牛久大仏(8・25) |         rayとmariの週末は山歩き partⅡ

        rayとmariの週末は山歩き partⅡ

                          Since 2013.4.1
                      山とお酒とアマチュア無線のブログ  

rayの発症から8月13日で半年経ちました

 

少しずつ良くはなっていますが、相変わらず易疲労と五十肩の痛みはひどく

 

発症前は毎日仕事前に歩いてた干潟一周もまだ歩けずにいます

 

五十肩は痛みどめの薬のおかげで痛みは10から8程度になっています

 

 

そんな毎日ですが行きたい所が2つあると

 

 

牛久大仏 と 高崎観音

 

 

お参りがしたいそうです

 

 

高崎観音は2年前に行ったのでまずは比較的近くで行きやすい牛久大仏から行ってみよう~

 

 

 

 

家から2時間ほどで到着です

 

rayがナビ設定間違ったので30分ほど回り道してしまったムキー

 

 

 

 

 

牛久大仏(正式には牛久阿弥陀大沸)は茨城県牛久市にある浄土真宗東本願寺によって建てられた仏像です

 

髙さは120mあり世界では4番目

 

ブロンズ立像としては世界最大だそうです

 

 

 

 

ちなみに世界一高い立像はミャンマーにあるレイチュンセッチャー大仏だそうです

 

 

 

※画像はお借りしました

 

 

 

 

 

 

 

仲見世を通り入園料(レシートには披露状と書いてありました)1人800円支払って中に入ります

 

(庭園だけなら1人500円)

 

 

中には小動物公園やお花畑などがあり庭園になっています

 

 

いつもドライブ中に大仏様だけを見てるので中がこんなに広いとは知りませんでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六歩で渡る橋、これはマヒーズには難しかったそうです

 

南無阿弥陀仏

 

 

 

 

静かな池があると思ったら

 

 

 

 

餌をもらいに鯉がえらいことにw

 

 

 

 

下から見上げる大仏様

 

いよいよ中に入ります

 

 

 

 

入口で靴を脱いで入ったお部屋

 

mariはすっごい広いエレベーターだと思ってました

 

 

暗くなりますと案内の方に言われ真っ暗に

 

無明というそうです

 

ドアが開くと色とりどりの光の部屋にでます

 

蓮の花の香りがするそうです

 

 

お経が浮かびあがって見えました

 

 

 

 

ここが展望台(5F)だと思っていたmari

 

実際はまだ1Fで階段を上って2Fへ

 

 

 

 

 

牛久大仏の誕生までの写真を見てエレベーターで5Fまで上がります

 

5Fは展望台になっていて大仏様の胸のあたり、80mくらいのところになります

 

 

 

窓が小さい・・・

 

 

 

 

スカイツリーや富士山も見えるとのことですが・・・

 

 

 

 

窓が小さい・・・w

 

 

ここには仏舎利(お釈迦様の遺骨)も安置されてました

 

 

写経の間や永代供養の仏様の並ぶ間を見ながら大仏様の外へ出ました

 

 

 

 

ちょうど11時からお猿さんのステージだったので可愛いお猿さんの曲芸も見れました

 

 

 

 

 

四季折々のお花が咲き、春には芝桜の絨毯も見れるそうです

 

コキアはこれから紅葉がきれいでしょうね

 

 

 

 

いいお散歩になりました

 

 

 

 

リハビリにもちょうどよかったかな

 

仕事にいく時より足が軽い感じがしますw

 

精神状態の差なのかな

 

 

 

 

 

牛久大仏を出て千葉方面に帰ろうと思ったらアウトレットがすぐ近くにあったので寄りました

 

モールの通りからは大仏様が見えます

 

先週いろいろ買い物したので今回は何も買わずウィンドウショッピングで終わりました

 

 

さて、今週はどこに行くんだろう・・・ニコ