こんにちは!ラムジュラーのユリですニコニコ
私はヨガと出会い、ヨガを学ぶ中でとても素晴らしい変化がありました。
素晴らしいヨガを多くの方へお伝えしたいと思い、ヨガに関しての知識を抜粋してお伝えしていきますニコニコ

ヨガのゴールは『サマディ』=至福や幸福
その過程を示したヨガの八支則を知ることで
日々日常がヨガになると、どこにいても何をしていても至福幸福を味わえるようになります。

ヨガは、ただ柔軟な体を作るだけではありません。ヨガは身体的な効果とともに精神的な効果を与えてくれますが、そこから派生してもっと素晴らしい効果を与えてくれます。

なぜヨガで幸せになれるの?

ヨガは心身のバランスがとれた生活を送りたい方への一つの手段であり、それは方法論とも言えます。ヨガを学ぶということは、本来の自分に帰ること。めまぐるしい生活の荒波にもまれて忘れてしまっていた本来の自分の姿を、ゆっくりと時間をかけて思い出していく過程なのです。その結果として、至福や幸福を感じることができると言われています。

その背景にある哲学や過程を知らなければ、ただ身体を動かすだけの体操で、ヨガの本来の目的に達成しないのです。

パタンジャリの「ヨーガスートラ」とヨガの八支則

{D166518C-BA32-48E7-92AD-03098959B3AD}

ヨガには八支則というヨガを進める8つのステップがあります。古代の時代に定義されたこの過程は脈々と現代に受け継がれています。それはヨガで、至福、幸福に至る段階と言え、ヨガの八支則を知ることは、私たちに大きな気づきを与えてくれます。

ヨガの八支則を知ることはヨガを深める上でも役立ちますが、ヨガをしたことがない人がヨガの素晴らしさを知る上でも大切な哲学と言えます。 


そもそも「ヨガ」の意味は?

ヨガの語源は、サンスクリット語の「ユジュ」からきており、「統合する、つなぐ、結びつける」という意味ですが、他にも、「思考を一点に集中させる」、「自分自身に意識を集中させる」、「瞑想を深める」という意味があります。

もう一つの意味として、『軛』という意味があります。牛舎と牛を繋ぐ道具。

私たちの体(牛)、心(牛舎)を繋いでいく道具として、ヨガがあるのです。

これらの語義から、ヨガは、「再び結合する」、「失ったバランスを取り戻す」、「自己を調和のとれた状態へ導く」と伝えられています。

{236C325A-2D5F-4A3F-AF4D-FDAAB2006DE2}


今から約2500年前、パタンジャリという賢者がヨガに関する最初の書物、「ヨーガスートラ」を著しました。パタンジャリは、ヨガを「チッタ・ヴリッティ・ニローダハ」=「心の作用の止滅のことである」、すなわちヨーガとは「心の作用を抑制すること」と定義しています。

↓パタンジャリーの銅像

{747024A9-F8E5-494E-BEC3-3B8D0EE11721}

八支則は、日常での「ヨガ」の状態を維持する指針

ヨガといえば、アーサナ(座位・ポーズ)から入る人がほとんどですが、アーサナ(身体の調整)はヨガの一部にしかすぎません。上記の通り、「ヨーガとは心の作用を抑制する」=心が常に一定で安定した状態にする手法として、例えば、丁寧に一日を過ごしたり、山へ行ったり、海辺を歩いたり、意識的に深呼吸をするなどもヨガ的なのです。

つまり、心身の統一感が得られたり、自我とうまく向き合い、寛容になったり、自分を受け入れられるようになったりと、本来の自分を思い出させてくれるものならなんでもヨガと言えるでしょう。だからこそ、アーサナをしていない日常にも、ヨガの哲学を取り込み実践することが大事なのです。

八支則を日常にどう取り入れていくかが大切

その「ヨーガスートラ」で解説された8つの部門からなるものを、Ashtanga(※アシュタンガ)/八支則と言います。(Ashta=8,Anga=部分)

八支則は、一般的に、階段のような図で示されているため、その頂上である、八支則の最終目的地に到達するためには、一段階ごとにクリアして、やっと次の段階へ進めるとされています。

{3D7377C4-0FE7-42DD-9C22-46E596932F8D}

「ヨーガ・スートラ」に記述された大切なエッセンスを理解し、現代にどうフィットさせるか、私たちの日常にどう取り入れるかを考えていきましょう。

また、現代の多くのヨガ流派は、ヨガの目標に到達するまでのプロセスを独自に体系化しています。これも現代にフィットさせるための作業とも言えるでしょう。

背景にある哲学を理解し、7つとも同時に進行していくことなど、柔軟に受け入れ実践していくことも大事です。

※ スタジオレッスンなどで行われているアシュタンガ・ヨガ、アシュタンガ・ビンヤサヨガの意味とは異なります。

{E8A7134C-38E3-4F75-9423-0F667911AFB2}ヨガの八支則(アシュタンガ・ヨーガ)

今後、ヨガの八支則を具体的に紹介していきます。今回は概要を記載して、次回以降何回かに分けてお伝えしていきます。

最初1の「ヤマ」と、2の「ニヤマ」は、日常生活での心得、社会(外的)と自分のあり方を表しています。

1. ヤマ Yama(禁戒)

「〜してはいけない」で表される、他人や物に対して、日常の中で気をつける5つの心得。

2. ニヤマ Niyama(勧戒):

「〜するとよい」で表される、日常の中で推奨される5つの行い。

3. アーサナ Asana(坐法):

ヨガポーズを練習する。いわゆる一般的に知られているヨガ。

4. プラーナヤーマ Pranayama(調気):

呼吸法。呼吸をコントロールする。

5. プラーティヤハーラ Pratyahara(制感):

感覚をコントロールする。

6. ダーラナー Dharana(疑念・集中):

一点集中。感覚が閉じ、周りの物が気にならなくなる。

7. ディヤーナ Dhyana(無心・瞑想):

落ち着きのある静かな精神状態。

8. サマーディ Samadhi(三昧):

悟り。心の平静を保つ精神的喜び。これ以上ない至福。

 

次回はアシュタンガ(八支則)を更に詳しくご紹介していきますニコニコ


小田急線本厚木駅から 徒歩 5分
初心者から始められる本格ヨガ&瞑想&ダンス
本厚木ヨガ教室 ラムジュラー
男女兼用・完全予約制・1レッスン16人までの少人数制・本格インドヨガ


営業時間:平日10:00~22:00、土日8:30〜18:00 
休日:月曜日
〒243-0018 神奈川県厚木市中町2-12-3 3階
電 話:046-240-6065     


AD