RODDIO"NP-Series"SHAFT | 北陸、金沢のゴルフ工房・R&DGOLF

北陸、金沢のゴルフ工房・R&DGOLF

石川県金沢市、300yの練習場・花里ゴルフのゴルフ工房です。
日々のセッティング例やDeepな話題を、独自の視点で掲載してます・・・
★EPON・GOLF・AGENCY
★RODDIO・CONCIERGE・SHOP
★Zodia・APEX・MEMBERS


テーマ:
マットなシャフトが入荷してきました。
今年、期待のシャフトです

難しい炭素繊維の説明が続きますが、一言で言うと
”他社には無い・・・出来ないシャフト”
ですサーチ
とりあえず入荷したのは3Hと4Hアップ
4Mと4LはCHICカラーで発注したので、今月末の入荷になりますダウン
説明文を中心に見てください目
専門的な説明が続きますが、そもそもRODDIOはNo1フィッシングブランドDAIWAのロッド製造ラインと同じ所で製造されるシャフトレンチ
炭素繊維に関しては相当研究開発されてるメーカーメモ
自分も「休日は?」と聞かれると「釣りです!」と答えるほどの釣りマニアです。
なので、説明の際に例えられた「鮎竿の技術」でピンときましたうお座
自分の場合は鮎釣りは本格的にしたことは無いのですが、鮎竿と言えば高弾性繊維を使うのを知ってます。
最近、多くのシャフトメーカーのカタログにT1100Gがよく出てますアップ
しかし、問題はその使用割合・・・
上の説明文に記載の含有量は60%ここがポイントになるかと思いますひらめき電球
上下のグラフでイメージして頂いたいのですがサーチ
NP4L~NP3H記載順は上下とも印刷間違いしているので注意してください注意
比較的R&DGOLFのお客さんは平気的なスピードの方が多いので、かなりの方がストライクになると思います。
シャフトが軽いと確実にHSは上がり、飛ばしの元となるHSが上がるというのは何より大切な事ビックリマーク
 
しかも、これだけ最先端の素材、技術を盛り込んで、この値段はRODDIOだから出来る事では無いかと思います。
 
相当期待出来るシャフトが登場しましたグッド!
 
 

R&D GOLFさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス