19日は仕事を終え津田沼で下車。4ヶ月ぶりとなる必勝軒です。


小雨がぱらついていたので並びも少ないのではと思ってまろにえ通りを直進すると、計算どおり並びは12名ほど。さらに私が行列に接続した直後に4人が店内に案内されたので、さほど時間がかからず行列に苦痛を感じることなく入店することができました。


待ち客用の椅子には麺多めを50円増しにするという旨が書かれており、小林マスターもさかんにアナウンスしています。そして必勝軒で3年間修業した石橋さんが独立し8~9月に蘇我でお店を開く「スクープ」も載せられていました。



注文したのは「もりチャーシュー(1.000円)」の4玉(100円)、価格改定もデフォが4玉の私には関係なし(笑)打ち立ての瑞々しい自家製麺は4玉でも美味ですね。最近やってませんが、すき焼きの要領で生卵に絡めて食べても旨いです。



つけ汁は多少しょっぱめ(最近かえしがしょっぱいと言う意見が多いのも分かる気はします)ですが、鰹や動物系の濃度で勝負するタイプのつけ汁なので余り気になりません。麺をくぐらせてすすると美味しい!チャーシューもしっかり肉を食べたという感じのするものです。


もうすぐ夏休みで近くの大学の学生さんがいなくなるので、今から7月が待ち遠しいです(笑)