孤狼Nachtwanderung

~玲蘭の日記です~  写真などなどテケトーに♪・・・いつも遊びに来てくれて有り難う御座います^^  


テーマ:
海野 弘
秘密結社の世界史


人はなぜ“秘密結社”に魅せられるのか?ヴィジュアル・カルチャー、インターネットの発達によって、見える表面と見えない背後の二重化が進んだ現代では、物事の背後にある秘密を垣間見たいという欲望が高まっている。古代密儀、テンプル騎士団、薔薇十字団、フリーメーソン、イルミナティ、KKK、ナチス、カルト、マフィア…。古代から中世、近代、二十世紀、現代に至るまで、秘密結社という「隠された視点」から世界史を読み直す。

古代密儀、薔薇十字団、フリーメーソン、KKK、ナチス…。人はなぜ「秘密」と「陰謀」に魅せられるのか? 古代から中世、近代、20世紀、現代に至るまで、秘密結社という「隠された視点」から世界史を読み直す。



秘密結社というと一昔前の存在という印象を受けるかもしれない。

しかしその存在は決して潰えることの無かったものであり、現在再び大きな存在となって世界に影響を与えつつある!?
集団自殺した人民寺院やサリン事件のオウム真理教を見てもわかるように、カルトは悲劇的な極限へと向かっていると言える。

秘密結社の概念が変わってきている!?

二十世紀後半から、秘密結社はカルトやテロリズムを考慮しなければならなくなった。


テロリスト・グループはピラミッド型の組織であり、そのトップには少数のリーダーがいる。

その下にやや大きなグループ(攻撃班)があり、その下に積極的サポーターのグループ(情報活動、見張り、攻撃班の移動補助、隠れ家提供など)がある。

そして一番下には受動的サポーターのグループ(目的に共鳴、支持、資金提供など)がある。

テロリストは自分を秘密にしなければなrない。

そのために極少人数の組織(セル)に分かれ、セルのリーダーだけが他のセルのリーダーと連絡できる。

従って、一般メンバーは自分のセル内の仲間しか知らないので、捕らえられても被害はそのセルだけに留まる。

しかし、このセル・システムでは全体が見えないため、多くのセルが一緒に行動するのが難しく、正規の軍隊のように指令の下に整然とした行動が取りにくいという欠点もある。


現在、欧米のテロリズム研究では、オウム、アルカイーダ、IRA、ハマス、日本赤軍などを一色単に括っているようだ。

FBIではアメリカ国内のテロリストを左翼、右翼、スペシャル・インタレスト(特別な目的)の三つのカテゴリーに分けて捉えている。

そして宗教的セクトもリーダーレス・レジスタンス(指導者無き抵抗)としてテロリズムと結びつけている。

リーダーレス・レジスタンスとは、上層部は特定人物団体への反対や攻撃を命じるが、その具体的計画や実行に関しては各々の下部組織に一任してしまうやり方である。

命じるだけ命じておいて、後でリーダーは部下が勝手にやったとする、いわゆるトカゲの尻尾切りである。


今、再びマフィア!?

かつては、アウトローではあるが強きを挫き弱きを助ける任侠の男とされたマフィア。

 うん、まさしくブラクラの張ですね♪(笑

しかし徐々に組織化され、犯罪結社の色を濃くしていった。

中国の秘密結社と言えば代表的なのは『三合会(トライアド)』!

 ハイ、皆さんも御一緒に! ”三合会は超最高~♪”

三合会の起源は福建省福州九連山の少林寺だという説がありますね。

広東を中心に活動、その後孤立し再び地下に潜り、19世紀末に復活。

第二次大戦後、三合会を含む秘密結社は東南アジアにまき散らされた。

 三合会はやはりロアナプラですか?(笑

今でも三合会のドラゴン(麻薬)シンジケートは世界中に広がっている・・・かも。


『エリートの秘密クラブは常に社会に影響力を持っている』!?

彼らは権力を増大させてゆき、やがて社会を破壊しようとする。

彼らの支配は既に始まっている。

アサシン、ビルダーバーガー、ボヘミアン・クラブ、ローマ・クラブ、外交問題協議会(CFR)、エセックス・ジュント、フリーメーソン、ゴールデン・ドーン(黄金の夜明け)、イルミナティ、テンプル騎士団、クー・クラックス・クラン、マフィア、マジェスティック12、メンスル、オプス・ディ、スカル・アンド・ボーンズ、シオン修道院、ラウンド・テーブル、トライアド、三極委員会・・・・・


ニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)というスローガンを掲げたブッシュ大統領父子がスカル・アンド・ボーンズ会員だったのはメディアでも話題に上がりましたね。


こういった秘密組織はその名の通り、秘密が鉄則!

会員を絶やさないために勧誘活動などはネットでもよく見受けられますし、表に出てきています。

秘密なのに大っぴらじゃん!・・・と不思議に思う方も多いと追いますが、表に見えるのはその組織のほんの下層部分のみです。

あくまでも内部上層部は秘密のベールに覆われていて、会員ですら自分達より上の事情を知らないということもあるようですね。

身の回りにある何気ない学生クラブや地域クラブ、しかしそこに闇が潜んでいるかもしれないのですよ~!

コメント(0)  |  リブログ(0)

玲蘭さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。