ブレンデッドのスタンダード。

 

 

特級表示、80年代流通なので、30年程前のウイスキーですが、普通に1500円位で売ってたので、ベル12年と一緒に購入。

 

保管状態もよく、ラベル焼けも無いものを選択。

 

箱がないものは、液面低下や、ラベルの色など見て買いますが、箱に入ってると、リスクが少ない為、確認を怠りがちですが、過去に、半分近く液面低下してたことがあり、帰ってから気づく事も・・・。

 

箱入りでも、開けて確認は必要です。

 

ブレンデッドが残ってる店は、意外と大量に残っているので、外れを引かないように気を付けましょう。

 

今は、オールドボトル自体、買う機会が少ないので、そうそう外れもありませんが、外れを引いた場合は、諦めて捨てるしかありません。

 

今のところ、5本くらい外れましたが、とても飲めるレベルではなく、捨てる以外の選択肢が無いほどの味でした。

 

そういえば、ボトルを倒して保管してるところが、一番の悩みどころで、長期間だと、キャップの成分が溶け込むので、どの位の期間、倒してるか?これは賭けで購入するしかなく、迷った挙句、購入したものもあります。

 

まだ、飲んでないので、結果はまだ分かりませんが、外れじゃないことを願うしかありません。