(T.Rex "20th Century Boy")
************<今日のプチNEWS!>***********


【お値段以上すぎ】1690円のニトリ抱き枕、中毒者が後を絶たないワケ左矢印


毎日の暮らしに欠かせない睡眠。
1日の疲れをとる大切な時間ですが、
寝ている間にからだが凝ってしまう「寝コリ」に悩んでいる人、
意外と多いのでは? 朝起きたら体がバキバキ...
これだと目覚めもスッキリしませんよね。

そんな人におすすめなのが、ニトリで販売されている枕
「あたまも支える抱きまくら ポリヌード(P型タイプ)」です。

お値段は1690円とリーズナブルですが、
SNS上では「中毒性が高すぎる...」とハマる人が続出しています。

この抱きまくらは、アルファベット「P」のような形をした、
少し変わった見た目の抱き枕。

通常の抱き枕は腕や脚を絡めるだけのものがほとんどですが、
「あたまも支える抱きまくら」はその名の通り、
出っ張った部分に頭をのせることができるので、
首や肩への負担が軽減されるそう。



(こりゃハマリそうやで!…もうポチったし!)※写真はイメージです。


*************<日 常(メイン)>************


やはり…というか予想通りの展開になりました。


母の新ババのヒザの件で、2月2日に手術決定!
ヒザの上下に、チタンのガードを入れて補強し、
人口軟骨で、自転車のサスペンション代わりに!


金属が擦れ合わないようにする匠の心遣いです。


あぁ…子供の頃が懐かしい。…あの頃の思ひ出♪
「あれは、確かガンプラを作った時だったナ…」
お金がなくて、お手頃な量産型ザクを買たんだ。



(ガンダムが欲しい!⇒アカン。…諦めてザクを買いました。)


でも、自分は天下御免の不器用男だったんです。


丸一日かけて量産型ザクを組み立ててできた~♪
ちょっと猫背のザクですが、今でも覚えてます。
ヒザの部分がユルユルで、固定されていません!


組み立てる時に、何度も失敗したモンですから、
ヒザのパーツが、すり減っちゃったんでしょう…


ずっと、前かがみのザクを机に飾ってましたよ。


「なぜだぁ!…弟のはちゃんと立ってるのに!」
「坊やだからさ♪」 by (シャア・アズナブル)



(確かに、あの頃の自分は若かった。)


「まぁ、子供の頃の事ですから…今は…今も…」
「自分…不器用ですから…」…今の方が酷いな。


工具を磨いてる時、何度、手も一緒に磨いたか。
ハンダゴテで、指を溶接しかけるのは当たり前!
あらま、ついつい思い出が溢れてしまいました。


しかし、診察を終えて…新ババも安心したのか?


め~っちゃ!…テンションが高くて驚きました。
あまつさえ、先生の説明はほとんど忘れてます。
弟のムッツリが病院に同行してくれてよかった。


手術は片ヒザずつで、リバビリは2週間~1ヶ月。
半年後に、もう片方のヒザを手術するそうです。



(何者かに記憶を消されたのか?…すっかり忘れてました。)


1年越しの治療になりますが、これも本人の為。


新ババには、毎日ユンケルを振る舞いましょう♪
そうすれば、リハビリも一層はかどるハズです。
リハビリに、3ヶ月って話は勘違いみたいです。


母親代行業は、短くなりますが「ならばよし!」


家でも、リハビリ代わりにある程度は動かねば…
自分は、裏方でフォローに徹しようと思います。
さぁ~て、後は、この件を兄と父に伝えるのみ!


しかし…ワンコ娘と、新ババの「W手術」とは…


やっぱ、オバケか何か家に取り憑いてるのかな?
こういう時、霊感がない自分がもどかしいです。
「見えない!感じない!わかんない!」ですし…


織田無道か、誰か、坊さんでも呼ぶべきかなぁ?
オバケも、隠れてコソコソ意地悪して卑怯です。
てか、オバケの犯行と決めつけちゃダメですね。



(こら!…織田無道!…お前がうろたえてどうする!)


あくまで健康管理!…現実を見ようと思います。




↑↑↑ワンコ娘の手術内容はこちらの記事です。 左上矢印



やっはり費用も大事!「高額療養費制度」を知っていますか?解説はこちら!左矢印

***************<特別アニメ>**************

暗殺教室 1期 10話


***************************************



読者登録してねペタしてねブログランキング・にほんブログ村へ