歯科衛生士の
仕事内容について
書きたいと思います。

歯科衛生士が行う業務は
歯科衛生士法により
以下の3つが定められています。


  • 歯科診療補助
  • 歯科予防処置(業務独占)
  • 歯科保健指導(名称独占)

以上が歯科衛生士の三大業務です。

これらは、
歯科医師の指導の下に行う事が
義務付けられています。

簡単にいうと

・診療時のアシスタント
・フッ素塗布や歯石除去やクリーニング
・歯磨き指導などを行います。

"歯医者のお姉さん"
というイメージですよね。

歯科助手と歯科衛生士の
区別がつかない方も
多いと思いますが
大きな違いがあります。

歯科衛生士は
立派な国家資格です。

厚生労働省指定の学校を卒業し
国家資格に合格して得られる資格です。
資格を取得した上で
衛生士業務を行う事が出来ます。




衛生士の業務内容は
法律で定められていますが
実際に働く時は
"どこまで行うのか"が
曖昧になり問題視されています。

特に三大業務の1つである
歯科診療補助
歯科医院によって
業務範囲が異なります。

歯科医師が指示する業務内容が
法律の範囲を超えている
ことが多いのが現状です。

衛生士は立場的に
歯科医師から指示されれば
従うしかないので、
指示された業務内容が
法律違反とわかっていても
行わざるを得ない事態が
生じているのです。



どんな事があるのかというと
歯医者さんで衛生士から
被せ物の型取り(精密印象)や
噛み合わせの調整(咬合調整)や
セット(合着)、
入れ歯の型取り(義歯印象)を
された経験がある方が
少なからずいると思いますが
実はこれ、
法律的にNGです。
衛生士は行えません。

なので
学校で習いませんし
実習もありません。

アシストはOKなので
保険診療で扱う
基本的な歯科材料については
詳しく勉強し
授業でしっかりと習い
練習や実習も行っています。

歯科材料の性質や扱い方を
十分に理解して
アシストを行っています。
あくまでアシストです。




衛生士がやらされることの多い
精密印象や咬合調整や合着、
義歯印象は
歯科医師が行うべき業務です。
絶対的歯科医行為です。

歯科医師が忙しくて
どうしても手が開かず
患者さんを待たせて
不快にさせてしまうような場合に
技術のある衛生士に任せるのは
やむを得ないとは思いますが
基本的には歯科医師が
行うべき業務です。

常に衛生士に任せているのは
歯科医師が
自分が行うべき業務を放棄し
楽をしているだけです。




例えるなら
一流のシェフが
予約のお客様のお料理を
バイトに作らせるような
ものです。
一流の寿司職人が
カウンターのお客様の前で
見習いにネタを握らせるような
ものです。

一流の方ならこのような事は
絶対にしないですよね。




他にも、
比較的小さい虫歯や
咬耗や摩耗よって歯が削れた部分に
白い樹脂の詰め物を
衛生士にされた経験がある方も
中にはいると思います。
これは法律的にOKです。

ですが、
基本的には歯科医師が行う事なので
学校では習いませんし
実習もありません。
患者さんで初めて行います。

当然ですが
術者が上手でないと
仕上がりや持ちに差が出ます。

ここだけの話、
歯科医師よりも上手な衛生士も
中にはいます。
そこら辺の下手な歯科医師より
常に任されてる衛生士が
上手だったりするわけです
(あくまで小声)




法律違反なのに
衛生士が行う事が当たり前に
なっている業務はたくさんあります。

ニュースにもなった
レントゲン撮影もその一つです。

レントゲンの撮影ボタン
衛生士は押せません。
押したら法律違反行為です。

患者さんは
レントゲン室の中にいるので
実際に誰がボタンを押しているかは
見えないしわからないと思いますが、
歯科医師が必ず押すのが
当たり前です。

ボタンが押せるのは
歯科医院では歯科医師だけです。

法律違反にならないように
業務範囲を徹底している歯科医院も
少なからずちゃんとあります。
本当ならそれが当たり前です。






"出来て当たり前の事が出来ていない"
どこかの院長に以前言われた気が…
自分の事を棚に上げるのが
得意だったんでしょうね、きっと。





当たり前の事が当たり前に出来る
って意外と難しいのかもしれませんね。