京都 岡山 キネシオロジー ブレインジム 安藤晶子です。

 

先日淡路島で行った、真人間Ⅱの報告をしています。真のシリーズに限らず、動物メタファー、イージンジンなど、エイミーさんと講座をした時の"お楽しみ"があります。

 

それは、その日に撮った写真の、面白ショットを探すこと。だれかが変顔になっているとか、魂が抜けた状態になっているとか、夕食の時に、そういう写真を探しては、皆にシェアして大笑いしているのです。

 

今回も大笑いしました~!ストーリーからすると、不謹慎なんですが、ウケた写真はこちらです。

 

H

 

エイミー、サムライじゃね?

脇に、刀を挿してるよね?

 

刀ではなく、木切れなんですが、私はこの写真を撮るとき、オブザーバーではあるものの、「エイミー、武器は置いてくださいよ」って叫んだんですよね。

 

それがすごく重要でした。誰も耳を貸すことはなく、この直後に戦いに突入しましたけれど(^_^;) 参加者さんの共通の過去生に関係していました。

 

さて、なんだと思いますか?この写真がヒントですよ~!

 

 

今回、これでもかっ!ていうくらい枝を使ったワークをしたんですよね。山からの帰りに、それなりの長さの枝を拾うことになって。。

 

 

 

みんな、何に使うかもわからないまま持ち帰り。

 

 

そこから始まる、枝のワークの数々・・

 

 

 

 

 

私は、休憩時間にエイミーさんに「枝のワークが多いけど、過去生にでも関係してるの?」と話しかけていました。

 

「そうかもね」」くらいの答えでしたが、その後、あるかたの公開個人セッションで、刀を返す、ことに枝を使い、「あ、やっぱり刀なんだ~」となりました。

 

そう思うと、そうとしか見えないですよね↓

ヤバいショットですけれどもね(^_^;)

 

 

私は、毎回参加しているMちゃんに促され、3日目の夜にようやくリーディングを始めました。(共通の過去生は真人間のメニューではなく、裏メニュー)

 

翌日、ワークの会場は、他の団体との兼ね合いで、セミナールームから畳の間に移されていました。

 

初めて知ったのですが、エイミーさんが朝とお昼に行うエクササイズすべてがミラーメソッドによるものでした。

 

最終日、お昼のエクササイズ↓は、サムライのエクササイズのようでした。

 

 

 

この並んだ姿を見て、ぞわっとする方もいらっしゃるかもしれません。今回の共通の過去生は、赤穂浪士でした。

 

 

中でも江戸急進派の長で、剣の達人とされた、ある武士の分霊のみなさんでした。彼は、仇討という大義名分のため、志士を集めましたが、ある一人の男の勝手な振る舞いにより、思ったように事を運ぶことができませんでした。

 

 

参加者の方たちに、思ったようにできないくらいなら、チームや誰かと組むよりも、自分で動いたほうがいいと思っている人が多いとわかりました。

 

 

私たちが進むべき道は?

 

 

自分自身の感覚を使って、陰と陽のバランスのとれた場所をさがしました。

 

 

これからは、刀をどうするのですか?

 

 

 

私は、赤穂浪士には入っていませんでしたが、5日間を通してのみなさんの変容を見届けました。スッとしていて、つるむ人がおらず、清浄な空気を保ち続けた、参加者のみなさん。私は、その理由がわかったような気がしました。

 

 

つづく。。