震度5弱@仙台 | レイモンド・リーのたわごと

寝て曜日。
↑日曜日

とても暑いので、外に出る気がしまへんな。

電気代が増すのは承知で、エアコンに頑張ってもらいまひょ。

 

涼しくなった18時から、ちぃとお出かけしたおいら。

 

やってきたのは、「杜の都・仙台」だす。

↑午後から行こうと思ってたんだけど夜になった

 

 

そろそろ東北三大祭りの「七夕まつり(8/6~8/8)」なんだすね。

↑東北四大祭りになると「花笠まつり」が入る(今日から3日間)

 

 

な~んにも付いていない準備中の「青竹」。

↑4日に搬入されたばかり(仙台市内の竹)

 

 

こんなのが、たっくさんぶら下がるんだすよね。
 

とあるお店にいたら・・・・・

19時23分、地震に敏感なおいらが、わずかな揺れを感じただす。
直後、ケータイから「緊急地震速報」の音が鳴り始めたのよね。

時、すでに遅し。

ガタガタと音を立てて、お店が揺れてますぅ。
お店の人が「頭上に注意して外に避難してください」と笑顔で(笑)

ちょっと待てよ。
外に避難しても「アーケード」の屋根が崩落する危険があるしな。

一応、天井を確認しながら外にはでたんだけどさ。
考えているうちに揺れが収まり・・・・・

スマホで調べたら、震度5弱だったみたいよ。

停電にならなくて良かっただすな。

↑「3.11」の揺れを経験してるから5弱くらいじゃ驚かん

 

お店を出て、このまま帰るのもなんだから・・・・・

 

 

「塩釜・すし哲」さんに行ったおいら。

ここで、晩メシを喰っていきまひょ。

 

 

ここで喰うのは、いっつも「すし哲物語」なのよね。

「特上」の上って感じよ。

↑「お好み」で喰いたいけどおちゃけ飲めないし

 

 

喉も乾いていたので、「ノンアル」を1本注文。
「ノンアル」でも、「お通し」が付いてくんのよね。

↑要らない

 

 

来ただすよぉ。

「すし哲物語」の「貝抜き」。

「貝」の代わりに、「いか」と「かつお」が入ったみたい。

「あわび」はOKって伝えなかったから、損したような気分だすぅ。
↑フツーは「赤貝」と「あわび」が入るみたい

 

 

ほな、いただきまひょ。

中央列右端の「トロ」は最後に喰うのがおいら流。

一番すち(好き)なものは最後に取っておくのよねぇ。

↑たぶんみんなそうだと思う

 

 

「お椀」と・・・・・

 

 

「桃のシャーベット」が付くだす。

 

うめがすぅ。

↑仙台弁でうまい

 

「すし哲」さんでは、喰い終わると「他になにか握りますか?」と聞かれるんだけどさ・・・・・

「ノンアルだからもう結構だす」と言ってお会計。

 

 

きゃはっ、「お通し」が380円で、「ノンアル」が580円なのぉ?

 

この時点で20時43分。

遅くなっちまったっすね。

 

んじゃ、帰りまひょ。

100メートル先も見えないような濃霧の中・・・・・

↑県境宮城側(宮城川崎~笹谷)

山形道を法定80kmで走ってきたおいら。

22時にはお家に戻ってきただすぅ。

 

戻ってすぐに、フロントに付いた「虫」の死骸を洗い流した李でした。