中華そば専門とんちぼ(頓知房) | 狭山毒蛇拉麺団

狭山毒蛇拉麺団

球蹴りをこよなく愛する、謎のラーメンサークルです。
サッカーそっちのけで主に首都圏のお勧めラーメンを紹介します。


テーマ:
皆さんこんばんは!

調査員北野が三夜連続、地域密着企画の第3弾をお届けします。

昨日、本部から鶴ヶ島市のある店を調査せよとの指令を受けたため、早速行って参りました。

「中華そば専門とんちぼ(頓知房)」


この店の店主は東京の名店「中華そば専門店 多賀野」や高田馬場の「千代作」出身だそうで。

店内はカウンター席が8席のみ。
しかし明るく清潔で比較的余裕のある作りになっていました。

19時半頃に訪れたところ、満席だったため2席あるウェイティングスペースで待つこと10分程度で席につけました。

注文したのは特製つけそば1100円+大盛100円と特製中華そば1000円。(今日は連れと2人で調査)







特製は大きなのり3枚とかなり肉厚の特大チャーシューが3枚、入れすぎでは?というくらいのメンマ、味玉がつきます。

つけそばのつけ汁は埼玉県特産のタマシャモのコラーゲンが入った特製スープで、煮干しの風味が食欲をそそりました。

そこまで濃厚というわけではありませんが、かといって物足りないということはなく、とてもバランスのとれた味。

麺は東京蒲田の管野製麺所
(麺をいれた箱に書いてありました。)

何かが練り込まれているのか黒っぽい色が混ざっています。
モッチリしていてコシもあり。

中華そばの方はスープが結構あっさりした感じの醤油味。

これも煮干しの旨味がいい感じです。

麺は、固めの細縮れ麺。
少ししか食べませんでしたが飽きの来ない味ではないかと思います。

個人的にはつけそばの方が好み。

それにしてもこの店は接客が素晴らしい!

つけ麺を食べ終わりかけて、スープ割りを頼もうと思って顔をあげたら、店主はすでに準備万端で「スープ割りはいかがですか?」と笑顔ですすめてくれました。

ラーメン屋の接客レベルを越えています。

味もさることながら、この接客だけでもまた「また行きたい」と思わせてくれるお店です!

【所在地】鶴ヶ島市上広谷18-27
東武東上線鶴ヶ島駅より徒歩すぐ。

【営業時間】
11:30~14:30 / 18:00~2※日曜は11:30~14:30のみ

【定休日】月曜祝日、第2火曜
【駐車場】なし。ただし、付近にコインパーキングがいくつかあり。

ちなみに店名の「とんちぼ」とは佐渡の方言で狸のこと。



Android携帯からの投稿

dokuhebiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス