こどもと共につくる心地よい生活

テーマ:

初めて私部会館を使っての
林恵子さんこと『ケイティ』がナビゲートしてくれたヨガ^_^

ゆるゆる〜
ケイティが作り出す世界。
そこにいるだけで

ゆるゆる緩まっていくほど
心地よい時間でした⭐︎


『身体が少し動くだけでバキッというほど
バキバキだけど、諦めてます。』

『身体をちょっと動かしたい気持ちがあるけど、日常の中でなかなか』


自分の【今】の気分や身体の状態に意識を向ける事からスタートしました。



こどもがご機嫌にずっと遊んでいてくれるわけでもなくて


できたり、できなかったりもあるけれど


こどもが大人の真似をして
自分の身体を動かそうとしたり

ハッ!っというかけ声に
ケラケラ大笑いしてほっこりする場面も^_^

最後の方、双子ちゃんがぐすりはじめた
ママさんが気になって

また、慣れてきたら
今日よりもっとできると思う〜

また、ゆっくりヨガができるように
色んな方法考えていくね。

っと声をかけると


呼吸に意識向けれただけでも心地よかった。
深い呼吸してなかったんだーって気づいた。
楽しかった!


っと笑顔で話してくれて。

いつも、笑顔だし、笑っているから
もーー大変、大変。って言ってるけど
余裕で子育てしてるのかな。


なんて事は全然なくて。


みんな、自分の呼吸を忘れるほどに
目の前のこどもの命を守ろうと
慌ただしく日々過ごしている。


だからね。
自分がちょっとぐらい、目を離しても大丈夫だ。
誰かがこどもを見てくれる。
そんな緩さを大切にしたい。



ヨガの後こんなお話しがでました。

自分のために使うお金は家計から出しにくい

自分の稼ぎが無かったら余計に感じる。

うん。
よく分かる。

私もそう思っていた頃があり
保育園を退職して
退職金を使い果してしまった後
家計のお金を使うたびに罪悪感を感じていました。

さらに私の場合
服やカバン、靴
カタチあるものにはお金出せるけど

講演やマッサージみたいな
カタチがないものへお金を出すことが

どこか勿体無いと思うタイプでした。


思考が変わる転機となったのは
最後に受け持ったクラスのこどもたちと
お空に行った2人目のこども。

一気に変わった訳ではなくて
罪悪感と
こうありたい。

これが交差しながら
1つ、ひとつ行動していき
行きつ戻りつ今があります。


最後に受け持ったクラスのこどもたちは
私の鏡となり、限界を教えてくれました。

私の心が安定していたら、穏やかに過ごし

私の心がざわざわしていたら
噛みつき、引っ掻き
沢山の課題を与えてくれました。

もう、どうにもこうにも
自分の心と身体がコントロールできなくなり
こどもたちの想いを受け止められなくなって

このままじゃ目の前のこの子たちをダメにしてしまう
私は、こどもに関わることに向いてない
保育士に向いてない

そんなことを思って
退職を決意しゆっくりすることにしました。


それでも
何かしなければ価値がないと思っていた私は
必死に次に頑張る何かを探していた。

もう、頑張らなくていいから
とりあえずゆっくりしようよ。
自分が心地よいこと感じて。
自分が好きなこと感じて。

そう教えてくれたのが
お空に行った2人目の赤ちゃん。

そして、養子として我が子になってくれる彼に
新しい世界を見せてもらっています^_^


あの頃勝手に見ていた幻想。
自分がもっと頑張らなくちゃ
こどもたちをダメにしてしまう。


沢山のこどもたちに教えてもらって
気づいた事が沢山あって


今の私が大切にしたい事の1つ。

『ママがまず自分を大切にしてほしい』


これは、ママだけでなく
保育士さんや学校の先生
こどもと関わる全ての方に思っています^_^


頑張る事は悪いことじゃないし
こどものために
誰かのために
何かをすること私は大好きです。


だからこそ


目の前のこどもや旦那さまに
イライラしすぎてきたら


自分のために時間使ってね。の合図。


でも、それすら麻痺して気づかない事もあるから


ママたちと一緒に、自分に意識しよ〜〜🎵
っという時間を
らもりーるで作っていけたらと思っています⭐︎

きっかけがあったら
もっと、こうしたかった。とか
自分の思いが溢れ出てくる


目の前の大人の笑顔がこどもの笑顔

目の前のこどもの笑顔が大人の笑顔



来月も私部会館にてヨガ開催予定です(o^^o)
日程が確定しましたらお知らせしますね。


ケイティのナビゲートの元
皆さんとゆるゆる緩まる時間
ご一緒できるの楽しみにしています⭐︎










Ameba人気のブログ

Amebaトピックス