続日本100名城 東海道線を使って 神奈川編 石垣山一夜城と小田原城 | hachiの日本100名城 鉄道・バスの旅

hachiの日本100名城 鉄道・バスの旅

青春18切符、高速バス、私鉄各線などを利用して、日本100名城を中心に訪ねる旅を紹介します。こんなじじいの独り言にお付き合いください。

       

       

 

令和元年、最初のブログです。なが~いGWも後半、4月28日に忍城を攻城し石垣山城の攻城となりました。小田原から巡回観光バスの「うめまる号」が4月以降、土・日に限り運行してますが、あえて、早川駅からの徒歩での攻城をしました。

 

※井戸曲輪

 

2019年5月4日(のスケジュール

今回は、東海道線横浜駅からです。

🚃横浜発【09:07】🚃-(東海道線 普通 熱海行 12駅)早川着【10:07】

 

         

         ※早川駅

 

🚋15両編成。横浜から乗車。先頭車両、2両目にBOXシートがあることが分かってましたので先頭車両に乗車。座ることはできましたがさすがにBOXシートには座れませんでした。 

      

走る人早川駅(10:15)走る人走る人走る人忍石垣山一夜城(10:55)

早川駅から、小田原方面に戻り、いざ!攻城!!100Mくらい行くと案内板あり。東海道線のガードをくぐるとまた案内板。矢印は右方向に。左には角に手書きで「太閤一夜城」の赤文字あり。素直に右に行けばよかったのでしょうが、左の手書き看板へ!!新幹線のガードをくぐり約20分ほどの急坂!!軽自動車が1台通るのがやっとの坂道(舗装はされています)あれっ!!迷ったかなと思う頃にいつも石垣山一夜城への案内看板があり大丈夫だ!!って上り坂をすすむ。30分ほど登ると車道にでると左右の矢印案内、左に行き車道を進むと、途中にトイレと休憩所あり。休憩所の現在地の案内板を見る。えっ!!今、かなりの急坂を登ってきたのは”Bルート”と気が付く!!Aルートだと武将の案内板があり、なだらかな坂でのルート。手書き看板での選択ミス!!矢印通りに行くと、前半の急こう配以上の坂道!!石垣山一夜城の入り口付近で地元の人と出会い、「この道、上がってきたの。疲れたでしょう」、「こっちの方(Aルート)がなだらかで楽なのに」って言われちゃいました。Aルートをおすすめします。

 

🏯石垣山城(東海道線 早川駅から徒歩で約50分、Aルートをおすすめします) 土・日曜日は小田原駅から「うめまる号」運行(1日乗車券500円) スタンプは駐車場のトイレ入口前 徘徊時間約50分

         

                

 

🚌一夜城歴史公園(11:40)🚌🚌小田原城藤棚観光バス駐車場(12:30) 運賃310円

※11:30発の回遊バスでしたが、10分ほど遅れてました。

ここで、何度目かとなりますが、小田原城を攻城。ラッキーで銅門が特別公開してました。即、入門。武将が会議してました。(スタンプはスルー)

 

            

 

ナイフとフォークお昼は、小田原城近くで海鮮丼とおもいましたが、お昼すぎでしたがどこも混んでいてサイゼリヤにしました。  アラビアータ(399円)、ミニフィセル(169円)とドリンクバー(190円)

 

                                       

       

🚃小田原発【14:17】🚃-(東海道線 普通 前橋行 11駅)横浜着【15:10】

 

 
 

🏯石垣山城:小田原駅から「うめまる号」でおおよそ20分で行けます。(運航日注意)今回は早川駅からウォーキングコースを選択。(Aルート:約50分、Bルート:約45分)

  観光客は石垣山一夜城に隣接のヨロイヅカ・ファームの方が目的のようで、駐車場はかなり混んでましたよ。

 まず、木の階段を上がり右側へ進むと二の丸東側石垣に圧倒されます。(崩れそう!!)二の丸のところで本丸井戸曲輪の矢印。本丸方面へ。整備された二の丸を抜け本丸登り口から本丸へ。落ち葉がたまった道を抜け(出たヘビマムシに注意)天守台跡に上がり、その後西曲輪へ。西曲輪から天守台跡を見上げるのもいいですよ。本丸跡から小田原城、相模湾を望むVIEWポイントからは残念ながらかすんでハッキリとみえませんでした。(残念!!)

 その後は、井戸曲輪へ。すり鉢型の底からの曲輪の石垣は圧巻です。必見ですよ!!

 さほど広いわけでなくぐるっと回るのに1時間はかからないと思います。無料のNPOガイドさんがいますので時間がある方などはお願いしてもいいと思います。 

 

          

 

晴れのち曇り10連休!!特に予定もなし。観光地は人でいっぱい、電車も混んでるから家でのんびりと思っていましたが、あまりにも”ひま”ということで、4月28日に続き、日帰りで行ける所(交通費片道1,000円くらい)で、小田原からの石垣山一夜城を攻城することにしました。

 小田原から回遊バス「うめまる号」(乗り放題500円)を利用しようと思ったのですが、小田原までのJR運賃は早川までと同じでここは、早川からの歩きを選択。パンフレットをゲットせずにスタートしました。(早川駅で聞いてみるべきでした)まず、国道を小田原方面に100メートルほど行ったところで第一番目の銀色の案内板。矢印というより台形をひっくり返したような矢印(矢印と後から気が付いた)と現在地案内。東海道線のガードをくぐると突き当りに2枚目の案内板。(ここでも矢印と気がつかず) 右方面を向いてました。でも、左をみると手書きの赤い文字で 「太閤一夜城」の矢印(傾いてましたけどね爆  笑。)左の怪しげな矢印へ進む!!!!これが、間違いでした。新幹線のガードを過ぎると、幅5メートルくらいの急こう配のミカン畑農道。石垣のあちこちでガサゴソのなにやらの音。やばい!!へびかっ??!!トカゲでしたが何匹かご対面しました。迷子かな?と思っている距離を進むと銀色の案内板あり。迷子ではない。でも急こう配すぎ!!キツイ!!汗だくになりました。

 30分ほど登ると、車道にでる。そこにも銀色の案内板があり案内に逆らわず車道を左へ進むと、休憩所とトイレ、そして現在地を示す地図あり。ここを右に入ることになるのですが、地図案内板を見ると、Bルートを選択してたことを初めて認識。しまった!!武将の案内板はAルートでなだらかの車道であることも発覚!!案内通りに右に進むと、またまた急こう配のミカン農道!!やっと10分ほどで石垣山一夜城の入り口に到着。手前で地元の人に出会い、「この道を登ってきたの?!」って言われちゃいました。

 帰りは、「うめまる号」に乗車して下山しました。早川の漁港ではお昼時もあったかと思いますが、漁港の駐車場の渋滞。バスが進まず!!(25分くらいロス)どのお店も行列でした。漁港で海鮮丼とかしらす丼かと思いましたが断念!!そのままバスに乗車して、小田原城へ向かいました。

 小田原城では、銅門が特別公開されていて入門。(無料)何度目かの攻城のためかるく見渡し下城。小田原駅までの海鮮のランチと街を徘徊しましたが、どこも行列!!断念!!結局、サイゼリヤに代わり映え無く決定!!(空いてました)ゆっくりとランチをとり帰宅へ。

 次回は、沼田城、名胡桃城、大多喜城土浦城を目指します。

 

              

 

   

  

 

 

 

日本100名城に行こう [ 中城正堯 ]

価格:616円
(2019/1/13 00:06時点)
感想(97件)

※公式スタンプ帳つき

 

続日本100名城に行こう 公式スタンプ帳つき [ 公益財団法人 日本城郭協会 ]

価格:734円
(2019/1/13 00:07時点)
感想(2件)

※公式スタンプ帳つき              

               

 

 

                     ☚ ポチお願いします
                お城巡りランキング   

 

                     ☚ ポチお願いします

                  青春18きっぷランキング

 

                にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ       ☚ ポチお願いします
                にほんブログ村