは、みんな今まで仲良くしています。


 僕らは、そいつに叩かれようが、何をされようが、くじけないという気持ちを持って、そいつを呼び出し、最終的に反省させました。



 どのくらい強い奴も、多数で立ち上がれば、相手はびっくりします。


 負けることはありません。



 いじめられている人がいたら、みんなで助けよう。


 絶対負けない。


 必ず、正義は勝つ。


 いじめを見て、見て見ぬ振りをしてしまう人もいるだろう。


 しかし、気持ちで負けてはいけない。



 僕たちは、先生に言っても、何も変わらないと思っていたので、みんなで力を合わせて、いじめをねじ伏せました。



 いい経験でした。



 いじめられても、自分を強く持って、決して屈しない心を持とうよ。



 味方は、必ずいる。



 親は、子供を注意深く見ていないといけない。


 うちの子も、小学校一年生の時、押し倒されるなどのいじめを受けていた。



『いじめをする奴は、大した奴じゃない。』


『格闘技を覚えて、更に、勉強して、頭が良くなったら、絶対、いじめられなくなる。』


『最後は、頭がいい奴が、そんな奴らを支配するんだ。勉強しろ。強くて頭が良いやつは、いじめられることはない。』


 そうです私は、息子に言った。



 息子は、それから意識が変わった。



 暴力を振るわれても、負けるな!



 強いところを見せてやれ!



 自分から暴力を振るってはいけないが、やられ続ける必要はない。



 やり返していい!


 とことん、やり返せ!



 何かあれば、パパがやっつけてやる!

 

 自信を持て!



と言い聞かせた。



 そして、格闘技を教えた。



 それからは、喧嘩にも勝つようになり、いじめはなくなった。



 強くて、頭がいい奴が、最終的に、勝つ。



 いじめられてる人に言う。



 やられ続けるな!



 抵抗しろ!



 先生に言うことも必要だが、先生を当てにするな!



 先生に相談した事実を作れ。



 何かあったときに、知らなかったとは言わせるな。



 怒れ!



 勉強して、学力をつけろ!

 

 頭がいい奴が、最終的に世の中を支配する。



 殻を破れ!