ブルーベリーの季節も終わり、「夏」が終わった。藤樹安曇川(とうじゅあどがわ)の里で野菜をたくさん買う。相生の皆さんに美味しい野菜をたべてもらうためだ。プリンやゼリーを一つ買い、そこからブルーベリーファームまでの道のりでそれを食べるのを楽しみにしていた。一つ目の信号でほぼ食べ終わるが、それはそれはおいしいプリンだった。また、スイカもおいしく、大人になってひと夏でこんなにたくさんのスイカを食べたのは初めてだと思う。小さいころは祖父が畑で私たち孫のためにスイカを作ってくれていたような記憶がある。

 チャッピーが何度目かの想像妊娠をしている。クッションを子供だと思い、いとおしく、かいがいしく扱っている。寝る時もチャッピーとともに寝室に運ぶ。今年は新たな行動に出ている。脱衣所の奥をふさいでいた「タオル置き」をのけて、一番奥の窓際にくっつけた。するとちょっとした通路ができ、その横に足ふきマットを重ねて置いた。毎日洗濯する足ふきマットなので、枚数がけっこうあり積みあがっている状態だ。どうも、その足ふきマットたちも子供だと思っているようで、気になるようだ。クッションをもって上がっても、せつなそうにクンクンと言い、長い鼻を私の首の下に入れ、ぐいぐい起こそうとする。勘弁してくれと、毎晩言っている状態だ。
おっぱいは温かく、乳が出る。乳腺炎にならないか心配だ。