ポアントできちんと立てないと、せっかく大好きなバレエも嫌いになってしまいそう( ;∀;) | 四ツ谷のバレリーナ専門気功整体「Rayまといのば」

四ツ谷のバレリーナ専門気功整体「Rayまといのば」

東京・四ツ谷でバレエ少女たちの整体をしています。

柔らかくなりたい、つま先が伸びるようになりたいなど、バレリーナの悩みに全力で答えます!

「ポアントに(きちんと)乗れない」

という、相談をいただくことがあります(^O^)/

「ポアントに乗れない」というのは、たとえばポアントを履いて、フルポアントで立とうとしても、趾(あしゆび)の腹で立ってしまったり、膝がどうしても曲がってしまうことです☆

せっかくバレエシューズできちんと踊れたとしても、ポアントでそれが活かせないとバレエ自体も嫌いになりそうです汗

ポアントに乗れないのは、いくつかの原因が考えられます。

たとえば、、、

・足首が固くて伸びない
・身体の引き上げができていない
・膝裏が伸びない
・脚が弱い
・ポアントが合っていない


…などなど☆

どれも大事なことですし、ひとつでも欠けているとうまくいかないものです。




ポアントに乗れない原因が身体的な理由であれば、施術で緩めたりトレーニングで鍛えることを教えたりしますが、意外と多い原因が『ポアントが合っていない』ということです(・∀・)b

ポアントが合っていない??

そう、ポアントは単なるサイズだけでも無いですし、お店で勧められたものを買うだけでも駄目なのですNG

ポアントは自分の足や身体の状態にあわせて自分で加工してはじめて履けるようになります。

ポアント加工ですね🌟

ポアント加工の重要性は、何度かこのブログでも書いてきましたが、ただ柔らかくするだけではありません☆

クライアントさんの身体の状態に合わせて柔らかさを決めますトゥシューズ
身体の状態というのは、たとえば引き上げであったり、足首の柔軟性であったり、膝裏が伸びるか否かなどです。

例えば、バレエが好きでがんばっているのにどうしてもポアントで「立てない」と悩んでいたジュニアの子↓



ポアントは手で少し(柔らかくなるように)揉みほぐしただけ☆
キチンと乗って立てないのは、「自分の柔軟性の問題や身体の使い方がわかっていないせいかな?」と思い、「バレエに向いてないのかも…(_ _。)」と思っていたそうですあせる

身体をチェックしてみると、足首はポアントに乗るには十分な柔軟性はありますし、身体の引き上げができていないわけでもありません(もちろん、もっと上の柔軟性も引き上げも目指せますが、ポアントに『乗る』には十分でした(^_-)☆)。

加工してみると、こんな感じ↓


*ちょうど夕方の時間帯でしたので、写真の照明が変わっていますが、同じ日ですひらめき電球

きちんと乗れていますね(*´∀`*)
特に右足が変わったのがわかると思いますキラキラ

比べてみるとこんな感じ↓


*ソールが足裏に合うようになると、重心の位置が変わり、甲が出て、爪先の立つ位置も明らかに変わって、かつアンディオールもできているのがリボンでわかります(*´艸`*)


セッションに同伴されたお母さまも

「(ポアントに悩んだ)この2年はなんだったの??」
「こんな(一瞬で変わる)ことってあるの??」


と、驚かれていましたが、身体的な問題ではなくポアントの問題であれば、加工するだけでOKなことはあります( ー`дー´)キリッ

もちろん、「立つ」だけでなく「踊る」ためには、この足に合ったポアントでレッスンを重ねる必要はありますが、「ポアントの時間は今までツラかったけど、楽しみになった!」と喜んでくれたのは、良かったですドキドキ

ポアント加工は個人セッションでもRayZap(レイザップ)でもやっています(*^ー^)ノ

興味ある方は、お問い合わせくださいラブレター



*ポアントのカタチが合っていないこともあります☆↑私(Ray)のポアントを履いたらサイズは合ってないけどしっかり乗れるようになった!ということもあります(・∀・)b