「Team R」 Official Blog

「Team R」がみんなで色々更新して行きます!


テーマ:

 

ファンのみんなへ

 

Raphaelは僕の青春そのものでした。


学校を辞め
音楽の道に生きる事を決めてから
一心不乱に駆け抜けた十代半ばからの三年半余り。

 

この多感な時期に受けた数々の刺激に
今は只々感謝しています。

 

楽しかった事や嬉しかった事ばかりにではなく

辛かった事や苦しかった事も含め

全ての出来事が自身の成長に繋がっていたのだと思えるからです。
何より、いま現在悔いのない音楽人生を送れていると感じています。


仲間を失うという大きな壁にぶつかった時も

始めは悲しみから逃げ回るばかりで

現実を受け入れようともしなかったのですが

 

いつの頃からか

自分にしかない思い出や記憶がふと蘇る度

それらがとても愛おしく思える様になっていきました。

きっとこの記憶は一生忘れる事無く
心に留めていくのだと思います。


そして当時必死で創り上げた楽曲達もまた

自身を大きく成長させてくれた大事な宝物です。


4/7日に行ったTSUTAYA O-EASTのステージ上でも

改めてその影響力の大きさを感じさせられました。

 

 

心地良い緊張感に包まれながらステージに上がり、
そこで浴びた皆からの歓声で一気に気合いが入ったのをまだ鮮明に覚えています。

高いドラム台の上から見えた特別な景色も。

 

 


そのステージでYUKITOから発表があった通り、
2016年の活動を以って、Raphaelは「解散」します。

 

未だ色褪せない楽曲達を思いっきり演奏出来る最後のチャンスです。

どうか終わりを迎えるその日まで
見守っていて下さい。


自身の持てる力の全てを
全身全霊を注いで臨む事を誓います。

 

HIRO

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「HIROより」 の記事

テーマ:

皆さんお元気ですか?


YUKITOは元気です!!

 

4/7に行われた蒼の邂逅、
Shibuya O-EASTでのLIVE、
参加してくれたみんなも、
参加できなかったけど

どこかで応援してくれていたみんなも、
本当にありがとうございました☆

 

この日、僕の口から今回の活動を
行うきっかけになった経緯を話す、
ということはメンバー3人で決めていた事でしたが、

どういうカタチで伝えるのか、
どんな話しをするのかずっと迷っていました。

 

そして本番の2日前に、
ファンのみんなへ手紙を書いて

気持ちを伝えようと思い立ち、


それから時間の許す限り何度も
読み返しながら書いてを繰り返し、
やっと本番直前に手紙を書き終えることができました・・・

 

当日全ての楽曲を演奏し終えた後、
LIVEの余韻を残したままの会場で読んだ手紙。

 

あの日
会場に来れなかったみんなへ、
改めてこのブログで
伝えさせて下さい。

 

==========

 

ファンのみんなへ

 

僕は中学1年生のとき、
プロのミュージシャンになりたいという夢を抱きました。

 

華月に出会ったのは中学2年生のときで、
音楽でプロを目指してるやつがいるから紹介したいと言われ、
渋谷にある小さなリハーサルスタジオで待ち合わせして、
ブルーハーツの曲を演奏しました。

 

それから数ヶ月後、
お互いが人生初となるライブを企画しましたが、
華月が通っていた学校でチケットを
売っていることが問題になってしまい、
ライブを中止せざるをえなくなってしまいました。

 

それをきっかけに華月とは一度離ればなれになったけど、
僕がHIROにドラム教えてもらいながら
学校の文化祭でバンドコンテストに出演したとき、
ライブ後に華月はどこからともなく現れ、
話しているうちにもう一度バンド活動をやることになりました。

 

華月とメンバーを探すことになり、
ちょうど僕がその頃毎日のように学校帰り一緒に遊んでいた、
誰よりも歌がうまいYUKIをボーカルに誘い、
僕よりドラムがうまかったHIROをドラムに誘い、
華月はもちろんギター、
そして僕はベースという編成でRaphaelが誕生しました。

 

そして瞬く間に僕が中学1年生のときに抱いた夢は、
10代のうちに叶ってしまいました。

 

夢が叶うと、
今度はまた新しい夢が生まれます。


武道館でライブをやった、
今度は東京ドームでやりたい、
海外でもやってみたい、
もっともっとたくさんの人達に、
僕らの音楽を聴いてもらいたい。

 

だけど僕らの夢が大きくなるにつれて、
一部の心ない大人達の夢は、
歪んだ夢になっていきました。

 

そして華月が本当の天使になって・・・


Raphaelは活動休止になって・・・

 

あれから僕の、
Raphaelという夢は止まったまま、
そしてその夢を一時も忘れることができず、
生きてきました。

 

音楽を続けることが使命的なもののように、
音楽を中心に生きてきました。

 

だけどZeppTokyoの再演を終えてから、
濃い霧の中にいた自分の視界が、
少しずつ鮮明になっていくような感覚になりました。

 

そしてあるとき、

音楽をやめよう、
と思いました。

 

それは雷が落ちるような突発的なものではなく、
広い草原に横たわり、昇ってくる朝日を浴びながら、
小鳥のさえずりで目が覚めたような、
そんな穏やかな気持ちに近いかもしれません。

 

そしたらふとYUKIに会いたくなって、
連絡を取り合い、会うことになって、
音楽をやめる話しをすると、
YUKIは僕にこう言ってくれました。

 

「自分が今こうして音楽をやっているのは、
元々YUKITOがバンドに誘ってくれたからだよ。
そのことはすごく感謝してる。
YUKITOが音楽をやめるなら最後にもう一度だけ、
俺たちの手でRaphaelの、とびっきりのお祭りをやらないか?
YUKITOの最後の音楽活動を、華やかな終演にさせて欲しい。」

 

僕はまさかそんな話しをYUKIが
してくれるとは思ってもいませんでした。

 

素直に嬉しいという気持ちと、
ずっとひっかかっていた、
再演のときにも結局宙に浮いたままの、
「解散」
という2文字を、やっと言える日がくることも、
僕にとって本当のケジメになると思い、
是非やろうと返事をしました。

 

すぐにYUKIからHIROに連絡をしてもらい、
HIROからも了承を得て、
今こうしてステージに立っています。

 

少年だった僕の夢は、
今年の活動で終わりをむかえます。

 

それと同時に、
同じ夢を抱いた4人が集まって結成されたバンド、
Raphaelも、終幕をむかえます。

 

ファンのみんな、
チームRのみんな、
そして華月。

 

ごめんね、
俺の勝手な思いで、
Raphaelは終わってしまう。

 

もしかしたら、
誰もこんな結末は望んでいないのかもしれない。

 

だけどみんなが、
これもひとつの正解、
答えだったんだって思ってもらえるように、
RaphaelのベーシストYUKITOとして、
最後まで全力でやりきりるよ。

 

だからどうか最後まで、あたたかく見守って下さい。

 

==========

 

夢は、生きる希望。

 

Raphaelが
永遠に誰かの夢を輝かせ続ける、
希望の光となれますように。

 

 

改めて、みんな大好きです。ありがとう☆

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

こんばんは、YUKIです☆

 

改めまして昨夜は

約3年半振りのRaphael LIVE

「蒼の邂逅」@O-EAST公演

お疲れ様でした!!

 

 

超満員&大盛況。

人生でも指折りの良質な熱気に包まれた

素晴らしい舞台でした!!

 

皆が聴きたい楽曲を

たくさん演奏できてたかな?

TwitterでもメールでもLINE@でも

良かったら感想をきかせてね。

 

メンバーも含め、team-R 一同

皆の声がいつ何時も励みになっています。

 

ツアーに向けて

選曲(セットリスト)の参考にもさせて貰いたいので

ゼヒ皆の声を聴かせてくださいね☆

 

新しいスケジュールたちのお知らせもできて

何より皆が喜んでくれたのが嬉しかったです。

 

旅行…☆♪

今からとても楽しみです^^

ツアーと併せて

08月06日~07日と

09月10日~11日☆

絶対に空けておいてね!!

 

詳細はスタッフ記事を見てみてね。

リンク貼っておきます▼

 

- - - - - - -

 

「天使の檜舞台」@豊洲PIT

 

◎  夏だ!天使だ!林間学校!

 

- - - - - - -

 

裏方も含め、この度も

素晴らしいキャスト布陣で

この舞台に臨む事ができました。

「team-R」は僕の誇りです。

*九州の地からわざわざ応援メッセージを届けてくれた夢人、ありがとう☆

言わずもがな、キミも勿論team-Rだ*

 

たくさんの声援、たくさんの手

舞台が揺れるほど皆で飛び跳ねて

 

精一杯に歌って、

思いっきり泣いて笑って、

そして力の限り叫びました。

 

 

 

Raphaelの歌はとても難しい。

 

歌詞の内容やテーマがどうこうという事じゃなく、

華月の歌詞を旋律に乗せて

キチンと日本語のイントネーションを保持したまま

歌唱で表現するのはとても難しい。

 

歌い手が紡ぐメロディや歌詞の割当のソレが全く違うので、

息を吸うタイミングがほとんど無かったり

高音域がずっと続いたり

短い音符に対して歌詞が物凄く詰まっていたりetc...

とても過酷なんです。

 

 

華月の作詞(作風)は

揺るぎ無いメッセージ性が身上。

 

だからこそ

どんなに表現の要求レベルや歌唱難度が高くとも

歌いこなさなきゃならないんです。

 

YUKIとして

櫻井有紀として

表現者の1人として

この先も

もっともっと高みを目指していきたいと思います。

 

*この辺りの話はまたレコーディングについても

触れていきたいので後日別記事で上げますね*

 

 

 

2016年04月07日。

 

夢のような185分に及ぶ

ステージでした。

 

 

前置きがかなり

長くなりました。

 

掲題の通り、

Raphaelは2016年の活動をもって

「解散」する事になりました。

 

(昨日のLIVEに駆け付けてくれた

方々は既にご存知かと思いますが)

改めまして、この度YUKITOが

音楽そのものを引退することになりました。

 

バンドというプロジェクトは

他の職業と比べると

少し特殊なんだと思います。

 

友達でもないし、家族でもない

まして恋人じゃないし、親友にもなれない。

だけど年間を通じて

誰よりも一番側に居るんです。

 

呼吸を合わせ、悲しみも喜びも

常に苦楽を共にし、

一緒に泣いて笑って

また明日に向かって道無き道を切り拓いて行く。

 

「運命共同体」なんですよね。

掛け替えの無い

唯一無二の「仲間」なんです。

 

華月を失ったあの日から

答えがひとつも見えないまま

心に網羅された呪縛が解けず

音楽そのものが苦しみでしかなかったし

音楽を続ける事そのものが

辛くて怖くて仕方なかった日々。

 

3人3様に

それでも音楽と対峙し

続けてきたからこその

答えの一つなんだと信じています。

 

答えや正解は、

必ずしも1つとは限らない。

 

YUKITO本人の声明も

このBlogや様々なメディアを通じて

近日中に皆のもとへ発信されていくと思いますので

彼の言葉がより精錬される

その瞬間まで気長に待ってあげてください。

 

YUKITOの今回の「選択」は

Raphaelの傷の修復機会だと

僕は考えています。

 

つまり

”終わりを始める”ための切っ掛けに過ぎず、

僕にもHIROにもこうした切っ掛けを

生み出してしまう可能性は

いくらでもあったワケで…。

 

 

うまく言えないけれど、

応援してくれる皆に

一番理解して欲しいのは

 

YUKITOの「選択」に対して

YUKI・YUKITO・HIRO

3人が決断した「答え」が

 

「解散」だったって事なんです。

 

つまり、

もしも切っ掛けとなったYUKITOが

バッシングされるような事があるのなら

決断を下した僕もHIROも

同じ痛みを受け止める必要があるんです。

 

逆を言えば

この決断が「答え」の1つとして

許されるのであれば

僕は精一杯にこのプロジェクトを牽引し

チームを守り

時間の限りRaphaelの音楽を

1人でも多くの人に伝え続ける事に

死力を尽くします。

 

 

バンドは運命共同体なんです。

 

 

あの日から随分と時間が経ってしまいましたが

ようやく、やっと大切なモノを

一番良いカタチで「補完」できる

チャンスが巡って来たんだと

僕はそう覚悟を決めました。

 

 

 

2016年04月07日。

Raphaelの最終章が始まりました。

 

Raphael史上 最幸の時間を、

この命の限りを尽くして

皆に捧げます。

 

応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
主催イベント「天使の檜舞台」開催決定!!

■天使の檜舞台 第壱夜「華弦の月」
 2016.8.6(sat) 豊洲PIT
 OPEN 16:00 / START 17:00

■天使の檜舞台 第弐夜「悠久の四重奏」
 2016.8.7(sun) 豊洲PIT
 OPEN 16:00 / START 17:00

[出演]
 Raphael
  …and more!! 

[チケット料金(前売)]
 スタンディング:¥5,800(tax in)ドリンク代別


【チケット先行予約受付】
 [受付期間]4月8日(金)12:00~4月24日(日) 23:00
 [受付URL]http://eplus.jp/raphael-ohp/

 

詳細は随時更新します!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【Raphael 『 夏だ!天使だ!林間学校 -リターンズ- 】

Raphael official website プレミアム会員「天々団リターンズ」限定の旅行を開催致します!

 

 

 

■開催日程
2016年9月10日(土)~9月11日(日) ※1泊2日

 

■宿泊
苗場プリンスホテル(新潟県南魚沼郡)

 

■参加費用
[東京発着]
3名様1室利用お1人様

¥49,800

※現地集合の場合も同額となります。

※2名、1名で1室利用をご希望の方は応募ページにてご確認ください。

 

■募集期間
2016年4月15日(金)12:00~
終了日は後日お知らせします

 

《下記の専用ページにて受付》
http://jst77.com/raphael/

 

■募集人員

200名

 

■最少催行人数
160名
※募集人員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

 

■当落通知

※抽選結果は、受付期間終了後に代表者の方へメールにてお知らせさせていただきます。

 

■お問い合わせ
株式会社ジャパンスタートラベル
TEL:03-5980-8710

 

*Raphael運営事務局カスタマーセンターではトラブル防止の為

当該イベントについてのお問い合わせをお受けしておりません。

ご質問などは株式会社ジャパンスタートラベルまで直接お問い合わせください。


[[ 主な催し内容 ]]

◎LIVE「Raphael × オーケストラ」(全席指定の予定)


オーケストラを迎える最初で最後、”1度限り”のスペシャルLIVE!!

 

◎Raphaelプロデュース☆「癒しの晩ご飯」

メンバー自らが考案・プロデュースする
美肌&マクロビ思考のメニュー盛り沢山のディナータイム☆
この時間ももちろんメンバーがあなたをエスコート♡

 

◎Raphaelと一緒にキャンプファイヤー

伝説の火の神、降臨…!? 

 

◎Raphael先生によるお部屋消灯

爽やか ~ ド変態まで、バラエティ豊富な3人の先生ラインナップ♪
あなたを襲いにやって来る!?
*どの先生があなたに襲いかかるかはお楽しみ…♡

 

◎Raphaelと一緒にラジオ体操

朝からちゃんと出席する生徒には必ず良い事がある模様。

 

◎Raphael先生によるクラス別授業

爽やか ~ ド変態まで、バラエティ豊富な3人の先生ラインナッ…(以下省略)

and more…!!

 

 

【Raphael offficial websiteプレミアムメンバーについて】
http://raphael.jp/

◎現在プレミアムメンバーの方
既にご登録のメールアドレス、お名前でご応募下さい。

 

◎現在まだアップグレードをされていない方
プレミアムメンバーにお申し込み前に入会していただく必要があります。

 

*Raphael Official Websiteの無料アカウントはお客様でご準備ください。
ご入金を確認次第、無料アカウントからアップグレード致します。

 


[ログインパスワード、メールアドレスがわからない方へ]


運営事務局では個人情報保護の観点より

お客様のパスワードは分からない仕様となっております。

 

メールアドレスやパスワードが分からない方は

以下の方法でログインを行ってください。

 

1.以前ご登録いただいたメールアドレス&パスワードがお分かりの場合
→そのままログインして下さい。
http://raphael.jp/member/

 

2.旧メールアドレスは分かるが、現在は変更されており使えない
その上、パスワードがわからない場合
→現在のメールアドレスで再度会員登録をお願いします。
http://raphael.jp/fanclub_entry/step1.html

 

3.現在使用中のメールアドレスで登録され、パスワードがわからない場合
→パスワードだけログイン画面より再発行をお願いします。
http://raphael.jp/member/pass.html

 

4.何もわからない場合
→現在のメールアドレスで再度会員登録をお願いします。
http://raphael.jp/fanclub_entry/step1.html

いいね!した人  |  リブログ(0)