昨日は、洗面台の水栓を直しに水道屋さんが見えました。
我が家に関わってくれた水道屋さん、実は全く知らない訳ではないのです。
私の中学校の部活の先輩のご実家で、その先輩とは結婚前の仕事の時に同業で、お会いしたりお話したりしていました。
そのことは伝えてはいないのですが、こちらとしては少し安心材料でした。
でも、実際に工事が始まると、「あれ?」と思うところが多くて…ガーン
引き渡し直前にはドアを壊され…
その後顔を合わせても謝罪すらない…

と、まあこんな感じで信用しきれない業者さんではあったのですが、昨日水栓を直してくれて、旦那さんが洗面室の収納の隙間問題を話したところ、端材があるから塞ぎましょうかみたいな提案があり、のらりくらりと話していた旦那さんでしたが(じゃあ何故話した⁉)、これは誰が取り付けたのか?と色々な箇所を聞いていると、2階のタオル掛けを担当したのはこの水道屋さんだったと言うことと、補修するのはこの水道屋さんなはず、と言うことが判明しましたびっくり
生産さんから話が伝わっていない、と言っていましたが、わざわざ伝えていないのでは?と言う思いが拭えない私…。
陰で旦那さんに
「ちょっと、大丈夫⁉」
と言うも、作業は始まりましたショボーン

暫くして、終わりましたんで…と声を掛けられたので、旦那さんが
「どれどれ?どうなったかな?」
と2階に行こうとすると、
「あ…、あんまり上手く言ってないけど…
と。

は?ι(`ロ´)


(「色が合わない」と言っていて、適当に塗りたくってあったので私が気に入らず触って剥がしちゃったので茶色いですが)

失格!!
な出来栄えでしたハート
補修って知ってる?

言い訳として、「色が合わないから、今塗ったのを剥がしてなんちゃらかんちゃらする」
と言っていたので、剥がれてもいいやと思って乾いていないのに触ったのですが、まーお粗末な出来でしたガーン
もうびっくり!

私が触って剥がしちゃったのを差し置いても、周りまで適当にベタベタベタベタ。
まだビス突き抜けてるほうがいいわ!!
(…そう?)

来週にでも再補修に、洗面室の隙間の端材も持って来ると言うことになったのですが、洗面室まで触らせて大丈夫!?
不安しかない笑い泣き笑い泣き笑い泣き

ま、ダメなら生産さんに連絡して、交換にさせようと思うのでいいんですけどねえー

入居後アンケートに、設備業者の管理・指導をもう一度徹底して下さい、と書いたのは、間違ってなかったな~と思えた出来事でしたもやもや






にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ
にほんブログ村