あの伝説?の少女漫画『パタリロ』が、実写映画化なんだって❗ | 主腐の徒然BL

主腐の徒然BL

大好きな映画、ドラマ、たまに漫画、基本腐ってます。
徒然なるままに、書いています。

只今、タイドラマのBL沼へと、どハマリしています。

バッチリネタバレありなので、お気をつけください。


テーマ:


皆さん、ご存知かしら?
「魔夜峰央」先生の、少女漫画にしてギャグまんがでもある『パタリロ』キョロキョロ

「花とゆめ」という少女漫画雑誌に1978年から、連載されていた漫画なんです。
「花とゆめ」ですから、少女漫画のカテゴリーなのですよ!

今『飛んで埼玉』という映画が人気ですが、それと同じ原作者の作品です。

もちろん私は、漫画は単行本も持ってますし80年代には、アニメ化もされてまして、タイムリーに観ていた人です。
「ギャグ漫画」でもありますが、お耽美漫画でもありまして、主人公「パタリロ」以外に、英国「MI6」に所属している「バンコラン」という、美形のキャラクターがいます。
彼にはこれまた、美形の「マライヒ」という恋人がいるのです。


特別捜査官だけど、ロングヘアーにアイシャドウ?が、不思議なんですが、仕事はきっちりやる、スーパー格好いい男です。


そして、その恋人「マライヒ」
金髪ロン毛の、オスカルみたいな風貌です。
漫画では、もろに絡み、も描かれていて…

これ、大丈夫か?消されないかな…あせるあせる

実は、舞台化されていたそうで、そのキャストがそのまま映画にも出演するんですって。

で、超個性的な王国の王子「パタリロ」を加藤諒くん。


これは、コメントに困る…ガーン

でも、バンコランとマライヒは、とても美形な役者お二人が、演じてらっしゃいます。


まずは、舞台の時のお2人。

バンコランを演じる「青木玄徳」さん。


はい、イケメンラブ

マライヒを演じる「佐奈宏紀」さん。


こちらも、イケメンラブ

舞台を知らないので、どのように演じてるかさっぱり分からないのですが、加藤くんの配役は置いといて(置いとくんかい!)、この二人のイケメンを見ると、期待しちゃいますねラブラブ



ちなみにアニメは、こんな感じ。
お耽美よねキラキラ

映画公開は、6月28日からのようです。
原作者の魔夜先生の、コメント。




(※画像、お借りしました

『飛んで埼玉』みたいに、大ヒットしたら、すごいなぁ~!

私には、とっても懐かしい、まだBLなんて言葉がなかった時代の、青春を思い出す作品です口笛

日本の映画も、自由になったなぁ~って、嬉しいですっラブラブ

『おっさんずラブ』
『窮鼠はチーズの夢を見る』

ドラマももっと、タイBLドラマのように、名作をどんどん制作して欲しいなぁ。

『SOTUS S』
賞を取りましたね。おめでとう!



Singtoは、俳優賞もラブラブ

やっぱり、ここに落ち着く~
いつまでも、このままずっと2人でねラブ