アキレス腱を断裂しました。

全断裂です。

*経緯は「その1」 をご覧ください。

 

 

始めて救急車に乗りました。

 

受傷した際、優しい後輩君たちは、すぐさま私に椅子と氷入りのバケツとを用意してくれました。

申し訳なさでいっぱいの私は、自力で歩行して、自力で近くの病院へ行こうとしました。

当然のことながら後輩君たちは止めました。

それもそのはず。

片足ケンケンで移動を試みたところ、アキレス腱を切った左足の足首から先がブランブラン揺れて全くなんか怖い感じ…。

さらに剣道場は2階。

「階段かぁ・・・」

 

私は自力歩行を断念しました。

 

優しい後輩君たちの説得に応じ、「救急車を呼びますから」という彼らの言に従いました。

 

 

そして救急車へ→→→

 

 

 

病院に着き、看護師さんに

『とりあえず固定してください

 右足は元気なので車乗って帰りますんで』

といったところ、

【何言ってんの、あんた  そんな無茶なこと言って!】

という顔をされました。

 

 

お医者さん登場。

「あー、切れてるねぇ 全断裂ですね

 紹介状書いとくのでお宅近くの病院で明日にでも診てもらってー

  手術するのがいいと思いますよーーー」

とのこと。

 

 

 

一刻も早く治したいと思っていた私は、お医者さんの話半分にすぐさま帰宅。

 

「明日からどうやって生活しよう…」

「手術とかして大丈夫かなぁ」

「松葉杖つきながら仕事できるかなぁ」

 

そんなネガティブなことを考えながら運転していると、先ほどのS氏から電話が。

彼はまたしてもしきりにあやまってました。

(なんていい人なんだ)

と思いながら、

『とにかく早く治すから、治ったらリベンジマッチな!』

と言って電話を切りました。

 

 

夜中、ネットを駆使していろいろ調べていると、

 

 

 

見つけました!!

 

 

 

 

手術不要!

入院不要!

松葉杖不要!

その日から歩けます!

早く治ります!

 

などの言葉が…

 

 

その名も、

≪アキレス腱断裂治療サービス ~いいだ整骨院~≫

 

 

 

早速問い合わせと現状報告としてのメールを送信

時刻は夜中の1:00近く

 

 

翌朝6:30、

 

なんと、いいだ治療院から直接電話が!

「来れるなら来てください 長野県の飯田市ですが・・・」と。

 

なんというレスポンスの良さ!!

 

 

 

『今日の夕方、行きます!』と即答しました。

 

 

 

 

 

仕事を少し早く切り上げ、飯田市までドライブ

 

治療してもらいました

 

 

 

具体的には独自の装具による独自の固定、

及び 独自の歩行法の指導、

でした。

 

このことにより、ほぼ日常生活を阻害することなく、また、松葉杖なしでの歩行が可能になりました。

 

 

 

 

これで1か月後、道具が取れ、ほぼ普通に歩けるという!

 

 

 

さて、1か月後どうなりますか?

またそれまでの間の経過はどうでしょう?

 

 

 

続きは次回

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る