「ラーメン」(680円)+「ライス」(50円)

 

 野方の新店は、武道家創業者として名を馳せた菊地さんの独立店。もちろん濃厚な家系ラーメンのスタイルをしっかり守り、厨房では手が空けば寸胴で炊き出されている豚骨をかき混ぜている。

 

 赤さも見せる濃厚なスープは、吉村家に代表される「直系」や、最近多いチェーン店とも違う、「武蔵家系」と呼んでもよさそうなスタイル。そこに負けずに入る、酒井製麺の短めな中太麺が心地よい。スープの上の具材や、卓上の調味料も家系として十分満足できるもの。海苔をスープに浸けてご飯を巻けば、どっちの器も空っぽ。

 

 ご主人が開口一番私に訊いてきたのが、最近評判の家系ラーメン店の話。現状に満足せず、更なる味の向上を目指している事を知り、また来なくてはと思いました。楽しみな店がまた増えました( ´ ▽ ` )ノ