おさいほう一年生
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2013-04-05 08:49:09

BOEKET VAN HET LICHT -光の花束-

テーマ:COLORS

Boeket van het licht.   光の花束。

 こんなに絵になる花束をもらったのは生まれてはじめてだった。

おさいほう一年生

フェルメールの 『真珠の耳飾りの少女』 の絵と花が1つになった花束。
朝日が、白い少女の頬を輝かせる。
 

この花束1つの世界のなかに、光と闇が存在してる。

絵画、建築、写真。そして日常の風景。
見た瞬間、自分がどうしようもなく惹かれるもの。
それらにすべて共通しているのは、
「光と影」が、その1つの空間に同時に存在している、ということだ。


フェルメールの絵、ルイス・バラガンの建築。

影なくしては、彼らの創りだした光を感じることはできない。
影あって初めて、光の尊さに気づくのだ。
そして光のなかにいるものはいつだって、影に惹かれる。

光だけでは、奥行きが出ないから。

影あるところにしか創りだせない光の景色をみたとき、
人々は初めて口を噤み、祈りにも似た気持ちを覚える。


花束を見て、涙が溢れてきたのは初めてだった。


彼女が贈ってくれた花束を、
彼女がいまが最高の位置、と思った花束のバランスを
なんとかして保ちたかった。

でも、持ち帰った時点で、
既に彼女の指が調整してくれた花の位置は変わっていて、

1秒過ぎる毎に、その花束が過去のものになっていく

それでも、
彼女が贈ってくれたこの花束に対する自らの想いを、
二度と訪れることのない「今」を、 
自分にでき得る限りのちからで
何とか形にして残したかった。

この花束はふしぎだ。

撮っても撮っても飽きないどころか、
ファインダー越しにみればみるほどドキドキしてくる。

気づけば2日間。

夢中でシャッターを切っていた。  

おさいほう一年生

 

おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生



おさいほう一年生



おさいほう一年生



おさいほう一年生



おさいほう一年生



おさいほう一年生


おさいほう一年生



おさいほう一年生

― そして。
『特別な花束』 というものは、
その花束を紐解いても尚、
ある種の空気の余韻を、そこに残すものなのだ、
ということを、

わたしは初めて知った。


おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生


― What is it that you really want to staring at ?

おさいほう一年生

 I already know. 
2011-06-08 23:50:05

青褐色シルクタックブラウス画

テーマ:洋服とか
作ってみたいブラウスのデザイン画を描こうとして、
これからの洋服メモのためにも、
デザイン画の基盤になる人体図を1つ描いてみようと思いたち。

ファッション誌のモデルのウォーク写真を参考に
裸体図にして描く。
おさいほう一年生

おさいほう一年生
上半身細めなのに。

おさいほう一年生
下半身ちょっと太め。 
バランスむずいな。
ま、逆にリアルで良いか。


この基本の裸体図の上に
透ける薄紙を重ねて
ブラウスのデザインを描く。


前身頃全体に太めのタックが入るデザイン。
おさいほう一年生

背中のデザイン迷う。 
おさいほう一年生


おさいほう一年生


このブラウスに使う予定の布地は、
青褐色のシルク100%の微光沢の薄手の布地。
110巾で、9m分もあって
¥1200-。


青褐色(あおかちいろ)とは、
グレーと極暗い紫色が入ったような紺系の色です。
おさいほう一年生

上質でくすんだ色の生地、だいすき。


日本の伝統色。
おさいほう一年生
                    ―あおかち色は、右下.





大きな鳥たちが羽ばたいてるようなかたちの雲。

おさいほう一年生

どうしてわたしの部屋には、
てんとう虫がよく飛び込んでくるんだろう。
いろんな星の数のてんとう虫たちが、まよいこんでくる。

おさいほう一年生
ここ、通り道なのかね。


2011-05-31 20:30:46

『Lyell』というブランド

テーマ:洋服とか
好きだな、とおもっていた服のブランドが
知らないうちに終わってた。

NYの 『Lyell(ライル)』 。

おさいほう一年生

おさいほう一年生

おさいほう一年生


おさいほう一年生

おさいほう一年生

おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生

おさいほう一年生

Lyellのこういう長袖ブラウスのデザイン、
特に好きだった。

服に限らず、
甘くないダークピンクとダークネイビーの
くみあわせが好きなのもあるけど。


「甘すぎない女性らしさ」のとらえ具合や
肌を覆うことで表現する女性らしさ
などにおけるバランスがとても自分好みだったのにな。



2010年5月に、
Lyellのホームページ にて終了を告げて。


「I have decided to say goodbye for now. 」

おさいほう一年生

おさいほう一年生

--------------------------------------------------------

さよなら、と思っていたらそうじゃなかった。

デザイナーのEmma Fletcher(エマ・フレッチャー)は
2011AWコレクションから、
TOCCAのデザイナーになってた。

Lyellの頃と雰囲気を同じままに
TOCCAとしてコレクションを展開してる。
だいすきなLyellの雰囲気をほとんど、そのままに。

彼女がデザイナーになってからのTOCCAは
それまでの甘いだけの雰囲気のTOCCAから一新して、
ピリッとしたスパイスを加えたようなものになるにちがいない。

2011AW TOCCA by Emma Fletcher

おさいほう一年生


おさいほう一年生

おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生


おさいほう一年生

ダークネイビーと、ダークピンクの組合せは健在。

2012 spring collection.

おさいほう一年生


おさいほう一年生

続いていけば良いな。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。