食物酵素の取り方 酵素でダイエット | 酵素フードで日本中に健康を発信する酵素フード協会のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

酵素フードで日本中に健康を発信する酵素フード協会のブログ

すべての人に笑顔を・・・。
笑顔を健康な心と体から溢れでるもの!

アレルギーを持たない子供たちを!
少子化問題は低体温が原因!
健康寿命!寝たきりにならない食事とは?

You are what you eat.
『あなたの身体は、あなたの食べたもので出来ている』

酵素は私たち人間や動物はもちろん、

植物など全てのものに存在します。

酵素は細胞を働かせる触媒のようなもの。

 

私たちの体の中で起こるほとんどの化学反応は、酵素がなければ起こりません。

つまり酵素は私たちの生活に欠かせないもので、食べ物の消化・吸収・分解・排泄や新陳代謝の促進、ホルモンバランスの調整など多くの働きがあります。

体の中で作られる酵素量は一定

 

実は酵素には3種類あります。


体の中にある代謝酵素と消化酵素それと食物から取る食物酵素です。

 

体内酵素は身体で作る酵素で、作られる量は一定です。

 

したがって消化が悪く消化酵素を多く消費すると

代謝酵素が不足し、結果として痩せにくい体になってしまいます。

 

ですから食物で酵素を補うと消化酵素を節約でき、その分代謝酵素が働き痩せやすい体になると言われています。

 

酵素が含まれた食品を取りさえすれば良い?

 

しかし酵素サプリなどでよくあるように、酵素を取りさえすればダイエットができるというのは間違いです。

 

食べ物やサプリから酵素を含んだ食物を摂りさえすれば、体内でそのまま酵素になると思われがちですが、実は違います。

 

人の体はそんなに簡単なものではなく、本当はもっと複雑なシステムで機能しています。

 

食べ物は一旦、これ以上分解できないという最小単位までバラバラに分解されます。

これが完全に消化するということです。

 

最小単位の栄養素(アミノ酸など)にまで分解されて初めて、血液に乗って全身を巡りますが、
食べ物によっては最小単位になるまでなかなか分解されにくいものもあります。

 

例えば、化学調味料などの人口添加物が多く含まれた食品やインスタント食品などは、
胃や腸での消化に負担や労力をかける食べ物です。

 

消化しやすい食品を取る

 

 

そこで消化に適した食品を取るか消化しやすい方法で摂ることが必要です。

消化しやすい食品の例は発酵食品です。

 

発酵食品は発酵によってすでに栄養分が最小単位の細かさにまで分解されていますので、
食べたらすぐに栄養素として利用されやすくなります。

 

消化しやすい食品はまた消化のための酵素を浪費しませんし、新陳代謝のために酵素がしっかり仕事をします。

また野菜も酵素を多く含む食品ですが、生のままでは消化しにくく、酵素を体に取り込むのは難しいです。

そこでお勧めなのがスムージー。

 

 

野菜をすりおろした状態にしますので、飲みやすくまたフルーツなどと合わせて美味しくなり
消化しやすくなります。

 

酵素フード協会が野菜スムージーをお勧めする理由が消化しやすさです。

 

まとめ

食物酵素はただ取れば良いというのでは体に取り入れることができません。
消化の良い発酵食品やスムージーで摂っていけば効果的に取り込めます。

 

消化の良い食品は消化酵素を節約し代謝酵素の働きがアップするので痩せやすい体になり
酵素食品を取るとダイエットができると言えるんです。

 

 

資料請求はこちらをクリック。