85歳超えても頭脳明晰でいるには?この3つを行う | 高齢者 訪問リハビリマッサージ ロコモ新宿 【らくーん22】寝たきり予防
2018-06-12 07:00:22

85歳超えても頭脳明晰でいるには?この3つを行う

テーマ:● 体・病気・施術

癒し力で人生変わる

癒し王ふじですニコニコ

 

僕は毎日、高齢者と触れ合っていますが

実年齢に関係なく、頭脳が明晰な方に

共通点を見つけましたので共有します。

 

★ 体全体を動かせる範囲で動かしている

★ 話す相手が誰かいる

 

この2つは、認知症ではない80歳以上の方

全員に共通しています。

 

では、認知症の予防と治療という両面から考えると

行うべきは次の通り3つ。

 

1.指を刺激し動かす

2.発声・会話する

3.筋肉への刺激を入れる(動く範囲で動かす)

 

補足します。

1については、指は脳とつながっています。

つまり、指への刺激は脳を活性化させます。

指先と爪の横はツボですので、絶対に刺激してください。

手足両方動かせればそれにこしたことはありませんが

どちらか一方だけでも十分効果はあるでしょう。

 

2については、声を出す発声は体には良いです。

カラオケでもOKでしょう。そして声を出すだけでなく

会話がベストです。質問に対し答える時に

脳細胞は活性化します。会話のキャッチボールが大事。

いつも同じ人(一番身近な人=パートナー)と会話するより

パートナー以外の人とおしゃべりする方が新しい刺激となり

脳を活性化させるでしょう。

 

3については、筋肉への刺激は脳へ行きます。

筋肉運動自体が脳を鍛えることになります。

筋肉をつかむ・さする・触るだけでも、その触覚は

脳へ伝達され脳は反応しますので、触るだけでもOK。

要は皮膚への刺激が重要なのです。

 

※脳トレなど、ゲーム感覚で脳を簡単に刺激するツールもありますが

それは脳の”ほんの一部分”だけを活性化するもので

脳という”司令塔”は、さまざまな部位と”連携”しあって作動するので

一部分の強化だけでは脳全体の機能アップには不十分と考えています

 

キラキラ

これから大量認知症時代を迎えます。

元気な時から、1~3を実践しておきましょう!

たとえ発症しても、悪くならないように

食い止めることができます。

早く行動を起こすことが重要なのです。

 

新宿18年人気と実績『肩こり解消サロン」らくーん癒し王ふじ さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。