『ブエノスアイレス』 色彩のない世界とある世界 | 主腐の徒然BL

主腐の徒然BL

大好きな映画、ドラマ、たまに漫画、基本腐ってます。
徒然なるままに、書いています。

只今、タイドラマのBL沼へと、どハマリしています。

バッチリネタバレありなので、お気をつけください。


今回は、ウォン・カーウァイ監督の1997年の香港映画『ブエノスアイレス』
カンヌ国際映画祭で、監督賞を受賞しています。

香港のゲイカップル、ウィン(レスリー・チャン)とファイ(トニー・レオン)。
彼らは何度も喧嘩しては別れ、その後のウィンの「やり直そう」の一言でまた付き合う、という、関係を繰り返しています。
関係修復の為、旅に出た二人。香港の地球の裏側、アルゼンチンに来ていました。
中古のおんぼろ車を買って、イグアスの滝を目指しますが、知らない土地、分からない言葉、なかなか滝までたどり着けません。
そこでまた、喧嘩。
結局、二人は滝に行くまでに離ればなれに。
※実はここまでの映像は、白黒。色がありません。
延々とイグアスの滝が上空から写し出される光景。二人のこれからを暗示しているようです。

ブエノスアイレスで、タンゴバーのドアマンとして働き始めたファイ。
ある日、白人のパトロンを連れて店にきた、ウィンと再会します。人目を憚らず、ハグやキスする二人。ファイの心は乱れます。
何度か店に来たウィン、ファイのアパートに復縁を迫り電話をかけてよこします。
香港に帰りたいのにお金が無い。お前のせいだと罵るファイ。
すると、店にきたウィンは、「これやる」と言って高級そうな腕時計をファイに渡すのですが、何だかやばい、と感じるファイ…
数日後、顔が血まみれのウィンが、時計を返せとやって来ます。
やっぱり、と思うファイ。時計を返します。

そして突然、前回より重症の怪我をしたウィンが…
手をぐちゃぐちゃにされ、頭から血を流すウィンを病院へ連れて行き、アパートに連れ帰ります(盗みへの制裁ですね)
そこからは、ファイの幸せな日々が始まるのです。
もうウィンを手放したくないファイは、ウィンのパスポートを隠します。
手を怪我しているウィン、自分で食事や着替えや日常生活の何も出来ません。そんなウィンをファイは、甲斐甲斐しく世話します。
身体を拭いてやり、食事を食べさせ、ベッドへ寝かしつける。
しかし、決して恋人同士には戻らないのです。
側で眠ろうとするウィンに、狭いと言って拒否。
ウィンは、ファイが仕事で居ない間に、ソファとベッドをくっ付けてみたりしますが、ファイに元に戻されます(ここのウィン、可愛い🎵)
ある日、タンゴバーにウィンのパトロンがやって来て、ファイは思わず仕返ししてしまい、店を辞めさせられます。
「仕事辞めたのなんで言わない?何かやらかしたのか?」とウィンに聞かれても、本当の事は言わないファイ(格好良すぎる♥️)
ウィンはファイにタンゴの踊りかたを教えたりします。

アパートの共同キッチンで、踊る二人。最高の幸せを感じる場面です。
お洗濯中のファイと、それを待つウィン。

ファイはレストランの厨房で働き始めます。そこで、チャン(チャン・チェン)という若者と知り合います。彼は色んな場所を旅して回っていて、資金集めのために働いていました。
ファイは、ウィンが部屋でどうしているか心配で、店から何度も電話します。
それを聞くチャン。彼は人より耳が良く「恋人に電話だな」と気付いていました。
ある日のファイの電話に横槍を入れるチャン。
悪気はなかったのですが、ウィンの嫉妬心に火を付けてしまいます。
怪我も良くなって動けるようになったウィン。退屈で、外出するようになり、ファイの不安と嫉妬心にも火がつきます。
「煙草を買いに言っていた」と言って遅くに帰って来たウィン。
次の日ファイは、山のように煙草を買ってきます。「その煙草の山はなんだ?」と聞くウィン。「ストックさ。これてもう買いに出なくても良いだろう」と部屋中に煙草を並べるファイ。
喧嘩ばかりになる二人。
「ここに閉じ込めたいのか!」

「怪我なんて治って欲しくなかった。あの時ほど側に居たことはなかったんだ」
ウィンは、パスポートを返すよう何度も迫りますが、ファイはのらりくらりな態度で、返そうとはしませんでした。
部屋を出でいったウィン。また一人で残されたファイ。

チャンは資金が貯まり、また旅に出ると店を辞めます。最後に飲みに行く二人。
「何処へ行くんだ?」
「世界の果てへ行ってみたい。最南端の岬に灯台がある。そこで要らないものを捨てるんだ」
チャンはカセットテープをファイに渡し、
「ここに辛いことや悲しい事を吹き込んで。俺が捨ててきてあげる」
しかし、ファイは言葉が出ません。ただそこで咽び泣きます…(ここは実はトニーのアドリブらしい。自由に演じてとの監督からの依頼だったそう。泣けるー)
チャンとの最後の別れ、固く抱き合いファイは思います。「俺の鼓動が聞こえているか?気持ちが読まれたのか…」

これでファイも、香港に帰る決意をします。帰国のお金を稼ぐ為、食肉工場で夜勤の仕事を始めます。
ある印象的なシーン。牛の血で真っ赤に染まった床を淡々とホースで流すファイ。カーウァイ監督の、赤です。流れていくのはファイの血でもあるような…

そして最後にウィンと二人で行くはずだったイグアスの滝へ。
あの時と同じように、ボロい中古車で。水飛沫に打たれるファイ。この時、ファイのアパートにはウィンが来ていました。煙草のストックを買い、部屋を掃除してファイを待つウィン。でももう、ファイは帰って来ません。タンゴを踊った幸せなあの日々。ウィンはまた「やり直そう」と言いたかったのかもしれませんが、遅かったと気付き、声を出して泣くのです。

灯台に立つチャン。「カセットには何も吹き込まれていない。雑音のようなものだけ、咽び泣く声か?」

香港へのトランジットで台北に到着するファイ。
ある屋台で食事をしますが、なんとそこはチャンの両親のお店でした。灯台に立つチャンの写真がそこにあったのです。電話はどこ?と聞いてそっと写真を盗むファイ。

ここにくれば、またきっと会える。
世界のどこにいても…

色のある世界と、色の無い世界。
ファイの世界とウィンの世界のようです。

トニーは最初、ゲイ役は嫌だ、と出演を断ったらしいですが、彼が居なければこの映画は無かったかもといえる作品ですね。

そしてレスリー・チャンは、早くに亡くなってしまいましたね。
いい俳優さんは何故、早く逝ってしまうのでしょう(;_;)