『体型維持』は「栄養」・「運動」・「休養」3つのバランスで決まる!夏の湿邪にご用心‼ | 美しくなりたい全ての女性に捧ぐ!『美ボディメイキング』ダイエット
こんにちは
ボディメイクトレーナーのyukikoです
ご訪問ありがとうございます。
 
夏本番!
暑さに少しづつ
慣れてきているのでしょうか?
 
{3DFAE2B9-449E-4797-B726-00055899A071}

 
昨日は、1日外出していましたが
夜は食欲がなく、
とにかく眠たい!という
睡魔に襲われました。
 
{9391C28E-2AEB-4A1D-B039-A158C5D2BF8C}
 
今朝は、下痢気味(-。-;
これは、明らかに
「熱中症」の症状ですよね〜
 
日頃から、仕事は室内
日中は外に出ることのない生活
毎日、外でお仕事されている方の
ことを思うとなんとありがい生活を
送らせて頂いているのでしょう。
 
そんな感謝の気持ちを抱きながら
今日は、
「体型維持について」の
お話をします。
 
 
 この季節は、『湿邪 』の
影響を受け
体はもちろん、顔や
内臓、歯ぐきまで
浮腫んでしまいやすいので
体型も崩れてしまいやすいでしょう。
 
 
▼湿邪とは
 
{49E1197B-13EA-46F5-8D06-5F8059E88ACC}

中医学では、

自然界には風・暑・火・湿・燥・寒

の6つの気が存在するという

考えがあります。

 

これらが病気の原因に変化した時

風邪・暑邪・火邪・

湿邪・燥邪・寒邪といいます。

 

 

「湿邪」とは

【自然界の湿という気が

体内に侵入し病気の原因となること】

です。

 

 

心身が健康な状態であれば、

これら6つの気が

病気の原因となることは

ないですが、

何らかの原因により

心身のバランスが崩れた状態で

自然界の気が邪気となって

病気の原因になってしまいます。

 

 

日本では梅雨時期はもちろん、

夏も湿度が高いことから

湿邪受けやすいと言われています。

 

 

湿邪は体内に侵入すると

臓腑にとどまり、

一度入り込むと

なかなか完治が難しい

という特徴があります。

 

 

湿の影響を最も受ける臓器が

です。

中医学でいう脾(ひ)とは、

消化器系の機能を司るところ、

また血液の運行をコントロールし、

全身の肌・肉・筋肉・血管を

養う働きを担っています。

 

湿邪の影響を受け、

脾の機能が低下すると

以下のような症状が表れます。

 

・食欲不振

・体が重だるい

・頭重・頭痛・関節痛

・胃もたれがする

・便がべっとりとする

・むくみ(浮腫)

・口内炎ができる

・口のなかがべたつく

・口臭がある

・手足がだるい

・生理の量が多かったりとまりにくい

・皮膚の色が黄色っぽい

 

 

▼湿を溜めないために

 

 

体内に湿=余分な水分が溜まると、

脾胃の機能が低下し、

いろいろな症状につながります。

 

体内に湿を溜め込まない為には、

まず

「湿を体内に溜めやすい飲食をしない」

「余分な水分を出してくれるたべもの」

を食生活に取り入れてみましょう。

 

 

▼湿予防・改善する食材

 

 

  玄米・  黒豆

 スイカ・冬瓜・かぼちゃ・こんにゃく

山芋・いちじく・人参

 しょうが・にら

 大根・キャベツ・じゃがいも 

にんにく・アサリ・アユ

みかん・茶

 

夏の湿邪には

くれぐれもご注意くださいね!

 

 

さて、

『体型維持』の秘訣!とは・・・
 
 
薄着になるこの季節
やっぱり気になるのは
「ボディライン」の崩れですよね。
 
 
やっぱり今年も、
「まずい!この体型」って
感じているのではないでしょうか?
 
 
今年は、
ゆったりしたファッションスタイルで
体系をうまくカバーしている
気もしますが・・・
 
いざ!というときに、
辛い思いをしてしまうのでは…
 
 
{F1B1D6EA-714A-4CE6-9873-2B488FADC5A6}
40代・50代世代の貴女が
『体型維持』をする為には、
いくつかのルール(法則)に
従わなければいけない
必要があると思います。
 
 
 
このルールは40代・50代に限らず
全ての世代に当てはまりますし、
女性だけでなく男性にも
当てはまります。
 
 
 
今回は、
『体型維持』成功の秘訣
情報を盛りだくさんで
お話します!
 
 
 
▼『体型維持』する4つの法則
 
①偏食をしない事!
 
{68F4C2A0-4940-4DA6-9072-5D165AE44252}

 
 
糖質制限の食事や「○○ダイエット」
みたいな同じ物ばかりを食べるような
偏った食事をしないでください。
何故なら
その手段は永遠に継続可能でないからです。
 
 
 
一時的には体重も落ちますので、
一見ダイエットに成功したかのように思いますが、
この状態を継続して維持しようとすると、
かなりの精神力が必要ですし、
やり過ぎによって栄養不足になり
体調を崩してしまうことになりかねません。
 
 
さらに、
過度な糖質制限や偏った食事は
「ストレス」に直結します。
 
 
あまり神経質になり過ぎないように、
適度にバランスの良い食事を心掛けましょう。
 
 
 
 
 
②しっかり食事を摂り
「ストレスフリー」を意識する!
 
 
{FFC8B4E0-ECAE-4769-924C-115413D8248E}

 
 
基本的に、
めりはりのある食事を心掛け、
ダラダラ食いや
ばらばらの時間に
食事をしないようにしましょう。
 
 
可能であれば、
決まった時間に
食事をする事が重要です。
 
 
そして、
『体型維持』の為の食事は、
「高タンパク低カロリー」が基本です。
 
 
 
食事をする上で、
三大栄養素
(タンパク質、脂肪、炭水化物)
は必須です。
 
 
 
女性の方に多く見られるのですが、
野菜や果物、ヨーグルトなどの
健康食だけの食事をすることは、
カラダの機能維持が出来なくなりますので
注意してください。
だからといって、
何も制限無く食べたい放題では、
『体型維持』は、まず不可能です。
 
 
 
「高タンパク低カロリー」を考えるのであれば、
タンパク質はしっかり摂り、
脂肪は良質の物を意識し、
炭水化物は少し控えめにするようにしましょう。
 
 
 
 
③定期的な運動で代謝を上げる。
そして引き締まったカラダを
手に入れよう!
 
 
{4DBCBFFF-2D9F-4430-B0CB-2F59C963E871}

 
 
40代になると、
極端に基礎代謝が落ちます。
 
 
 
定期的に運動することで、
基礎代謝が落ちるスピードを抑え
10代や20代の頃のような
基礎代謝を維持することが出来れば、
『体型維持』につながります。
逆に、
このアラフォー期に
何も手を打たないって事は…
恐ろしいことになってしまいます。
 
 
さらに気になるところを
トレーニング等で鍛えてやれば、
理想の引き締まったカラダも
ゲットできるはず?です。
 
 
 
ここ(40代)でするかしないかが、
天国か地獄の別れ道です。
 
 
 
④質の良い睡眠で、しっかり休養!
 
 
{34875639-F719-4344-A61D-4D1FDD381171}

 
 
40代・50代は、
精神的にも肉体的にも
疲労の溜まりやすい時です。
 
 
 
疲労の溜まった状態では、
気力も低下し
『体型維持』の為に
行動を起こそうという気にもなりません。
 
 
また、トレーニングを頑張り過ぎて
疲労ばかりがカラダに
残っている状況も良くありません。
 
 
 
しっかり休養し
疲労を持ち越さないこと
が重要です。
 
 
『体型維持』のポイントは
「栄養」「運動」「休養」のバランスです。
 
 

お問合せはこちらをクリック

お問合せはこちら

 

どくしゃになってね…

 

 

 

 

 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 人気ブログランキングに参加しております。
応援お願いします!


人気ブログランキングへ

アメクリップ
ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる
【アメクリップ】

 

 

 
⚪️ボディケアご希望の方は
お気軽にお問い合わせください。
兵庫県川西市中央町8-3三の蔵ビル1F
Beauty and Relaxation
Hogushiya&Ai
☎︎(‪072)-756-7908‬
✉yukibodymake@hotmil.co.jp

 

 
 

 

パーソナルトレーナー Yukikoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス