符津SSの46期生のラストゲームまであと4日となりました。


3月5日(土)は、全日本少年サッカー大会出場記念符津SS交流大会!


3月6日(日)は、符津フェスティバル!


両日とも朝からこまつドームドリームピッチで試合していますので興味がある方はぜひ足を運んでみてください!


3月5日の大会は、平章さん、小杉さん等全日に北信越代表として一緒に出場したチームにも参加していただきますし、他にも北陸の強豪チームの皆さまに参加していただきます。


3月6日は、いつも符津SSが長年にわたりお世話になっているチームの皆さまに参加いただけます。


出場していただけるチームの皆さま、誠にありがとうございます。

最後の思い出となる最高の大会になるようにしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


うちの選手達にも最高の仲間と最高の思い出を作ってほしい。

そして、後輩たちに最高のプレーを見せてほしい。


符津SSがずっと続けてきた、キーパーから数的優位を作りながら、ポゼッションし、選手ひとりひとりが状況を認知し、判断し、実行していく、全員が常に考えるサッカーを後輩たちにしっかりとつなげていきたいと思います。


3年生の時に、スタッフ間でどのようなサッカーを目指すかという議論になった時に、


「この年代の石川県には、北陽、美川、金沢南、FC TON、テイヘンズ、額、富樫、森本、アカシア、パテオ・・・沢山強豪チームがある。全日出場を目標とするなら、他のチームと同じことをしていたら全日に出場することはできないだろう。それなら、うちらにしかできない符津サッカーをやろう!」


という結論に達しました。

なので他のチームがドリブル等の基本技術のトレーニングをしている時に、うちらはロンドを中心としたトレーニングをしてきました。

幅と深さを常にとり、数的不利なら、カーサする、やり直す、常にボールを動かす・・・


そして、3年生の時に決めためざすサッカー、符津SSのプレーモデルは、今でも変わらずに続けていますし、子供達もずっと続けてきました。


選手達にはその符津SSでやってきたサッカーを生かしながら、ジュニアユースに行ってもがんばってほしいと思います。


選手達の進路については、いろんなところで噂になっているみたいですが(笑)、県外で頑張る選手、市外でがんばる選手、地元でがんばる選手、部活で頑張る選手、他のことで頑張る選手等いろいろな道に進みます。


詳細についてはブログで報告できる時がくると思います。


ちなみにうちの愚息はパテオさんでお世話になります。

符津魂でがんばってほしいと思います。


長くなりましたが、卒団式まであとわずかです。

今から卒団ムービーのチェックをします。

子供達にとって最高の卒団になりますように。。。