「湯殿山麓呪い村」は、出羽三山に興味を持つきっかけになった映画。

とおーーーーい昔に見た事があるはずだけど全く覚えてないや。

私を湯殿山へ誘う原因となった映画はどんな話だったかな?

と、改めて見てみたところ、カスほども記憶に無かった。

 

どうやら見た事が無かった模様。

思うに、宣伝が妙にインパクトあって記憶に残っていた為

映画自体を見た事があると勘違いしていたのかも。

もしかしたら、「天河伝説殺人事件」と混同していた可能性あり。

 

ところで見た感想はというと……。

陰鬱!とことん気分が落ちる作品!!悪夢見そう!!!

でしたよ。

妙に惹かれる部分もあったので、作品的にダメな訳ではないです。

怖い事は怖いのだけど、それはサスペンスやホラーという意味ではなく

人間の業というか悪の部分に怖さを感じた作品。

 

その為、本当は聖域である湯殿山が汚れたものとして

描かれたように感じてしまい(本当はそんな意図ないんだけどさ)

嫌悪感が残ってしまったなあ……

 

 

【2020年1月追記】

 

「天河伝説殺人事件」と混同していたって言ったけど

これまた後日見てみたら、全然(犯人像が)違ってたので

ちゃんとこの作品を見てた模様。

ただ、あまりにも暗く子供には難解な人間心理だったので

犯人像しか記憶されなかったんでしょうね~。