高齢者 訪問リハビリマッサージ ロコモ新宿 【らくーん22】寝たきり予防 -604ページ目
2005-12-15 13:38:32

続・証人喚問

テーマ:2005年雑談

いきすぎた業績重視、コスト削減、それに比例しておこる倫理の低下。上に立つ人間程、自分の保身・

権力の維持のみを考える。これは建設業界だけの話ではなく、今の日本企業全体的にあてはまる問題だ。

不正をはたらいたり、おこしてしまった罪に対しては悪あがきせずに素直に認め、償わねばならない

だろう。

2005-12-14 23:50:05

「銀のエンゼル」を見た!

テーマ:2005年雑談

北海道らしいいい味がでてる!とっても「ハートウォーミング」なお話(^ー^A

コーヒー味のメロン(笑)。

自分の人生に文句ばっかり言っている人は嫌いだ。自分の決断で選んだ人生なら失敗しても

後悔はないだろう。やはり自分の人生は自分で切り開き決断してゆくのが大事でしょう。

これからも今までの常識・慣習・ルールをどんどん破っていきたいですね(^ヮ^)

ビデオメーカー
銀のエンゼル
2005-12-14 16:36:39

不正はどんな環境でもおこる

テーマ:2005年雑談

姉歯氏の証人喚問を少しだけ聞いた。。。

「不正」というのはどんな環境でも起こるものである。よく言われるのは1割の人間はどんな環境でも

不正を働こうとたくらむ、3割の人間は不正ができる環境ならば不正を働く、残りは環境にかかわらず

不正は行わない(モラルが高い)。昔、私が監査という仕事をやっていた時、数々の不正の手口と直面した。

業務改善指導が主だが、不正を取り締まり摘発するのも仕事のひとつ。現金をレジから盗む人、

経理帳簿を操作する人、仮払いや棚卸の不正、定期のごまかしなど。

要は、どんなに取り締まりを厳しくしても不正をする人間は必ずいるということ。対策としては、

不正のできない、不正が簡単に行われないような環境作り、そしてすぐに不正が発見できる体制作り

が一番大事。企業に内部監査が必要なのと一緒である。検査機関をもうけるなど、不正が万が一

行われてもそれがすぐに見つかるシステム、「ダブルチェック体制」は内部監査の基本である。

不正をするとどこかで足がつく、帳尻があわなくなっていつかは発見される。数字は必ず連続性を

もっているから異常数値などが必ずでてくる。手口で共通していることは

最初は小さい金額から始まること、そしてそれが見つからないとわかると段々と金額が大きく

なってくるものだ(万引きと一緒)。ごまかしや不正は全部自分にしっぺ返しが来て結局は自分が

すべて責任をとらなくてはならない。そのことをよく覚えておけば不正は働けないはずだが。。。

2005-12-13 19:08:10

経営の師、稲盛さん

テーマ:2005年雑談
稲盛さんは私の尊敬する経営の師である。
稲盛さん(京セラ会長で京セラを世界的企業に育て上げた)の本は何冊か過去に読んだ事があった。当時えらく感銘をうけたものだ。
彼の言葉例「謙虚にしておごらず、傲慢さが人をほろぼす」
よく経営者は自分の才覚で成功したと思い天狗になる人がいる。そんな人のその後は間違いなく転落している。一番わかりやすいのが芸能人。特に何の苦労もなく突然売れてしまった人は天狗になり自分はえらい人間だと勘違いし態度も変わる。でもそんな人はすぐに相手にされなくなり消えていく。例を挙げるまでもなく過去の歴史が証明している。
彼の言葉例「仕事の結果=考え方×熱意×能力」
「経営は数字やお金がすべてと思われがちだが、実際の経営判断には経営者の心や人生観が大きく左右する」
私も経営には哲学がないといけないと思っている。何の目的で私はこれをするのかが自分で明確に既定できないといけない。私の場合は単純で、心身で苦しみ病んで痛みと闘っている人が少しでも楽に、元気に、楽しく、ハッピーになるようにさまざまなアプローチから施術を行っていくことだ。
これからも謙虚さや感謝の心を決して忘れず、そして熱意を失わず、能力を磨いてゆきたい
2005-12-13 13:09:52

ブログの効用を考える

テーマ:2005年雑談

ブログの効用★
今はブログで簡単に自己主張ができる時代。(自分の意見を公開できるということは根底には自由主義がある。何もかも制限され統制され自由がない社会よりかはよいと思っている。)以前に比べれば自分をアピールする手段が増えたことも歓迎する。特に日記ジャンルなどを読むと、その人の考えや人生のいきざま、生活などいろいろなことがわかって大変興味深いものもあるし、なんせ読んでて面白い。(眞鍋かをりさんのブログは個人的に面白い)自分で書いているとしたら、その時の自分の気持ちが素直に文に反映されるし自分で読み返しても、あの時はこんなことを考えていたんだ~なんて思ったりもする。自己反省の材料とすることもできるのだ。このように、回りに自分をアピールするだけでなく、自己を見直すきっかけにもなる、また新しい共通の趣味の友と出会い情報交換などもできるようになったりもする、そんな「ブロク」をあなたも始めてみたらどうだろう?(これをブログで今読んでている方は既に持っている方も多いだろうが・・)

自分の新たな才能に気づき、それを発揮するきっかけとなるかもしれない。

2005-12-13 03:32:59

「アイロボット」DVDをみた!

テーマ:2005年雑談

30年後には、ロボットの人間化・人格化が進み人間のように感情をもったりする世の中になっていくのか?

30年なんて長いようであっという間にくるだろう。どんな世の中になっているか非常に興味深い。

完璧なロボットもいなければ、完璧な人間も存在しない。ロボット自身が進化をとげていく一方で、

人間もロボットに負けずにもっと智恵を絞って進化していかねばならないんじゃないか。

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
アイ,ロボット 通常版

2005-12-12 22:15:49

「クローサー」DVDをみた!

テーマ:2005年雑談

本当の「真実の愛」とは何か?考えさせられた。
真実の愛を貫く(守る)ためには嘘は必要なのか、嘘をつかず正直にすべてを明かすことが真実の愛をつかむ上で必要なのか?けがれのない愛が理想だが、現実にはいろんなしがらみがある。この映画の設定は4角関係、かなり特異なケースだが・・・おかしてしまった過ちを許すこともケースバイケースで必要かも知れないが、もっと大事なのはお互いに隠し事のない、嘘をつく必要のない、「本当に信頼できる関係」であること,ではないのか。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
closer / クローサー
2005-12-12 11:12:34

血管から衰える

テーマ:2005年雑談
人間は血管から衰えるという。
先日、健康番組をみていたら[足をもむ]ことが血管を若返らせる!と言っていた。動脈硬化予防にもよいというのである。そのとおりである。足をもむことは糖尿病予防になるばかりか免疫力を高くし、他のさまざまな病気予防になることも実証されている。
人間が足もみを始めてから何千年と経っている現代でも「足もみ」が生き残っているのは、効果がある証でもある
2005-12-11 23:20:50

「空を飛ぶ夢」DVDを見た!

テーマ:2005年雑談

尊厳死について考えさせられた。私も死に対する恐れはある。誰にも少なからずあるだろう。

生きる意味を見失ってしまった(義務となってしまった)人にとっては、生きることほど苦痛はないだろう。

こういう私も以前に人生に行き詰まり生きる意味を見失ったことがあった。またちょっとずれていたら

死んでたという事故2回や事件に間一髪でまぬがれたことも何回かある。でも、回りの人の助けや支えが

あってこそ「生かされている」自分がいるという「生」の意味に気づき、生きているということをとても大事に

いつしか思うようになった。

生きててよかった。たくさんのステキな出会いがその後にあった。たくさんの辛いこともたくさんあったが

楽しいこともあった。これからも「生」を大事にしてゆきたい。

こうして生かされている以上は私も微力ながら世のために自分のできる範囲で人を救いたいと思っている。

人を救って何か役にたって喜ばれる、これが私が今の仕事を始めた目的のひとつでもある。

心やからだの不調で悩んでいる方を一人でも救うことができ、喜びや幸せや楽しい気分に導くこと、そして

痛みや苦しみから少しでも解放され笑顔で店を後にしてもらえれば、それは私にとってなんとも幸せなこと

、それこそ本望なのだ。死はいつ訪れるかわからないが、死ぬまで今の仕事は続けていきたい。

それが私の生きる義務なのかも知れない。


2005-12-11 17:44:00

偉業を成し遂げる人

テーマ:2005年雑談
何か偉業や大きな素晴らしいことを成し遂げる人の陰にはそれを支えている人が必ずいる。
また偉業や大きな素晴らしいことを成し遂げる人はそうして今まで自分のことを支えてくれた周りの人達に感謝の気持ちを必ずもっているし忘れていない、と私は思う。私が素晴らしい人だなぁと認めている人はみんな例外なくそうだ。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。