ウラル山脈 No.1 ...c

テーマ:

[風水の真実をあなたに!!]

👆

古代風水を知りたい方はこちらをクリックして下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 ウラル山脈は東経60度線沿いに、カザフスタン北部から北極海沿岸まで南北に約2,500㎞にわたる山脈です。永年の風化により1,000 m級の山々の連なりとなっています。このウラル山脈を境界として東をアジア、西をヨーロッパとされているのは御存じでしょう。

 

 今回の目的地は、中部ウラルと呼ばれる地域で、ウラル山脈の中では最も低い山々( 700 m級 )の連なりと白樺などの森林地帯となっています。隕石の落下で騒がれたチェリャビンスク市の北西約80㎞に位置するチェリャビンスク州クイシトゥイム市にやって来ました。


 

 

 この辺りは大小様々な湖が点在し、とても風光明媚なところなのです。しかしです。実はここから約10㎞東にマヤークと言うかつて秘密都市(存在すら知られていなかった)があり、旧ソ連時代2度にわたり重大な核事故を起こしています( ソ連崩壊後明らかに )。風向きが北東方向であった為、クイシトゥイムは被害を免れたと言うのですが( ホントかなぁ)。

 

 「安心して下さい、汚染されてませんよ」。放射線測定器で測ってみました。龍脈の近くですので東京の3倍はありましたが( 因みに、ローマは東京の10倍です )極々正常でした。私は出張する時は何時も放射線測定器を持って行きます。

 

 古代の風水師は感性を研ぎ澄まして龍脈を探したのですが、現代の風水師( 似非風水師? )は放射線で探すのです。その理由は「古代風水学入門」を御覧下さい( ネタばれになるので御免 )。


 


 クイシトゥイムの石英原料会社を訪問しました。早速、鉱山調査です。自己責任確認書にサインし、照明付きヘルメットと小型酸素ボンベを装着し、いざ龍脈の真っただ中へ。旧ソ連時代に掘られた坑道は立派なもので、流石アメリカと覇を争っただけはあります。

 

 坑道内には無数のオーブが、「安心して下さい、霊ではありませんよ( いくつかは霊? )」。強い龍脈エネルギーは精密機器に影響を及ぼします。ょよ良くある事ですよょ。

 

 ここの石英は、特殊な精製をすると、天然水晶を超える純度になります。それに目を付け「やっと、ここまで来たんです( 大泣き )」。アメリカのアラスカイトも天然水晶並みの純度が得られますので、どちらも龍脈の素の原料としては申し分ないのですが、より良い方を取りたいのが人情です( よって、もうアメリカに行く事はないでしょう )。

 

 人類の祖先はホモサピエンスになってからも永らく洞窟を棲家としていました。強い龍脈エネルギーを受けて進化したのでしょう。しかし、ここは深すぎます。閉所恐怖症の私には辛い。無事に娑婆へ出られてホッとしています。

 

 この会社の社長はレーニンに似ていて、見た目がちょっち怖いのですが、笑うと何とも言えない優しい笑顔を見せる好人物です。奥さんにも見ず知らずの東洋人にハグしてくれる程の歓迎を受け、恐悦至極で御座いました( 御土産が利いたかな? )。後日、招待されて冬( 極寒 )のクイシトゥイムを訪れる事になるとは思いもよりませんでした。

 

(つづく)

 

 

 

 

応援してくださいね

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ
                    にほんブログ村

 

 

 

 

 

アメクリップ ブログを紹介し合って人気ブロガーになれる 【アメクリップ】