看護師さんへ向けて。

テーマ:

先月、NICUに関わる看護師さん方の勉強会に呼んでいただき「私の話」をさせていただいてきました。


看護師さん達の、

ダウン症のある赤ちゃんを授かったご家族のサポートに悩み迷う姿は

ダウン症の赤ちゃんを授かって戸惑い悩み迷う家族の姿と


その戸惑いは大きく違わないと

事前アンケートを見ながら感じていた今回。


知らない事が多すぎて、、、

見通しの立たない事が多すぎて、、、

自分自身の持っている常識が邪魔をし過ぎて、、、


別世界のように見えている世界に戸惑っているだけだとしたら、

そんなに懸け離れた世界などない事が伝えられたらよいのではないかと


退院してしまえば知る事の無い

その後の姿を知っていたら

そんなにオロオロしないで関わる事が出来るんじゃ無いかな、と


6年程前にダウン症のある赤ちゃんを授かった家族有志で作った、家族のアルバムを見てもらいたくて持参しお貸ししてきました。


病院では笑う事がなかったかも知れないママの満面の笑みや、家族の当たり前の日常、親バカなコメントで溢れている家族のアルバムを回し見る皆さん。

可愛い可愛いと、食い入る様に見る姿は、少し緊張が解れた様に感じました。


勉強会には産科のDr.もいてくださった様で、

アルバムは小児科のDr.もすぐに見てくださったとの事。


病院から帰宅後、

みなさんが書いてくださった感想のアンケートをデータにしてすぐに送ってくださって、


その感想を読みながら

行かせて頂けてよかった、

本当に有り難く思いました。


私の話した事は「私の話」

それがみんなに通じる事ではなく

それがすべてなんて事は絶対になく

あくまでも「私の話」でしか無い事


そんな私のストーリーを知る事で、

今まで関わってきたご家族のそれぞれのストーリーに思いを馳せ、その後をイメージし


これから関わるそれぞれのご家族のそれぞれの過去の姿、今の姿、今後の姿をイメージし、目の前の、世界にたった1人のその人に思いを寄せて関わって頂けたら嬉しいなと思いました。


私の話を聞き

少しだけでも

不安が取れて、肩の力が抜けていたらいいなと思う。


1人で頑張らず、みんなでやればいいし、沢山の力を借りたらよいと思う。

確かな答えなどないし、

それぞれに出来ることもまた違うのだから。


私の力を借りたいと、

私を呼んでくださった看護師さんとは

数年前からの関わりがあるけれど

昨日初めてお会いした。


やっと会えて

やっとじっくりお話を出来て

嬉しかった。


また、貴重な出会いを一つ頂けた事に感謝する。








バディウォーク@京都チラシがついに完成しました!
PDFデータはこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いい顔写真にご協力いただいた皆様、ありがとうございました!
いいチラシになりました^ ^

お盆休みの間、ご親族やご友人にお伝えいただけると嬉しいです!
また、印刷物の配布もスタートしてまいります。
ほしい方は必要枚数発送先住所など連絡ください。



特別な一品☆

テーマ:
父が作ったじゃが芋の煮っころがし(*´꒳`*)

母が庭の畑で育てていたじゃが芋。

ひょっこり土の中から出てきたんだって。

母の遺作❓で父が作った煮っころがし。

「お母さんが作った最後のじゃがいもやから、
みんなで食べよう」
と、分けてくれた父。

合作だね、
とみんなでいただく。

格別美味しかった‼️