「ふみや」で味噌を食べた後は小雨が降り出してきたので駅に一度避難し、新御茶ノ水駅のコンコース内で雨宿りしながら次の店を探します。寒くて正直もう帰ろうかと思いました…。


そうこうしているうちに雨も止んだので聖橋方面から湯島へ向けて出発。この天気なら行列も少なかろうと見込んで「大喜」に向かうことに。

ラーメン問わず語り

開店40分前に着いてしまいましたが、風は強いものの雨はなくそのまま待ちます。20分くらい前まで行列はなかったのですが、開店時間に近づくと続々と人が集まりました。常軌を逸した行列、というほどではありませんが、地道な人気を感じますね。「純とりそば」目当てに来たのですが昼のみの提供ということで、「もりそば(750円)」の食券を買い、店員さんに渡しました。


ラーメン問わず語り

入店しさほど待たずにもりそばの皿と器を貰います。まずは麺をひとくち…旨い!うどんを思わせる多加水の平打ち麺は瑞々しい食感。喉越しも軽やかで小麦の風味も感じれる麺で美味しい!


「もりそば」と銘打つだけあってつけ汁は鶏ガラ出汁に鰹・煮干しを加え、パンチの効いた醤油だれで味付けしたもの。あっさりとしていますが不足は一切なく、また麺との相性もよいです。2軒目ですが、まったく箸の止まる余地がありません。つけ汁の中に入った刻みネギやチャーシューも美味でした。


この後もう1軒行きたい店があったのでスープ割りは頼みませんでしたが、十分満足できました。食べれれば純とりそばやカレーもりそばなども興味が沸きます。