HRC-BANE_017 商品紹介② | ♡HRCホリ店長の気まぐれブログ♡

♡HRCホリ店長の気まぐれブログ♡

北の大地、北海道のラジコンパーツの製造販売HRCです
店舗にはショップ&サーキットもやってます

ラジコンの製作、改造、加工HRCにお任せください


テーマ:

気がつけば毎日、ラジコンの事ばかり考えてる

ホリーラですウインク

 

 

 

 

 

 

「伸び側のスピードをコントロール」

 

新型スプリングのご紹介

その②いっちゃいましょーDASH!

 

 

 

 

 

 

ドリラジのスプリングって、昔はツーリング向けの固いバネばっかりだったんですが、

今は各メーカーから、すごく柔らかいタイプから固いものまで

色んな種類がリリースされているので

 

バネレートの選択肢で不自由する事は無いと思うんですが、

スプリング遊びは硬さだけじゃありませんニヤリ

 

 

 

 

って事で、完成した

 

 

 

 

IMG_20171020_143602428.jpg

「HRC-BANE_017」

 

 

 

今回も色んな材質と

スプリングの巻き方を変えて、何十種類もテストしましたねー

 

 

難しかったのが

多重巻きの部分と、荒く巻いた部分のピッチ調整

 

 

 

 

他のメーカーはきちんとバリアブルレートを理解して作ってるのかしりませんが笑

 

ここのバランスが本当に大変でしたあせる

 

 

 

 

 

多重巻き部分を増やすと、荒巻き部分が縮む前に

多重部分バネ密着したりえーん

 

多重部分を少なくすると、荒巻きが先に動いて

意味がなくなったり笑い泣き

 

 

 

ほんと大変でしたあせる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまずは、画像で

スプリングの動きを見てください目

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずこの状態が

0G状態(無負荷)

 

 

ここから潰していくと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず先に、多重巻き部分が

柔らかいので先に縮んでいきますね

 

ここの部分は車のトラクションや、ロール初期の部分にあたりますビックリマーク

 

 

 

ここがしっかり動かないとタイヤがすぐに滑ってしまい

次元の低い車になってしましますドンッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてここから

さらに加重をかけていくと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下側の多重巻き部分+上側の荒巻き部分がゆっくりと動き始めるのが確認できますねアップ

ここからバネレートはどんどん硬くなっていきますDASH!

 

 

スタートから車が進んで、ダンパーは踏ん張り(腰)が欲しい部分ですね

ここが弱いと、腰抜けな感じで車が前に進みにくくなります

 

そして、ロール方向の反発にも

きちんとロールしてから、荒巻の硬い所で反発を出すイメージで動きますビックリマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

さらに縮めていくと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがにプリロードをかけないと、シャーシのロールだけだと

ここまで縮まないと思いますがあせる

 

下側の多重エリアがバネ密着しないで、ここまで縮んでもきちんとストロークを残しています

 

 

 

すごいでしょー!?

最後まで多重エリアと荒巻きエリアのバランスが取っていますにひひ

 

 

 

 

 

 

そして、まだ

秘密兵器はあります

 

 

 

 

 

 

IMG_20171020_143008927.jpg

 

スペックSで好評だった

「HRC オープンエンド製法」

 

を荒巻きエリアのみに使用しましたビックリマーク

 

 

通常のバネは、↑の部分が密着してるのですが

ここに数ミリのクリアランスを空ける事にとって、スプリングが沈み始めるときの

硬さを和らげてトラクションを生みますDASH!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20171020_143008829.jpg

 

今回の017は

リテーナー部分に当たる部分はバネは密着させました

 

 

これにも秘策があって

 

 

 

 

本来スプリングが伸び縮みするときって、スプリングがなじれながら動くんですよね

 

そこで

クローズにしてリテーナーとバネの当たる部分の抵抗を減らし、スプリングがストロークしやすい様にしましたにひひ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上面はオープン

下面はクローズに

 

 

取り付けの際も、わかりやすいと思いますニヤリ

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ活字が並んでますがガーン

 

 

低μ路面のドリフト用に、HRCが考えた新型スプリングの拘りが

少しわかっていただけたでしょーか?

 

 

 

 

 

では次回は

バネレート(固さ)と、自由長(長さ)を紹介していきますビックリマーク

 

 

 

その③に

続きまーっす!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホリーラさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス